布山を想う

a0352853_16355799.jpg



いただきました。長野の落雁と、お焼き柄の手ぬぐい。そう、柄がお焼き♪
ありがとうございます。

そもそも潜在数秘術の告知を、型紙屋のブログで1回したきりで、
今来てくださるお客様は、ほぼ型紙を買ってくださっていたりする方でもあり。
「ほかに質問はありますか?」と聞くと、潜在意識や数秘じゃなくて

「布が整理できません。」
「捨てられません」

みたいなのが出てきます。
それで、布の事について書いてみようかと。

布。ソーイングが趣味の人で、布山がない人はいないのでは、というくらい
皆様、布持ちです。(ええ、私もです)
ソーイング好きは、イコール「布」そのものが好きという人も多いです。
形や型紙を見てから「この生地を買おう」という場合もありますし、
「かわいー!」と布を見て、気分で買う場合もあります。
いずれにしても布を買う時は「~を作ろう♪」と妄想を楽しんで買うのですが、
いざ届いてみると「…これ、何を作ろうと思って買ったんだっけ」となることも多いです。
他には、届いた布がイメージ通りでなかったり、作ろうとしたアイテムを覚えていても、
すでに気分が変わっていたり「時間がある時に作ろう」と思ってそのままになってしまう。
(そして本当に、何を作るために買ったのか、完全にわからなくなります)
生地はたまっていく一方です。作る方が追いつかない。
でも生地は、置いておけば、ぴったりの型紙が見つかるかもしれないし、
ハギレも何かに使えるかもしれない、腐るものでもないし、買ったのにもったいないと、
考えれば考えるほど捨てられなくなります。

そもそもソーイングは、決して気軽といえない部分を持つ趣味だと思います。
ミシンやアイロンなどの道具が必要、スペースが必要、
布が必要、型紙が必要、すぐ縫えるわけじゃなくて型紙を用意したり裁断したり、
場所も必要。そこまでして縫っても、失敗したり、完成が思うようにいかなかったり、
それもやればやるほど単純に上達するわけじゃなくて、
そこそこ縫えるようになっても、生地によって思うとおりにいかなかったーなんていうのは
私でもよくあります。だから、モチベーションを保つ事が難しいと感じる人も多い。

そういったこともあり、増えた布はそんなにすぐには減らず、
楽しい気分で買ったはずの布は、今度は「縫わなきゃ」とか
「減らさなきゃ」といった気持ちを生み出していきます。
罪悪感から、布を押し入れの奥にしまい込んで、なかったことにしたり、
(ご主人に見えないようにというのも罪悪感ですね)
ある日突然、全部勢いで処分してしまったり、
断捨離したいのに、との狭間で、葛藤を生み出すモノとなっていきます。

どうしましょう。

捨てられないというのには、
買った自分を否定したくないという思いがあります。無駄にしたと思いたくない。
コンスタントに手に入る生地ばかりではないので、出会った時に購入しないと
もう買えないという事も多い、という事を知っているので、
一期一会を抱きしめ過ぎてしまう場合がある。

で、どうしたら良いかというと、
買った時に妄想するじゃないですか。
これ作ろう♪あれも素敵♪って。
その楽しい気分を味わえた。というところで、お買い物は一旦終了します。

手に入れた生地は、部屋で美しく平積みされていきますが、
全て自分が気に入って手に入れたものだから「あぁ素敵。何を作ろうかな~」って
また一から妄想すれば良いと思うのです。
最初に生地を買った時に作ろうと思っていたものは、忘れてしまったら
それで良いと思います。過去に考えていたことに責任を取らなくて良い。
罪悪感は持ったままで良いのだけど「だから縫わなきゃ」と、
物理的に責任取る事に繋げて考えなくて良いという事です。

我々は、想いも気持ちも、常に常に変化している。そう、願いも。
いったん思った気持ちを持ち続けなくてはいけない事はなくて、
買った生地を、買った時に思っていたような形にしなくちゃいけない事はなくて、
買った生地が、何となく色褪せて見える日も、自分の意思とは別に来るし。
そういう変化は自然に起こる事なのです。好きなはずなのに作るのが面倒になる時もある。
そんな変化に合わせて、作っても、作らなくても良いと思うんです。
今の瞬間、布がたくさんある事を素直に喜べばそれで良いと思うし、
今の気持ちに正直に「いらないな」と思ったら、処分しても良いと思います。

「作らなくちゃいけない」になったら、好きな趣味のはずなのに楽しくなくなってしまいます。
もともと「楽しむ」のが趣味というものの本質であるはず。
例えば布山は、純粋に「好きな布」だけにしてしまっても良い。
好きな布を使い渋るのは、また好きな布にいつ出会えるかわからないと思うから、という
潜在意識があったりするからですが、いつでも出会えるという前提で、使って良いんです。

要は、今ある状況を「楽しむ」ということ。
過去に「買った」とか「お金出した」とか、そんなことを一切忘れて、
目の前にある布が、好きなのか、心地良いのか、どれが好きでどれはもう不要だと思うのか、
「いつか使うかもしれないから」とか「高かったから」とかそういう事一切忘れて
(だってそれ今の状況に、全く役に立たない情報だからです)
純粋に、目の前の布を好きかどうか、見つめてみてください。

そうすることで、結果的に純粋な「縫いたい」に繋がると思います。
そしてそういう時の方が、満足度の高い作品ができるものなのです。


■ HP
■ お問い合わせは こちら からお願いします。

[PR]
by 4cubes | 2016-05-30 19:14 | 潜在意識 | Comments(0)

心の取扱説明書である数秘と、心の仕組みを知って、ほんとうの自分を生きたいと思う人の、心のお手伝いをしています。


by のりこ