布ナプキン

a0352853_16524075.jpg


布ナプキンの、ピュアオーガニックコットンで作ったキットを販売します。
(表生地は同梱されていません)

布ナプキンが「良い」理由はたっくさんあります。
個人的にも頭痛がなくなり、生理痛がなくなり、体を冷やさず、かぶれたりもせず。
ゴミは出ず、かわいくて…などのことはもちろん、
そういうわかりやすいところだけでなく、
紙ナプキンの頃「汚物」だと思っていたその感覚は自動的にまったくなくなり、
(紙ナプキンだと触らないようにして包んで捨てるので、無意識に汚いものであるという捉え方になり、布だと汚れを落として普通に洗濯する、他の洗濯物と変わらない感覚になります。)
自己否定がある女性は特に、布ナプキンはおすすめです。
自分を大事に思う感覚が、思考通さずダイレクトに脳まで届きます。

お米でいうと玄米のような感じで、オーガニックは栄養が取り除かれていないため、繊維が元気ですから、そういったものが肌に触れると、良質の生きるエネルギーに繋がります。
もうそう考えるだけで、気分が全然違います。

実はこの、肌の、それも敏感な部分に触れるものが脳に直結するのを体感したくて、上質のキットを作ろうと思ったのでした。
なぜなら「考えるんじゃなくて感じること」だ、と、いくら頭ではわかっていても、感じようとする行為そのものが思考で頑張っている、結局思考じゃん!という事になりかねないのです。
私なんてお金の執着がせっかくなくなっているのに、お金の事を完全に手放したらほんとうにお金に縁がなくなるんじゃ、というわけのわからない思考で、うっかりまた執着を呼び戻そうとしていたという事に気づいて驚愕しました。
慌てて思考を再度放り投げましたが、油断も隙もないんです思考って。
といいますか、コントロールしようと思う事もナンセンスですが、取り扱いは難易度高い。

でも、例えばメモリーオイルもそうですが。
脳にダイレクトに働きかけてくれるものは、思考の邪魔が入らないのです。
触覚、嗅覚、視覚、味覚、聴覚、の五感に訴えるものです。
視覚は思考が邪魔しそうなので、ちょっと難しいところはありますが、嗅覚なんて見えないものですから、思考が邪魔しないんですね。
布ナプキンも、直接目に触れないところの肌の感覚ですから、思考通さず脳に伝わります。
音楽なども良いですよね。食べるものなどはもちろんです。

以前疑問だったのですが、食べる物は良いものに越したことはないのはわかりつつも、その一方で「何を選ぶかではなくて、どう感じるか」という点でいえば
添加物だらけの食品を摂取しても自分が心地良いと感じられたらオッケー、とも言える。
でも要は、添加物だらけのものでも心地よく食べられたら良いんだけど、それ、おそらく実際は難しいでしょう?
だから、理屈抜きで体が喜ぶ、エネルギーが満たされている食物を摂取した方が、脳にダイレクトに働きかけるわけで、思考も頑張らなくて良いし確実ですよ、という話。
それが腑に落ちてからは、迷わなくなりました。
買えるなら、体に優しく安全なものを選びつつ、最近のように手が荒れて家事がしにくい時は、かんたんなもの、外食なども、その時の自分の優先順位を大切に選んでいます。

五感を心地良く刺激してくれるアイテムを使う事で、五感そのものも鍛えられていくと感覚に敏感になっていくので、好きなもの、嫌いなものがわかり、無意識に自分をごまかしているような違和感などにも気づきやすくなります。

家事などの手は抜いても大丈夫だけど、自分の心地良さや幸せに手を抜くとそれは、自分の中にしっかりと「前提」を作りますから、見えないことほど、丁寧に向き合うと良いと思います。


■ HP
■ お問い合わせは こちら からお願いします。

[PR]
by 4cubes | 2016-10-13 18:10 | 潜在意識 | Comments(0)

成績が悪い・勉強好きじゃない、そんな子とお母さんの本物の幸せを、こころのテクニック・潜在数秘術・不安を取る技術で助けます。


by のりこ
画像一覧