本の読み方


我が家はだいたい19時に夕飯なので、私の仕事終わりは18時に設定しました。
18時までだと思うと、「あとでやろう」が必然的にできなくなり
(あとで、は次の日になってしまうから)
淡々と仕事をしていくし(集中力が持つ)
良い緊張感があるからか眠気が起きず、お昼寝がなくなりました。
そして夜は読書に集中して、しっかり寝る。

ほんの少しの行動修正で、色んなことが意識を含めて結構変わるものですね。
読書が進み、この2日で10冊くらい本を購入したかも。
(ちなみに私は電子書籍は完全にやめました。kindleも削除。)

日本人の半分は月1冊の読書量だと言われています。
7冊以上読んでいるのは、人口の3%。
本を読んで人生がうまくいくかはわからないにしても、
私の尊敬する人は、皆さん本を読んでいる。そして私も本が好き。

そっか、私、出会いたい人がいるんだった。
だったら、自分がまず人と出会っていかなくてはですね。

それと、実現したい事がもう一つあります。それは
「ブログがそのままビジネスになる事」です。
ブログ書くの、本当に好きだなーと思います。
ブログで宣伝して、集客して、ではなくて、
毎日書いているブログそのままビジネスの形になること。
具体的な形も方法もわかりませんが、ひとまず言葉にしておこうと思います。

昨日は夜10時過ぎで1冊読了しました。
そのあと息子が持っていた「君の名は」を借りて読了。
読書って、意外と思考がいっぱいにならないような気がします。
どこかで読んだのですが、1冊に対して3行、線を引きたいと思える個所があれば、
その人にとって良書なのだという基準もあるようです。

私が読むのは、物語、ビジネス書、潜在意識、量子力学、社会学を中心に
引っかかったものを乱読する感じです。
以前、素晴らしい先生に「千手観音」と言っていただいたことがあります。
(たぶん私を守護しているものを読み取ってくださって)
それは「たくさんの事を何でも取りに行き、自分のものとする人」ということでした。
私の祖父が、三十三間堂の宮大工だったので、驚きました。そして、私以外の人は
守護が天使(ガブリエルとか…)だったのですが、私は天使についてはしっくりこないんだけどなー
と思っていたら、千手観音と言われてそれも驚きました。
そんなこともあるのかないのか、その言葉が、ずっと自分の中にあります。
興味がある分野の、ど真ん中の本はあまり買っていません。
本は、その内容から自分がどう活用するかにかかっているので、
私は、より自由で創造性あふれる発想ができそうな本を選ぶようにしています。

本は、内容は知識ですから「考える」つまり思考優位になります。
そこに何かを「感じ」ようとすると、本の選び方や読み方に「感性」を使うと良いと思うのです。
直感もそうですけれども、自分が感じたいものは何か、を基準にする。

本、ブログは、「考える」です。
会いに行く、は「感じる」です。

願い事講座に出てくださった方からも、素敵なご報告やご質問いただいています。
メールのやり取りは理解を深めますので、メールフォローをぜひご活用ください。
全力でお返事しています。

他の企画も進行中です。
また、リクエストもお待ちしています。

ニシノアキヒロさん、1日で早くも目標額を達成しましたね!


■ HP
■ お問い合わせは こちら からお願いします。

[PR]
by 4cubes | 2016-09-07 19:29 | 潜在意識 | Comments(0)

心の取扱説明書である数秘と、心の仕組みを知って、ほんとうの自分を生きたいと思う人の、心のお手伝いをしています。


by のりこ