言う、話す、やってみる

例えば「主人とうまくいかない」という悩みがあったとして、
「ご主人に気持ちを素直に話してみてください」と言うと「ええー!できません~」という答えが
速攻で返ってくるときがあります。わかります。わかりますよー!
わかりますが、アドバイスを求めて、貰ったアドバイスを自分で、今の失敗脳で
「それはできない(やらない)」とジャッジしてしまった場合、

そこで終了です。

やり方がわからないから聞いて、やり方を教わる。
あとはただやるだけ。何も考えずにやるだけなのですが。
ついつい人は「簡単にできる方法で」を望むんです。
自分は動かず、握りしめたままで、不安のない方法で、魔法のようなキラキラした方法が知りたい。
で、こちらの提案には「無理無理無理~」(やらないと決める)んですよね。
そこが、その先うまくいかなかったり願いが叶っていかないポイントです。
だから「無理~」って思う事は良いのですが、それはそれで横に置いておいて、
そうかもしれないけど、無理な気がするけど、まずは言われたとおりにやってみる、という事が大事なのです。

私が彼と、似たパターンになったことがありました。
つきあってない状態の時、状況を進展させたいととある心理学の先生にちょっと聞いてみたら
「こっちから手を繋いじゃえ!」とびっくりアドバイスをもらい、で、即
「そんなの無理~~~~」って思いましたよ。
つきあっていないのに手を繋ぐ、のような発想がまずなかったし、
その先生が、テキトーに、なんというか無責任なノリで言ってるのかと思ったんです。

でも不思議と「つきあっていないのに手を繋ぐ」そんな発想があるのかーからはじまって
それは新鮮だー。そうか、つきあってないのに手を繋ぐ人もいるのかー
と、私の中に、そういう世界があるのかもしれない、くらいになってきて
それは何となく頭に残ったままでいて。
しばらくすると不思議な事に「つきあっていないのに手を繋ぐってどういう状況だろう」とか
「つきあってなくて手を繋ぐにはどうすれば良いのか」という思考になっていくんです。
いつの間にか「手を繋ぐ」という前提で物事を考えている。

そうしたら、繋ぐことになりました。
高いところに上るのに手を貸してもらったという状況でしたが。
そうか、こういう意味もあるか。でも確かに繋いだことには変わりなく、
これまで絶対にないと思ってたものがあった!という発見でした。
で、それがあって次に「ということは私、少なくとも嫌がられてないよね」のような形で
自分の前提も少しずつ変化するんですね。

そこで「色恋抜きの、こういう状況だから手を繋いでくれた」とか
「今のは偶然だ」「例外だ」のように考えてはいけないんです。
「繋ぎたい」→「繋いだ」→「叶った」→「わーい!」→幸せな感情の前提ができます。
「彼と手を繋ぐ世界」が確かに「ある」んです。

これも、やってみるという思考になって初めて次の物事が動いていきます。
いきなり「やろう!」とまでいかなくてもその前の「やるとしたらどんな感じ?」のように
そっちの方向に1mmでもいいから、思考でも行動でも、動かしてみる。
それが現実を動かしていくトリガーになるし、動いたらまたその先が見えてくる。

話が繋がるかどうかですが、私は昔から何かを買ってもらうのが苦手で、
その人を好きであれば好きであるほど、買ってほしいが言えないんです。
で、別に買ってもらわなくても自分で買えば済むことだし、そう思ってもいました。
特に問題にも感じていませんでした。

ただこの前、好きな人に甘えることはできるのに、お金が絡むとできなくなるとか
別の人にならお金で甘えることや受け取ることができるのに、彼だとできない気がするとか、
なんだか滞りのようなものを感じたので、パートナーに「買って」を言ってみようと思いました。
(要は、できないと思う事をあえてやってみるという事です)

普段、彼に「おんぶしてください♪」とか「買ってください♪」と言っても、
笑いながら速攻で「しませんよ」「買いませんよ」と返ってきます。
だから、本当に欲しいものを伝えても、当然「買いませんよ」と返ってくると思っていました。
それが嫌で、おねだりなんてしない、できないと思い込んでいました。

で、私も「あぁ、彼に買ってもらえたら嬉しいなぁ」というものを見つけたのですが、
特にどこかのお店のこれ、というわけじゃなくてですね、
いつか一生ものとして、アケビのカゴバッグを欲しいと思ったので、話の中で
「買ってください♪」って言ったんです。なかなか勇気が必要でしたが、しかもそのすぐ前に
彼が、急に予定外の大きな出費があったという話を私にしていたので、言いにくいーって感じでしたが
ただただ素直に買ってほしいと思い、その時に言いたかったから言いました。

そうしたら。
不思議です。
私は別に「今回は本気だから」とも何とも言っていないのに。
ちょっと戸惑っていましたが、嫌そうには見えなかったし、言われ慣れていないのか照れている感じ。
で、うろたえながらも「良いのが見つかるといいですね」って言ってくれました。

えええええええ!!!
同じ「買って」なのに、その違いを別に言葉で説明もしていないのに、
打算なく向き合って話した時は、向き合って返してくれている。なんでっ!
本気で言った時に断られたら(お金を出す価値のない女だと思われるのが)ショックで
だから私は、向き合うのが怖くて逃げを作っていつも「冗談で」買って♪を繰り返し、
こっちが冗談なので、彼もきっちり「冗談で」買いませんよと返してきていたのです。
で、彼に私が言わせた冗談の「買いませんよ」を、
彼の本心なんだと思い込んでいた。(というか傷つかないように私がそう決めていた)

彼が本当にバッグを買ってくれるかどうかは問題ではないんです。
私は自分の価値を認めてほしかっただけ。
しかも私はお金がネックになっているので、お金を出す価値があるという形で
大切だと思ってほしかったのですね。
その一方で、お金が絡まないなら、私に価値がないって全く思いません。
書くと結構変ですね。お金を払う価値はないのに、お金がないと価値がある私って。
ちょっと掘り下げてみます。

でも、言えなかったことが言えた。
できない事をあえてやってみる、そこで自分の失敗脳を超える何かに出会えます。

毎日記事を一つずつ書く、というところからも、ちょっと解放します。
湧いて出てくるのをそのまま書き出していきます。だから今日は2記事。
発信にはムラが出るかもしれませんが、気づきを新鮮なうちにお届けしていきます。



■ HP
■ お問い合わせは こちら からお願いします。

[PR]
Commented by くどうちはる at 2016-08-11 17:05 x
お金が絡もうと絡むまいと、NORIさんの価値は変わらないと思うのです。その発想自体NORIさんが、決めているのでは。もし、仮におねだりを断られても、ただ単に今すぐその金額がなかっただけかもしれないし、サプライズでプレゼントしようとしているかもしれません。おねだりするのはNORIさん側の行為で、買うかどうかは彼の行動なので、価値の有無とは関係ない感じがしたのですが。私の解釈が突飛なのでしょうか? すごく的外れでしたら、すみません。
Commented by 4cubes at 2016-08-11 17:25
> くどうちはるさん

あ、そうですそうです、私がお金で価値を勝手に判断しているだけなのです。
仰る通りです。くどう様にとっては当たり前ですよね。ところがそれ、私はわかっているようでいて実は「わかっている風」だったのですよ。
お金は「結果」の話なので、価値はそこで測れないのにもかかわらず

私は昔から、お金を出してもらえる価値がないと思ってたんです。
(心理ブロックとも言いますね)
でも、お金が絡まない場合、私の価値は高い、とも思っていた。

変ですよね?

お金を出してもらえる価値がないと思ってるのだからお金が支払われない状況なのに
その状況で私の価値が高いって思えるって。
だからこの変な感じを払拭するために「買って」と言ってみたんです。

やってみると否定されなかった。
お金が絡んでも私は価値があるし、絡んでなくても価値がある(←こっちはもともと)
という事がわかった。

お金関係なく私は価値がある。というところを体感で腑に落とせました。
自分で「お金が絡んでも絡まなくても私には価値がある」と、純粋に思えていなかったんです。仰る通り私が決めていた(信じていた)んです。

これを、行動で腑に落としていく事が、思考で腑に落とすことと全く違ってくるんです。
お金が絡んでも絡まなくても私には価値がある、という事を、それが腑に落ちていない私自身が、それが「ある」という事を自分の世界に投影させない事には、体感レベルで腑に落とせないんです。
いくら頭で考えていても、それは「わかったつもり」であって、現実は変わらないんですね。

私もまだまだ勉強中です。
いつもありがとうございます。
by 4cubes | 2016-08-11 00:47 | 潜在意識 | Comments(2)

心の取扱説明書である数秘と、心の仕組みを知って、ほんとうの自分を生きたいと思う人の、心のお手伝いをしています。


by のりこ