肚をくくっても大丈夫。


知っている人とラインをしていた時に、何だかピンときて
「退路を断つと良いです。やる事絞ってください。」と伝えたら
「そうなんです、まさにそんな状態で。」そこでまたピンときて
「ぶっちゃけ、モテてる場合じゃないですよ。それは後にして。
あとからいくらでも戻ってきますから」
って書いたんです。
そうしたら「ええええええ!!!なんでわかるんですかっ」という返事。

その人がモテるのかどうかも、更にそれがネックになっている事も全く知りませんでしたが
何かが降りてきてビンゴでした。
M11(マチュリティ)のせいかもしれないです。カンが冴えています。

その話はともかく、ここ数日「退路を断つ」ばかり書いている私ですが、
要は、やる事を一つに絞ると本当に良いんです。
集中するから。そこに情熱を傾けると、成果があるから。

で、だからといって、例えば「今は仕事に集中しよう」と思った時、
別に1つに絞ったからといって人間関係とかお金とかを、諦めたり捨てるわけではないんです。
「これに集中しよう」という覚悟を持って、やり抜こうとすることで、
他の事も結果的に戻ってくるんです。1つに絞ると結果的に全取りできた、みたいな。

最初に全部うまくやろうと思っても駄目なんです。
それだとどの方向にも動けなくなります。
でも、1つの事に決めて集中する事で成果が出ますから、
そこから他の事も連動してうまくいくのです。

何か1つに決めても、肚をくくっても大丈夫。
何ひとつ、失う事も奪われることもありません。

離婚の時も「離婚」が目的でしたが、離婚できただけじゃなく、全部思い通りになったし、
借金の時も、「完済」が目的でしたが、技術や次につながる仕事や人脈も手に入りました。
借金が返せたら結婚なんてできなくても良い!と肚くくっても、結婚できたし(離婚もしたけれども)

そういう事なのです。

でも、そんな大きなことじゃなくても

例えば仕事が楽しくなかったら「じゃあやめる!」にいきなりしなくても、
「この仕事を楽しくしてみよう!」とか
そういうのでも良いわけです。
極論を望んでいる人なんてほとんどいないと思うし、
今までと少し違う方向に、小さく、でも確実に肚をくくってみる。
仕事とは楽しくない事、お金を貰うには楽しくなくても仕方ない、とか
そういうブロックが簡単に外れて、人生が開けます。


■ HP
■ お問い合わせは こちら からお願いします。

[PR]
by 4cubes | 2016-09-02 22:27 | 潜在意識 | Comments(0)

成績が悪い・勉強好きじゃない、そんな子とお母さんの本物の幸せを、こころのテクニック・潜在数秘術・不安を取る技術で助けます。


by のりこ
画像一覧