お父さーん、あれやりたい!

先日のミニ講座で「本を出してください」と言ってくださった方がいて、
そうしたら今日、出版のお話がやってきました。
今回は見送りますが「現実化」早いです。でも出版するかどうかはまた別。

最近、小さい子を見ると、目で追ってしまいます。
もちろん普段から小さい子は好きだし、子ども服も気になるし、
でも最近はそれに加えて、子どもは何を望んでどういう想いを放っているか、
いかに思考を働かせず、感情とストレートな想いを表現しているか、
見ていると勉強になります。
お母さんがどんな言葉を返しているか、それについてどんな反応があるか、
そういう事を考えてみると、観察がとても面白くて、ついあと1人産んでみたいような気もします。(予定なし)

●お父さん、あれやりたい!

子どもは、面白そうなことをしている人を見ると、自分もしたがります。
「楽しそうだから、おもしろそうだから」
誰かと比べたり、誰か以上になろうとしてなくて、ただ自分がやりたいからだけで、
やれるかどうか、お金がかかるかどうか、そういうことを一切考えていない。

お金はもちろん親が出すんだけども、
逆に我々大人は、何かをしたい時にお金は自分が出すものだとついつい思う。
お金がなかったら好きな事ができないと関連づける。
本当は誰かがお金出してくれるとか、あるかもしれないのに、
最初から自分が出すと無意識に決めてしまう。で、自分が出すもんだという無意識が
自分が支払う方向に漏れなく向き「お金がないから無理」となります。

子どもは、やれるかどうかを考えていない。口に出すだけ。
お金がないからダメ、ともし言われたら以上、
号泣するかもしれないけど、そこで終わり。
泣くのは、願いが叶わないからというのもあるけど、
やりたい気持ちを分かってもらえないから泣く。

親は、やりたくて泣いてるだけだと思い込んで「やれないでしょ。気持ち切り替えて帰るよ」
子どもは、やれない事で泣くことを終えたら、やりたい気持ちを分かってもらえなくて泣き続ける。

大人も、子どもと同じように、やりたいなって思ったらそのまま口に出せばよくて。
方法は後から考える。もしくは考えない。そうしていると、
話してもいないはずのところから、やりたい事に関する有益な情報が来るかもしれない。
でもついつい自分が払う事、自分で何とかすることを前提に考えるもんだから、
やりたいけどお金がない、という事実の先に、やりたい事をするためにお金が必要だ、
お金があって、はじめてやりたい事ができるんだという価値観になるし、それは
実現方法を「自分が得たお金で」と決めてしまう意味になる。
でも本当に、あなたのやりたいことは、あなた自身が得たお金でないと実現できないのか?
やりたいと思った時に、実現方法については決めずに、できるだけ可能性を残しておきたい。
そういう意味で「手離す」んです。

●欲しいものが手に入った時、お財布を見ない

何か買ってもらう時、子どもは親のお財布を見てないですよね。
自分が手に入れたモノ、つまり「豊かさ」を見ています。
レジに行くまでしっかりとそのおもちゃを持って、
支払いの時だけ、定員さんに渡して、またそれを受け取るまで、
子どもはずーっと、自分がほしいと思ったその「モノ」を目で追っている。
親の財布なんて、いくら支払われたかなんて、見てもいない。
で、全力で受け取ります。

お金を使う時はこれをお手本にします。
何を受け取っているのかに注目する。
支払われる、減るお金を目で追わないこと。お金が使えば減るのは数字的に当たり前なんです。
物理的にお金が減った事と、自分の(だと思っている)お金が減ることから来るブルーな感情を一緒にしているだけなんです。
でも、そのお金を支払う時に何らかの「豊かさ」を受け取っているのだから、
得たものに意識を向けることが大事です。

子どもにとっては「自分の」お金じゃないから、という見方もできるかもしれませんが、
そもそも自分のお金なんて、1円も存在しません。
自分が働いて得た対価ですら、自分のお金じゃないのです。

----------------------------------

ちょっと面白いこと発見しました。
サンプル縫いながら、掘り下げます。


■ HP
■ お問い合わせは こちら からお願いします。

[PR]
Commented at 2016-08-11 06:26 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 4cubes at 2016-08-11 09:49
> 非公開者様

いつもありがとうございます。

そうですね、誰のお金でもないんです。
もちろん、あなたが労働して得たお金なら「あなたのもの」という考え方や言い方はできますし、そう言われてもいます。でも「私のもの」と思っている事で、出ていくお金に無意識のストップをかけるので、その考えに縛られているなら、それは手離した方が良いんです。

私は今はお金が自分のものだという考えはなくなりました。
受け取ったお金は昨日まで誰かのお財布にあったもので、明日スーパーへ行けば、私のお財布の中のお金も、出ていく。お金は川のように流れているものなんです。
Commented at 2016-08-11 15:17 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 4cubes at 2016-08-11 15:49
> 非公開者様

そそそそそ!それですそれです。
それを手離せると、出ていくお金と比較することなく、100%心地良く何でも楽しめるようになります。

いつもありがとうございます!
by 4cubes | 2016-08-09 23:24 | 潜在意識 | Comments(4)

成績が悪い・勉強好きじゃない、そんな子とお母さんの本物の幸せを、こころのテクニック・潜在数秘術・不安を取る技術で助けます。


by のりこ
画像一覧