いただいたご感想と、あれやこれや

昨日の記事を書こうと思ったきっかけでもあるのですが、
離婚を考えている人がいて私の離婚の時の話をすると、たいてい
「のりこさんは仕事を持っているから」
「のりこさんは息子さんがもう小さくないから」
「のりこさんは勇気があるから」
などと言われます。だいたい全員に言われます。

ですよねー!そりゃそう思いますよね。
本当はそうではないのですが、そう思うのは当然だと思います。

私も講座などで先生に「私にもできたんだからあなたにもできる!」って言われても
「なんでそんな事が言える?それ、できた後ならどうとでも言えるよね。」と思っていました。
「私の何がわかるねん」とね。(D7ですからやや批判入ります)

で、昨日の「丸ごと真似る」になるわけです。
真似ないとわからないし、真似たらわかるわけです。
もし本当に、何かをやりたいと思う時、
「あの人は特別だから」「私には無理」など
自分と人をどんどん分離させていくと、できることがなくなってしまうのです。
動けなくなってしまう。そこで自分を苦しめてしまうんです。
一切の不安を排除して次へ飛び込むことは不可能ですから、
どこかで決めて、飛び込むしかない。

私の時も、外側から見れば、ある程度安定した状況で離婚できたと見えるみたいですが
現実的な話で言っても、結構チャレンジでした。
でも、失敗したらその時考えたら良いと思っていました。
昨日の話にもつながりますが、離婚前の私はそもそも現実に不満があるわけですから
あれこれ考えたところでそれは「(現時点)失敗している前提」って事です。
今の不安も、未来の不安も、失敗している前提で考えていてもしょうがないというか。
やってみるしかないのです。やりたいことがあるのなら。

これは、潜在数秘術の秦先生の言葉ですが、未来の状況を想像して不安を感じたなら
その時の自分が何とかしてくれる、と思えばよい」と。
(潜在意識では過去も未来もありませんが、イメージしやすいですね)
未来の自分が何とかしてくれる
今心配しなくてもいいよと言ってくれる、私はこの言葉が好きです。

昨日、先日のお金の講座のお茶会(東京)に参加してくださった方からご感想をいただきました。

最近はご自愛についてのブログを読みまくっています。
結局のところ、全てにおいて「明らかにして認める」という事なのかなという気がしています。
あとは「思いついたら即実行」が大事かと思いつつ、断捨離したいのですが楽しいご自愛研究の方が優位に立っていてなかなか取りかかれません(笑)
やりたい事がどんどん出てきて、いろいろと悩みながら考えるのが本当に楽しいです。
5/17の講座の日からの自分は本当に変わったなぁと思います。
のりこさんのおかげです。本当にありがとうございます!!

今はまだ「全てを持っていて完全に満ち足りた生活が手に入ったら」の想像をした時に「さらなるお金はもう十分」
と思ってしまう私ですが、少しづつあせらずに未来を変えていきます。

またのりこさんにお会いできたら嬉しいです。
その日が来るのを楽しみにしています!
ブログも引き続き楽しみに見させていただきますね!!

この方、講座もとっても前のめりに聞いてくださり、その後すぐ実践。
お渡ししたお土産を活用したところ、お金、急に回り始めたそうです。
とにかく素直な方です。そして何より楽しんで取り組んでいます。
素直さと楽しむことは、現実化において最強だと思います。

潜在数秘術セッションで。
ご家族の数字も同時に見る事が多いですが、
ご家族の数字は、当然お客様ご自身のフィルターでその数字を見ることになりますし、
現状もし不満があるとすれば、それを作った前提でご家族を見ているという事でもあります。

潜在数秘術で表される「生まれ持っての価値観」
経験で常に上書きされていく「もう一つの価値観」
我々は、2つの価値観で前提を作りながら生きています。




[PR]
Commented by shiroihi at 2016-06-06 23:51
ご家族の数字は、当然お客様ご自身のフィルターでその数字を見ることになりますし,

上記部分の意味が良くわからなかったので、教えていただけますか? 数字に変化があるわけではないですよね。NORIさんに教えていただく家族の数字から見える特徴が、自分の思っている家族の性格とかと違って解釈されることが、フィルターを通しているという意味ですか?
それともまた違う意味なのでしょうか?
この文章だけだと、解釈を特定できないのは私がまだ理解が足りていないからなのでしょうか?
いつか時期が来たら、理解できる時が来ますか?
Commented by 4cubes at 2016-06-07 06:49
> shiroihiさん

おはようございます。
コメントありがとうございます。

例えば、セッションを受けてくださる方(Aさんとします)が「夫の数字も見てください。子どもの数字も見てください」という時に(そのケースが大半ですが)
私が「ご主人はLP9なので、物事を決めないところがありますね」と伝えたとします。

そこでAさんは「あーだからプロポーズしてくれなかったんだ」と、例えばですが思い出して、感情としてはやや嫌な気分かもしれないですし「あの時建てた家、私の好きにしていいよって言ってくれたのは、遠慮してたんじゃなくて本当に好きにしていいよって事だったんだ」と思い出してありがたい気持ちになったかもしれません。

で、思い出す事象は色々ですが、Aさんがご主人に対してどんな感情が出て来るかは、数字は変わらなくても、Aさんのフィルターによって変わってくる。ご主人の数字のどんな側面を切り取るかは、Aさんのフィルターだという事です。

「ご主人はこうですよ」とAさんに伝えるという事は、そこにAさんの解釈がプラスされるという事になります。それがAさんにとっての「真実」です。
潜在数秘術に限らず全てに言えることです。

こういった話、理解できるできないも、読む方がご自身で「そう思えているかどうか」がすべてで、理解できたと自覚してはじめて「理解できたことがわかる」ということでもあるし、あまり考えてもしょうがないというか、繋がる時は一気に繋がります。

わからないところはこうやって聞いてくださると、できるだけわかりやすく書いていきますのでお聞かせいただけたらと思います。
いつもありがとうございます。
by 4cubes | 2016-06-03 09:35 | 潜在意識 | Comments(2)

心の取扱説明書である数秘と、心の仕組みを知って、ほんとうの自分を生きたいと思う人の、心のお手伝いをしています。


by のりこ