過去は変わる

正確に言うと、今見ている世界の解釈が変われば、過去の解釈も変わるという事です。

例えば今「私は愛されていない」「あの時ないがしろにされた」と感じる出来事が過去にあっても、
もし今、前提が変わって、私は愛されている、と感じることができたら
「あの時のあれは、ないがしろだと思っていたけれど、ここに繋がるためのものだったのか!」と、
あんなに嫌だと思っていた過去がすべて繋がっている事や、意味のある事だったと、瞬時に腑に落ちる。

そうすると、過ぎたはずの過去さえ、バラ色になります。

人間の記憶というものは、実は正確ではなくて。
「潜在意識が記憶したい感情に合うように」記憶しています。
あまりに辛すぎる過去は、覚えていない、という事にしたり、
自分に非があると思いたくないがゆえに、相手が酷い人だったと認識して記憶したり、

潜在意識は「その時のあなた」を守るために、上手に解釈をつけて記憶します。
あたかも普遍的な事実のように。とても巧妙です。
だから、同じ出来事があっても、他人と自分とでは記憶に少し違いが生じます。
私の母が自由人で遊びまわっていた時に
妹は「嫌だ」と思ったのに対して私は「自由でいいな」と思ったとどこかで書いていますが、
同じ出来事を見ていても、記憶する感情は個々で違ってきます。
今、母の自由な行動を何となく嫌な感情で思い出す妹に対して、私はそういう事が全くない。
それぞれ自分に都合よく記憶しています。
これはもし説明すると、我が家の場合は私と母は同じS1で、魂の望みが同じであるために、
共感しやすくなっているからだと言えます。妹が違う解釈をするのはそういう心の性質だから。
自分の性質、心の癖が解釈を決めていくし「なぜそう思うのか」「なぜそう記憶するのか」の前提が数字で見えてきます。
母と私はLPも6と4で同じ偶数なので、そのあたりも近いものが無きにしも非ず。
LP6、D8、S1の母ですが、ズバリこの通りの人です。
「どうして~なんだろう?」と思っていた母の言動の、私が感じていた謎が、数字で全て腑に落ちました。

で、戻します。
つまり、記憶は普遍的なものではなくて、それぞれに都合よく解釈されたもの。
そして書き換え自由なので、もしつらい過去があったとして、
その辛さをなかなか手放せなかったとしても、その過去さえ、これから次第で
いくらでも自分にとっての真実を心地良いものにしていける。

だから、今、どんな過去の事を考えていても、握りしめていても大丈夫。
そこにどんな感情を持っていても、大丈夫なのです。
それはそれで置いておいて、その上で、
やはり「今」の自分の集中するのが大事であり、一番だという事です。

かんたんに言えば、今の幸せを感じることができると、過去も幸せだったとちゃんと思えるから
今ここに集中しましょうね、という事です。

そうはいっても心の癖というものがあるので、ついついネガティブに捉えたり、
疑ったり、なかなかそうは思えない、という事はありますし、
潜在意識を書き換えるには、基本的には訓練が必要です。
でもそういう風に考えてしまう自分も愛すべき存在であり、変わっても変わらなくても良くて、
すぐに変わらない事にも焦らないのが大事です。
「変えよう!」と鼻息荒くしている時にこそ「今はまだ変わっていない」
という想いを強くして放っているということなので
現実はかえって変わっていかないのですね。
今ここに集中すると「今」が変わり、勝手に過去も変わりますので、気楽に楽しむ感じで。
しかもいつでも!生きている限り時間制限もないので。

潜在意識は1日6万もの情報を記憶しているそうです。
しかも一度記憶されると忘れない。
だから、しっかりと覚えていなくちゃ、どうにかしなくちゃと考えなくても大丈夫です。
潜在意識を信頼して委ねると、必要な時にその情報が力を発揮してくれるので
失敗脳であれこれ考えずに、忘れてしまうのが一番です。

S1って、過去にあった「出来事」は覚えていても、感じた「感情」はきれいさっぱり消えてなくなります。
感情をあんまり思い出せません。
だから、嫌な事があったとしても引きずらずに済むという特技にも似た性質がありますが、
変わりに学ばないというか「二度と同じ思いをしないようにしよう」という感情の教訓がないので
同じ失敗を繰り返したりします。
性質は単なる性質で「忘れる」というそれは、いかなるところでも発揮されるので
「嫌な感情は忘れてほしいけど、注意したことは覚えていてほしい」と
例えばS1のご主人やお子さんに思ったとしても、なかなかそう器用にはいかないのです。
いかにコントロールが難しいか、わかるかと思います。
LP1もそうかも。数字の並びにもよるけれども。

どの数字でも、性質違いでこういう感じの事がそれぞれ言えると思います。


■ HP
■ お問い合わせは こちら からお願いします。

[PR]
by 4cubes | 2016-10-04 08:46 | 潜在意識 | Comments(0)

成績が悪い・勉強好きじゃない、そんな子とお母さんの本物の幸せを、こころのテクニック・潜在数秘術・不安を取る技術で助けます。


by のりこ
画像一覧