覚醒を再現する


かんたんに言うと、叶えたい「想い」は女性性で
それを叶えるための「行動」は男性性です。

「想い・願い」と「行動」は、陰陽のように、太陽と月のように
両方あってバランスを取るもの。
力を入れずに、軽やかに、淡々と。

エネルギーを出し切って、空っぽになってしまっている今日でした。
抽象的な概念が浮かんできます。
講座で「覚醒」の反応が良かった気がしたので、言語化しようと再現していました。
浮かんだのは「1-1=0」
「ある」がきっちり同じ質量分マイナスされて、きれいに消える、という感じ。

なんにもない。静寂だけが「ある」
これも人によって、感じ方やそこに至るまでの道筋は違うのだと思います。

「覚醒」自体は一瞬で起こるのだけれども、イメージとしてはこういう感じです。

その日は、リラックスしてコンサルを受けていました。
緊張する事もなく、ただただ私は素直に話を聞いていました。
初めて会うこの人の、どんな話も丸ごと受け入れようと思ってて。
自分の頭の中は整理されていました。やりたい事、それと、疑問点が明確でした。
それを伝えて、私ができること、できるけれどまだやれていない事、
自分しかできない事と、しなくても良い事、丁寧に、淡々と分解していって、
状況としてはただ話をしていただけですが、私の思考の方は
どこかで「そう、これができていない。」とか
「それがなかなか難しいんだよね。」とか。そういう事を繰り返しています。
でもその繰り返しのふり幅は少しずつ狭くなっていって、
「でもつまりそれか」
「うん、でもね」
「やるだけ」
「そう、なんだけど」
「や・る」
「や・る」
そ…う、やる。
・ ・ ・ 。

真逆であるはずの「やる」「できない」が重なりました。統合されたというべきか。
プラスになったわけじゃなくて、色と色と合わせると透明になった、みたいな。
完全に、意識じゃなく無意識レベルで「できるかできないか」がなくなっていて、
「やりたいかやりたくないか」もなくなっていて、ゼロになって、
問題と思いこんでいたものは、まるで最初からなかったように痕跡すら残さず消えて。

イメージとしてはこれが近いです。
シャボン玉にできた小さな違和感とか問題に思える事の気泡を一つ一つ潰していく。
で、それをやっていたら、全て一瞬で消えてしまった。
まだ自分で潰せていない気泡(問題)も、無音で全て消えてしまったという感じ。





覚醒も、願いを叶えるも、そう、素直になること。
力を抜くこと。目の前の事を全部、すべて受け入れようっておもうこと。
心を開く。緩む。本当にこれだから。
大丈夫、あなたに必要な物しかあなたの目の前にさしだされないから。
何も考えずにぜんぶ、そのまま受け取って、大丈夫。

そう、コツは本当にこれです。

ちょっと怪しげですが、正確に言語化しようと丁寧に書いていたらまた「覚醒」しました。
もう私の世界に「ある」から、たぶんいつでも再現できます。
覚醒しても、思考やらなにやら、行きつ戻りつはするんです。
でも絶対またそこに戻れる。そんな自分への信頼がある。

で、明日はまた学びをインプットしてくる予定です。
明後日まで留守で、それまでお返事できないかもしれませんが、いただいた順番にお返事していきます。
どうぞよろしくお願いします。


■ HP
■ お問い合わせは こちら からお願いします。

[PR]
by 4cubes | 2016-08-30 00:32 | 潜在意識 | Comments(0)

成績が悪い・勉強好きじゃない、そんな子とお母さんの本物の幸せを、こころのテクニック・潜在数秘術・不安を取る技術で助けます。


by のりこ
画像一覧