「君の名は。」

パートナーと一緒に観てきました。
平日の午後でも、大きな映画館がほぼ満席。

これは、感じ方や受け取り方が人によってかなり異なる映画ですね。
小説を読んでいたので、LP4ですが時系列等の混乱もなく、画も美しく、リアルで、表現も、その裏側にあるものも、意図するものも、人気になるのも大変わかる気がしました。

その上で自分なりに観たら

……

でした(汗)

私、泣かなかった。(泣けば良いというものでもないですが)
一番入ってきたのは音楽でした。グラウディング力が凄いです。

この映画の「ツイン」概念も大枠では知っていましたし(私は感じたことがありませんが)新海氏がそれを描いている事も、映画に関わる人もただものではない事も、何を伝えたいかも私なりに理解できました。
好みなどもあるかもしれないし、私の場合は自分なりに考察することが好きなので、映画が面白かったかどうかはあまり気にしていなくて、皆の感じ方とどこがどう違うのか?と思えばそれでワクワクします。そういう意味では深い考察に値する大変貴重な映画でした。
少数派の感じ方だったと思いますが、パートナーとは受け取り方が完全に一致していました。

その後、彼と「言葉」について話していて。
彼は私のブログを読んでいないのですが「言葉をもっと深く微細に捉えると良いと思います。もっと良い方に変わりますよ。」とアドバイスをもらいました。
自分で心底理解していないのに何気なく使っている言葉が、それなりにある事に気づかされる指摘でした。
彼のフィールドは私と同じような分野ではないですが、潜在意識を完璧にプラス方向に体現している人なので、納得でした。
彼、花粉症も自力で(ただし無自覚で)治しています。花粉症がどんなメンタルで起こるか、という病気と心の関連性があるのですが、その心の原因を無意識に取り除いて完治させていました。
病は気から。まさにその通りです。

私もどちらかというと引き寄せ力というか、弱い方ではありませんが、彼と一緒の時の方がベストタイミングで起こりやすいです。
昨日、私はどうしても視聴したい生放送の動画セミナーが夜にあって登録もしていたのですが、彼との約束と被ってしまっていて、動画セミナーは諦める形となりました。何とか自力で録画できないか、誰かに視聴してもらって話を後で聞こうか、なども考えましたが結局「ま、いっか、これもタイミング」とさっぱりと諦めました。
ところが彼と食事をしている時にメールが入り「機材トラブルのため、時間通りの生放送ができなくなりました。夜の11時から放送します。」という連絡。そうか、でも私、11時でも観られないなーと思ったら、しばらくして今度は「『遅い時間は寝るので観られません。何とかなりませんか?』という問い合わせがあったため、今回は録画したものを数日間公開、という形に変更します」というメールが!
私にとっては素晴らしいニュースです。こんな事もあるんだぁ。
それと主催側にとっては「大変申し訳ありませんでした」というお話でしたが、私にとってはこの上ないラッキーだったという事。
自分が発していることが、相手にとってメリットになるのか、デメリットになるのかは、発している側からはわからないという事ですね。
だから自分が何かを言う時、何かをする時に、相手にとってそれがどうであるかをこちら側から決めつけるのは、いかにナンセンスであるかという事もわかります。

先日も、とある音楽イベントに行く予定でそのチケットを取ろうとしたのですが、自分でも不思議な事になぜか踏みとどまってしまう。
行く気でいるのは確かなのに。でもタイミング待てばいいかー、行けることはわかってるし。とそのままにしていたら、その後、主催の人に会えて、その人から直接チケットを買う事ができたんです。しかも主催の人が確保しているチケットなので、良い席!!!
思考で何とかしようなんて思わなくて良いという事です。

毎日、いかに囚われないか、という事で、人生は変わってくると本当に思います。
もちろんこんな事言いつつ、私も多くの囚われがあります。
例えば毎日のように自分なりの発見がある事を幸せに思いますが、無意識に「発見がある事が幸せな人生」という定義にしていることがある。発見があってもなくても良い、というニュートラルな状態じゃなくなっている時がある。
「発見がある事が幸せな人生」にしてしまうと、気づかないうちに無意識にわざわざ発見を探して歩く毎日に、すりかわっていたりしますから。

言葉と心の関係性は、ほんとにおもしろいなーと思います。
最初は意識してだとしても、そのうち、意外と早いタイミングで、自分の使う言葉がすっかり変わります。
そうすると、起こる現実も変わってきます。

世間では、言葉一つで、誤解を受けて炎上したり、逮捕されたり、またはそれを悪用して言葉の一部だけを切り取られて報道されたり、という事があると思います。
悪意についてはともかく、自分の言葉を、相手に合わせるとか媚びるという意味ではなく、どう的確に表現していくかという事についても、ざっくりではなく丁寧に丁寧に見ていきたいなと思っています。
たぶんそこが、皆さまが望んでいる事や在り方に直結し、まったく違った結果になってくるはずだと思うので。


■ HP
■ お問い合わせは こちら からお願いします。

[PR]
by 4cubes | 2016-11-03 12:59 | 潜在意識 | Comments(0)

心の取扱説明書である数秘と、心の仕組みを知って、ほんとうの自分を生きたいと思う人の、心のお手伝いをしています。


by のりこ