ナンバーの意味と、ナンバーの出し方

潜在数秘術のナンバーの意味を 潜在数秘術協会ブログ で紹介してくださっているので
こ…コピペいたしました。

そして数字の計算は、私たちは習いますが、こんな便利なものがあります。

a0352853_22095964.jpg








<数秘術電卓>

こちら から。
入力するだけで自動計算してくれます。
とても便利で、手動で計算したものの答え合わせに使っています。

普段の分析には基本的に使わないのですが、例えば、LPは生年月日を一ケタになるまで足していきますが
私のLP4に至るまでの計算の、最後の部分が「1+3」からの「4」なのか
「0+4」からの「4」なのか、という違いから見えるものもあるのです。
(ちなみに「22」になったらそのまま「22」で見るので「2+2」は存在しません)
その違いを、感覚として得るために自動計算ではなくまずは手動で計算し、
(追記:がーん、アプリでも計算過程が残るのを発見!知らなかった。でもまぁ手動は勉強のために)
答え合わせでアプリを使わせていただいています。

なかなか優秀なアプリです!

ナンバーの説明は数秘術協会のブログより引用。ここから↓
----------------------------------------------------------

<各ナンバーの意味>

●LP(ライフパスナンバー)
私たちの潜在能力や才能、特技や自分にとって当たり前の考え方などを表すナンバー。
パソコンに例えるなら、ハードの部分であり、自分の人間的な基本的性質を表します。意識せずともそう考えてしまうため、実は才能として意識してない事が多いです。

・ついつい考えてしまう思考癖
・何もしなくても判断してしまう基準
・何が正しいと思うかなどの価値観
・苦労せずにできてしまう事

●D(ディスティニーナンバー)
使命や運命、その人の与えられた役割を示すナンバー。氏名から導きだすことで、それは指名された運命であるとも言えるでしょう。LPの性質を生かして、どんなことをするのか?がこのナンバーに現れます。

・その人の行動の矛先、才能が向かう先
・別に求めてもいないのにやってくる衝動、無意識の行動パターン
・自覚できないけれどその道に引っ張られるような感覚
・魂の欲求(ソウルナンバー)と潜在的な才能(ライフパスナンバー)を繋ぐ方向性

●S(ソウルナンバー)
自分の才能を生かし、使命を全うした時に魂が体験したいこと、味わいたいこと、そして使命や存在の目的となるナンバー。具体的に、自分の思考ではなく、本来の在り方などを示すものです。

・才能を使って目的に向かった時の魂の目的。体験したい感覚の世界
・頭では意識していなくても、全ての行動の原動力となるも
・別に欲しいと思っていなくても体験しないと満たされない状況
・そんなつもりはないのについつい望んでしまう事

●P(パーソナルナンバー)
わたしたちが持つ才能を、社会で発揮していく時にどのような姿を見せていくか?その仮面(ペルソナ)を示すナンバー。性質としては持っていませんが、世の人に与える印象を表すナンバーです。

・社会的な外見、見え方、人に与える印象
・この社会で都合よく生きていくための服装、衣装、
・自分だけのオフィシャルスタイル
・社会での見せ方(魅せ方)

●M(マチュリティーナンバー)
人生の果実、という意味。成熟期にさしかかる35歳~45歳からスタートする。人生の後半にどのような果実を受け取っていくか?またどんな存在に最終的になっていくのか?を表すナンバーです。

・人生経験が増え、味わい深い時期になってくると、自然と生まれ得る感覚
・人生の変換期に感じやすい感覚
・50歳以降については、このナンバーを重視する

●B(バースデーナンバー)
その人のLPを支えるナンバー。その人がより自分らしく才能を発揮するために意識した方が良いことが現れるナンバーです。(LPとの兼ね合いによって意味が変わります)

・思考や価値観がアンバランスにならないように調整してくれるヒント
・自分の性質をより良く活かす為に意識するポイント

●IT(インテンシティナンバー)
その人が磨いたり意識を向けることで強めることが、出来る才能や素質を表すナンバー。基本的に、LPに勝るものではなく、あくまでもサポートする性質を表します。

・意識してやればもっと伸びる才能
・潜在的な才能ではないけど、サポートするもの

●LL(ライフレッスンナンバー)
その人が元々持ち合わせていない素質を表すナンバー。潜在数秘術では、その人がチカラを抜いたり、諦めどころであるとして見ますが、コアナンバーとの兼ね合いによって意味が変わってきます。

◆コアナンバー(LP/D/S)と数字が被っていない場合
どうやろうとしたってよくわからないこと、また意識したところで理解できない感覚として現れます。

・自分で頑張らずに誰かにお任せするポイント
・ないものは潔く諦めようというポイント

◆コアナンバー(LP/D/S)と数字が被っている場合
本当は持っているのに、持っていないと勘違いして自分にはないないと嘆いている部分です。
・持っていることをさっと認めて、そのチカラを使いましょうというポイント


潜在数秘術®では、この8つのナンバーを総合的に使い、葛藤や生きづらさを詳しくひも解き、解放していくのです。
その組み合わせの数は、429,981,696通り!!
1/429,981,696の個性が、そこにはあるのです^^
「わたしの個性は?!」と、興味がわいてしまいますよね!!

---------------------------------------------
引用終わり。

[PR]
by 4cubes | 2016-02-06 00:13 | 数秘ナンバーの意味と数字の出し方 | Comments(0)

成績が悪い・勉強好きじゃない、そんな子とお母さんの本物の幸せを、こころのテクニック・潜在数秘術・不安を取る技術で助けます。


by のりこ
画像一覧