「好き」を仕事にする

またも脱線失礼します。

私は今、1日中仕事しています。
週に1回くらいのペースで好きなところに出かける以外は、
仕事が2つあるという事もあるのですが、朝から晩まで、何かしら、
型紙作ったりサンプル縫ったり、ミーティングしたり、セッションしたり
ブログを書いたり、メールの返事をしたり、といった事をしています。

朝は9時くらいから、夕方5時まで。夕飯後は夜中12時くらいまで。
合計すると1日12時間くらい?土日も仕事しています。
その間に気分転換で、掃除や洗濯、お昼寝、読書をしています。
今やランチは皆無ですし、時々、美術展や映画、リサーチなどに出かけるくらい。

そして仕事していない時も含めて大体いつでも、仕事の事を考えています。
デザインだったり企画だったり、ブログで書こうと思う事だったり。
LP4で具現化するイメージを描きながら、D7で分析しています。

好きじゃない仕事をしていたら、こうはいきません。
好きな仕事があっていいねーと言われますが、
そもそも好きじゃない仕事を、ちょっとでもできていること自体が
私にとっては凄いことなんです。好きじゃない事をできるって凄いですよ!
「お金が必要だから」とか「時間があるから」とか「もっともな理由」があっても
私にはできない。わかりやすく言うと、わがままなんですね。

好きな仕事は、どれだけやっても苦になりません。
というか、常に没頭状態です。

でも「好き」が楽な仕事であるかというと、そうではないんです。

「好き」を仕事にしている人は、仮に実働が週にたった3時間だとしても
本当にそれだけだと人はいません。最初から3時間なんて人もいないですしね。
週に3時間労働にするために、それまでにいろんなことをやってきたはずですし
実働3時間でも、思考などはおそらく24時間、仕事のために使っています。

好きって、それくらい「好き」っていうことです。

そして「好き」でやり始めても、状況は変化していきます。
私も、最初の頃は「好き」な事をして、ちょっと売れて、楽しくて、のノリでした。
でも少しずつお客様が増えてきたときに、
型紙を沢山、紙で売ろうと思ったら、場所がいる、人手がいる、時間がいるんです。
新作を出したらしばらくは発送業務に追われるので、売れれば売れるほど
次の新作を出すのが遅くなる、という事が起こります。
売れるのは嬉しくてありがたいし、それも目指してやっていたとしても、
それとは別に本来の「好き」であるデザインする事や、運営に支障が出る。
そのうち事務作業の方が時間的にも長くなり。
そこでダウンロード販売が生まれました。(もう数年前の事ですが)

「好き」で仕事をしているけれど、状況が変化して来たらそれに合わせて
「好き」をキープできるように色々なアイデアを出して実行していきます。

私はLP4で具現化が得意ですし、そのための分析も好き(D7)
そこからオリジナルを生んでいきます(S1)

「好き」を仕事にする場合でも、性質によってどんな風に実現していくかは人それぞれです。
最近は起業の相談も多いと書きましたが、そもそも潜在数秘術の仕事のインフォメーションを
型紙の方のブログで1回したきり(集客嫌いの私の願望が叶ってる!)という事もあり、
そこからしかお客様がいらしていないので、起業もソーイングの話がとても多いです。
いや、しかし、あらためて、ありがたいです。ありがとうございます。

でも、性質によって、起業の仕方や具現化の効果的な方法が全く違うのです。
そもそも、自分が作りたいものを作って売るのが好きな人がいる一方で、
人から頼まれて、そこに力を発揮するタイプ、といった、
同じソーイングの中でも「何をどう切り取ってビジネスにするか」が違いますし、
具体的に人を集める方法として例えばSNSが向いている人、全く向いていない人。
「やっぱり今は、Facebook ですよね~」とか「ブログ書いた方が良いですよね」と仰いますが
あれをやる人は「やった方が良いから」じゃなく、あのような発信が「好き」なのです。
ブログ書いた方が「良いですよね」なんて言っている時点で、やりたくない事が一目瞭然です。
普通に続くわけがないし、好きな仕事やるために好きじゃない事をやるって本末転倒です。
「我慢も必要」みたいな諦めというか、ちょっとやっただけで、もしくはやる前に
途中で自分の都合で判断してしまう発想や、
「好きな事だけで仕事が成立するわけがない」という価値観は捨てましょう。
「このご時世、Facebook しなきゃ集客できない」というような価値観も不要です。

頭で一生懸命考えても、失敗している脳で一生懸命考えても、
出てくるアイデアには限界があります。
もっと凄い、ドンピシャのアイデアは、潜在意識が持っているんです。
「好き」だけで成り立つ仕事のアイデアがそこにはあるんです。

私がブログを続けているのは、好きだからです。
今なんて2つ同時進行。
ほぼ毎日更新。
普通、無理だと思います。(S1自分に嘘つけないですしね)
「慣れ」とか「嫌いじゃないし」のような感じでも続きません。
そもそも「好き」からの発信じゃないと、お客様に届きません。
そこでも無意識の想いを放っているのです。

「好きじゃないブログ書いています」ってそんなブログを発信して集客する事自体が失礼な話です。
でも自分の正直な、好き嫌いはあるしそれは自然な事です。
(ブログなんて面倒~とか。とはいえ、やる前に判断するのは場合によっては危険で、そこは見極めが必要ですが。
なぜかというと、私も最初は「続く」という確信をもってブログを始めたわけではなかったからです。
そして「作るの好きだけど裁断嫌い、材料買いに行くの嫌い、ブログ嫌い」みたいに「すべてが面倒だ!」みたいな場合は、
そもそもそれ、やりたい仕事じゃないんです。単なる趣味なんです。
そもそもそれは仕事にしたいのか、ここの見極めも必要です。)
要はただ、自分の本音に正直になり、それに合った行動に移せば良いというだけです。

「好きなことだけをする」は、手抜きとは違います。
楽してお金を稼ごうという事ではないんです。
私は自分のやりたくない事、やりたい事にわがままですが、そのわがままに真剣に向き合います。
そういうところは手を抜かない。
だいたい合っているけれど微妙に違和感、のようなところも、ピッタリくるまで合わせます。
とても大事なところです。

個々の性質によって、ビジネスの在り方は本当に違うなーと思います。
「漠然とそうかなーと思っていたけれど、やっぱりそうでした」という事も含めて、
自分を知るという事で、どれだけ脳がクリアになるか。
そしてそれが、どれだけその人の夢を最短距離で実現できるか。

私が一番これ(数秘)に助けられましたね。
型紙をやる中でも、人からのリクエストを商品化すると必ず起こることに「なんで?」と思い、
どういうモチベーションの時に作ったものが売れるのか、または売れないのか、それはなぜか、
「縫うを見る」教室は、評判は良かったのになぜ続かなかったのか、
どうしてダウンロードが合っていたのか、なんか、全部すっきりと解明しました。
そして、これからの迷いもなくなりました。
ビジネスする時の心の在り方も、確立できました。

「好きを仕事にする」
そんな感じのメニューも作ろうかなとも考えています。


■ HP
■ お問い合わせは こちら からお願いします。

[PR]
Commented by ちは at 2016-06-21 16:02 x
こんにちは。
成る程。好き、だから、気持ちが入っているから、私ものりこさんのブログが好きで、会いたい!と思ったんでしょうね。色々世の中ブログはたくさんありますが読み続けたいと思うには何かしらあるんだなぁ、と腑に落ちました。
Commented by 4cubes at 2016-06-21 23:43
> ちはさん

お、矛先が私に(笑)
それはありがとうございます!

好みや相性はあるかと思いますが、我々はブログを通して「箱」を投げているわけですが、読む方は箱の「中味」を受け取るんです。
中味がどんなもので詰まっているのか、空っぽなのか、伝わりますよね。

だって私が読む側の時はそこを感じますもの。
「なんか嘘くさーい」など平気で思います。(私の世界ではそうだというだけです)
理由はわからないけど感じる。でも「感じる」が一番信頼できる感覚だと思います。
by 4cubes | 2016-06-21 08:32 | 潜在意識 | Comments(2)

成績が悪い・勉強好きじゃない、そんな子とお母さんの本物の幸せを、こころのテクニック・潜在数秘術・不安を取る技術で助けます。


by のりこ
画像一覧