知りすぎない事


私はブログのアクセス数を調べたことがないのですが、
興味がないというよりは(それも多分にありますが)
例えば、数が少ないと「講座を開いた時に人が集まらないのではないだろうか」
などのような、余計な「無意識の」前提を引き起こしてしまう可能性をなくすためです。

数字を見ない事は決して良いことではなくて、ビジネス的には、
数字は常にニュートラルに見るべきで、そこに感情を乗せてはいけないものなのです。
数字には感情を乗せず、ビジョンは熱く。
お金持ちで、成功者で、どんぶり勘定の人はいません。
本人がそうであるなら、お金や数字の管理は、まわりのできる人がきっちりしているはずです。

規模の大小はあれど私のしている事もビジネスなのですから、
数字を冷静に見つめて「どうしていくか」の材料にしていく事が大事なのですが、
お金は把握していますが、それ以外の事はまだまだですね。

とは書いたものの、情報は入れすぎないのが良いです。

もちろん自分の夢や願いを実現するのに、必要な情報はあります。
こういう人になりたいと思えば、その人をよく観察して丸ごと真似する事も大事ですし。

でも、情報収集には、ポイントとなる大事なことがあります。
それは「その時の目的を一つに絞る事」です。

幸せになりますように、のようなオールマイティーな願いは叶わないんです。
漠然とし過ぎていて、叶った実感も湧きにくい。幸せの定義も人それぞれですし、
自分もその「幸せ」について具体的にどういうものか、掘り下げないで放っている場合がある。
もちろんそれをセレクトすることもできるので、好みの問題ですが。

情報収集は「これ、良さそうだから」とか「とりあえず取っておいて後で読もう」とか
「後で役に立つかもしれないから」と、ストックしておく人が多いと思いますが、
例えばお金が増えるための情報収集であるのなら、集める情報も「お金」だけにする。
目的を一つに絞ることにももちろん理由があります。
本気度が違うからです。
「お金も欲しいし、結婚もしたいし、仕事も充実したい」
もちろん本音だと思います。それが悪いわけではなくて、でもね
こういう風にさらっと複数出てくるという事は、すでにそこそこ幸せなんです。
切羽詰まっていないんです。

切羽詰まっている案件があれば「どうしても今!お金がほしい!」などのように自然に一つに絞られるはずなのです。
昔、だまされて負債を抱えた時には「一生結婚できなくても良いからこの負債何とかしたい」って思いましたもん。
「お金も欲しいし、結婚もしたいし、仕事も充実したい」には「叶わなかったらまぁそれも仕方ないか」とか
「叶ったらラッキー」みたいなにおいがどこかにあります。
甘い、というかね。
もちろんそれも叶えられます。
優先順位をつけてひとつひとつやれば良いんです。

数百万の負債は半年ちょっとで、離婚は3か月で解決しました。(行動に移してからの時間)
ちゃんと願ってちゃんとやれば叶います。しかも、加速して叶うんですよ。
適切な行動をすることで、例えば1年かかるなぁと思っていたことが半年に短縮される。
100万円ほしい人が、1か月1万円ずつ貯金したら、100万円貯まるまでに100か月かかりますが、
実際はそこまで絶対にかかりません。

私は大きな負債を抱えた時と、離婚の時、この方法で確実に解決しました。
(いずれも潜在意識なんてまだ知らなかったから、直感的にやったことがこれに当てはまっていた)
ブログに書こうかと思ったのですが、知識だけ入れるより実践した方が絶対に落とし込めるので、
ワークをしたいんですよね。だから、まとまったら講座かグループコンサルという形で
何か開催したいと思います。
「感謝する」とか「幸せな気持ちになる」のような漠然としたわかりにくい方法ではなく
もっとロジカルに理解できる方法です。でも、聞けば当たり前の事なんです。
魔法のような方法でもなく。皆さんも一度や二度、同じような経験はあるんじゃないかと思う。
でもそれが、どういう事だったのかを理解し、いつでも自由に再現していけるように、自分のものにする。
これも一生モンです。本気の願い事がある人、本気の願い事の叶え方を知りたい人はぜひ。



■ HP
■ お問い合わせは こちら からお願いします。

[PR]
by 4cubes | 2016-08-10 10:02 | 潜在意識 | Comments(0)

心の取扱説明書である数秘と、心の仕組みを知って、ほんとうの自分を生きたいと思う人の、心のお手伝いをしています。


by のりこ