待ち受け実験

実験してひとつわかったこと。
よく「この画像を待ち受けにするとお金が入ってくる」とか「幸せになる」みたいなのがありますが、それの効果のある、なし、そしてどうしてそうなるかがわかりました。

そもそもスマホなどの待ち受けって、しょっちゅう見るし、見ているうちにその画像が目に入るのが当たり前になって意識もしなくなって、その画像から感じる感覚だけが潜在意識にインプットされるから、その効果が出やすい、というのはわかります。

でもネットで拾ってきた、誰かが効果があるって言ってる、またはこの画像でたくさんの人が幸せになりました、なんていういい感じの画像を待ち受けにしても効果は薄いかなと思います。そこにどれだけ自分が信用できるか、という事で違うのももちろんあるのですが、そもそもその画像、自分から見て、画像は認識できても、その画像の世界観はリアルにないじゃないですか。
つまり、その画像が「ダイヤモンド富士」だったとして、自分はダイヤモンド富士は見たことがないでしょう?
もう一つ言うなら、その写真の状態のダイヤモンド富士、リアルに自分の目で確認したわけでも、自分で撮った画像でもないでしょう?という事。

それは自分にとって「ない」世界なのですよ。現実世界のどこかにはあるけれど、自分は見たことが「ない」。
それを待ち受けにしたって「ある」に繋がらないという事です。
まぁ富士山自体、見ていて心地良いし、何だか良い事ありそうな気がする画像だなーっていう気分や感じだけでももちろん効果はないことはないけれど、個人的には時間がかかるなぁというのと、効果が曖昧というか「待ち受けをこれにして変わった!」に感覚的に繋がりにくいかなと思います。

私はS1なので、魂がせっかちなのです。生きている時間を、できるだけ有益に使いたい。
どうせ幸せになるのなら早い方がいいし、その仕組み、メカニズムをきちんと知りたい!
しかも実験結果が正確に出るように、環境を整えます。
そのために自分の体を使って実験することを厭わないし、分析(D7)して、具現化(LP4)するんだなーと思います。
そしてそれを皆に、と思うのは、LP4だからかなー。使えるものは平等にって思ってしまう。
良い人とかじゃなくて、そうじゃないと気持ち悪いというか。
現実をみんなが有益に生きてナンボでしょう、と個人的には思うわけです。

で、戻しますが。
だから待ち受けにするには、自分が撮った「ある」世界、つまり自分の目で見た「豊かさ」を使うのが効果が高いし、具体的で早いです。
しかも自分が今、実際に持っている、感じられる「ある」ですよ。
億万長者と話す機会があって、その人の写メ撮らせてもらって待ち受けにしても、しないより良いと思うけど、自分の中の「ある」とは考えにくい。
具体的には自分の笑顔の写真、みんなで一緒に食べたおいしいごはん、お財布の中のお金、旅行した時に見た感動した風景、のように、自分が感じた「豊かさ」であり、体感したものが一番効果が高いです。

だって「ある」から。あるでしょ?「ない」とかありえないでしょ?疑いようがないでしょ?
物理的にあるとすでに確信できているもの、そこに豊かな感情をすでに感じたものを写真にして待ち受けにします。
これは実際に効果ありましたから私。
そして、効果を確認した時に、どうしてこれが効果があったのかも、自分でもまだ言語化できないけれど少なくとも感覚で腑に落ちたから。

それで、逆から見ると、幸せにいかにもなりそーーーーーーーな、ありがたーーーーーーい写真は、仮に仮にそれでうまくいっても、その画像のおかげだったとは思いにくいんです。そもそも自分にとっての「ある」じゃないから自分と繋がらないんですもん。はなからそういう画像を待ち受けする時は「これでうまくいけばラッキー」みたいな感じありますしね。半信半疑というのもある。
で、自分にとって完璧に豊かさを感じられる写真を待ち受けにして、その紛れもない「ある」を毎日、意識しなくなるまで見て、そうしているうちに、潜在意識がその豊かさをしっかりと肚に落とす。そして叶う。叶わないわけない!
その時、再び画像を見て「あぁぁぁぁ」って「そう、ほんとあるんだよねぇ!!!」と、またその豊かさをもっと感じるから。
幸せのスパイラルに入ります。

信じて実践したら叶います。でも信じてなかったらもちろん叶いません。
私が話すのは私自身が体感して人に伝えられると確信した話には違いありませんが、それでもあくまで知識ですから。
あとは実践する事(行動)と、それに対するそれぞれの在り方(感じ方)なのです。

たかが待ち受けと侮るなかれ、です。
というか、待ち受けっておもしろい!

で、自分にとって有益な情報を見分ける力というのは、あると便利です。疑わなくなりますしね。
五感を大事にして、感覚が微細であればあるほど。
感覚を鍛えるのは色々方法がありますが、やっぱり布ナプキン良いです。
一番繊細な感覚を持つ場所ですし、心地良い感覚が丹田から子宮のあたりにいく、ということは、頭に血が上っていないんです。
頭に血が上ると思考型になります。
体の下の方に意識がある時は、心が落ち着いていて、地球と繋がっています。グラウディングですね。

今日は実用的な話にしてみました。


■ HP
■ お問い合わせは こちら からお願いします。

[PR]
by 4cubes | 2016-10-25 10:49 | 潜在意識 | Comments(0)

成績が悪い・勉強好きじゃない、そんな子とお母さんの本物の幸せを、こころのテクニック・潜在数秘術・不安を取る技術で助けます。


by のりこ
画像一覧