お金じゃなかった

今日は個人的な事ですが。個人的な事ゆえ、口語的な文章になっております。

今更感もありますが、私の心からの望みは、実はお金じゃなかったのです。
で、これを、今日の今日まで、本当には認められなかったんです。

もうずっと昔から、数秘でも他でも何でも「あなたはお金じゃない」って言われてきました。
確かにそんな気もしていたし、かといってそうずっと言われてたにもかかわらず全然ピンときていなくて「まぁ、そうかもしれないけど、どっちでもいいや」と思っていました。大したことじゃないと思っていたんです。
だって、お金だと言われようがお金じゃないと言われようが、事実、お金は誰にだって必要ですよね。
あって困りませんよね?
いくらあっても邪魔になりませんよね?
世界中、旅もしてみたいし、ホテルのラウンジだって、美しいバッグだって、好きですし。
ビジネスもやっているわけだから、利益を追求している事も確かだよね。
だから、いくら言われても「お金じゃない」と断言までされる、その意味がわかりませんでした。
そもそもこの物質世界に生きていて、お金じゃないなんてある???

でも「お金がたくさんあったら何をしたい?」という問いに、明確に答えられなかったことがあり、そこではじめて自分に疑いを持ったんです。
そりゃあ住んでみたい家もあるし、素敵な物件見て心が躍る時もあるし、旅行もあれもこれも…うん、でも。

でも。もし家が欲しかったとしたら、お金がなかったとしてもおそらく買ってたよね、私の性格なら。買って、手にした家で幸せな暮らしをしながらローン払ってたはず。
ローン組めなかったら、どうしたら組めるかという発想になってたし、本気でほしいならなんとしても取りに行っていたと思う。
海外旅行だって、したかったらもうとっくに行ってるよね。
100万だろうが、欲しいものあったら買ってた。
本当にほしいものは、お金があるから買うんじゃなくて、欲しいから買うんだよね。
お金がないなら、お金貯めて買うよね。

でも実際はそこまでやるようなほしいものはなくて。どう考えてもなくて。
本当にしたい事って、週に5日くらいは素朴なごはんを家で食べて、出歩くことが少なくて、時々パートナーと街歩きして、それくらい。
隠居したいわけじゃなくて仕事は別。でも仕事も毎日出かけるんじゃなくて、家でマイペースでしたい、そんなところ。
毎日誰かと優雅にアフタヌーンしたり、旅行したり、買い物したり、パーティーとか、できない!全っ然、望んでないわ。
海外の旅もしたいけどそこでもリゾートとかじゃなくて街歩きだし、中期間くらいで国内を車でまわりたいとかもあるけど、お金持ちじゃなくてもできる感じ。
いや、でも、たくさんのお金があったらできる事も確かにあるし、実際したい事もあるじゃん。あるよね。けども。
実は、よーく考えるとそれも「お金があれば」したい、だった。
だって、今、そのために死に物狂いで何とか実現しようと動いていないから。
今じゃなくて良いものは、少なくとも今は、本当に手に入れたいものじゃないという事です。

つまりどういう事だったかというと、認めたくなかった本音なんだけど、私の望みって実に小さい。(望みの大小はないと言われてもね!)
ショックなのですが、本当の望みが地味すぎるんです。(自分でそう感じるの)
この世界にせっかく生きているなら、どうせならもっと華やかな大きな夢を持つべきって、どこかで考えていたらしいのです、私は。
その方が、人生を有意義に生きている気がするというかね。
大きな夢を持ちたいがために、望みを便利な「お金」ってことにしていただけでした。がーん。

それと、私はどこかで「お金という望み」を手放したら、貧乏になるんじゃないかという不安があったんです。
そう、仮に望みがお金じゃないからといって、貧乏になりたいわけでもないのよねー。
今うちに、外に出かけられる洋服が、ワンピース1枚とカーデガン。セーターとスカート、あとコートくらいしかなくて。
でも、それで済むなら全然それで良いと思っているんです。よくよく考えればたくさんほしいというのもない。
講座やセッションでいつも同じの着ていたらあれかなーとか思ったけど「1枚を大事に着ています」って言えばいいわと思って。
というか、講座をする時に躊躇した唯一の理由が「洋服を数枚、買わなくちゃいけないから」という。
出費を恐れたんじゃなくて洋服を増やしたくないってことだったんです。書いていて意味わかりません。でも本音。
そして別に買わなくても良いし。

ビジネスは好きで、利益を上げたいと思う事も確かなのですが、それは成果がわかりやすいからであり、ビジネスの先にしたい社会貢献にお金が必要だと考えていたからなのですが、そこも、どこか心の奥の方で「お金の問題じゃないかも」と思った気がする。というか、お金があったらそれができるのか?と考えた時に、漠然とですが、お金と結びつくイメージがなかったんですよね。
具体的な方法がわからないから、でもお金があったら大抵の事はできるんじゃないか、という雑な発想だったと思われます。
だから、ビジネスで売り上げを上げてお金持ちになりたいわけでもなかったし、お金を使って何かをしたいわけでもありませんでした。ビジネスを通して叶えたい夢は明確にあるのですが、それは「お金を使って」じゃなくても良いわけです。うん、ほんとそうだわ。

ビジネスは、好き。
自分が人の暮らしのために提供できる価値を生み、人と共有できるその関係性が純粋に好き。
お金を介するのは、ちょうど良い距離と公平性がほしいから。
お金が介在するのは、そこの部分だけでした。

そうすると、他にも見えてきました。
それは「お金が目的では一歩も動けない自分」

あぁ、ごまかしがきかない潜在意識。
実感はまだ薄いのですが、どうやらそのようです。いや、そうだと思う。
納得できない仕事、もしくは好きな仕事でないなら、私の潜在意識は躊躇なく貧乏を選ぶっていう意味ですよ。こわっ。
絶対に好きな事でしか、働けない体。えーん。潰しがきかないけど、潰しをそもそも望んでいないらしいですわ。

ちなみに私と数字が真逆の友人は「お金じゃなかったら、一歩も動けない」でした。ほんと真逆。
彼女とはいつもメッセージでやり取りしていますが、全部が綺麗に逆なので、それを通して私自身の事がクリアに見えるのです。
彼女は「今までお金じゃない事にしてたけど、お金だった」だし、私は「今までお金にしてたけど、実はお金じゃなかった」だった。
それも投影だから、同じようなタイミングで気づいてしまうわけです。
あ、これ、逆のように見えて本質は同じ事です。

で、いまさらですが、数秘で私の望みは、明らかにお金じゃない。見ればわかる、誰よりもわかっているはずなのに(笑)
頑固にお金ってことにしておきたくて、潜在意識に蓋しちゃうのですよ。
というか、顕在意識がね、これまた頭が良くて、どうにか理由を作り出して「お金」にしてしまうわけです。
LP4だから、安定好きだし、お金があったら困らないよねー、お金好きだよねー、お金ほしいよねーって。
無意識に思い込もうとしていたんです。

さて、ここからが大事です。
本当の望みを曖昧にしないではっきりさせることがなぜ大事なのか、です。

自分の本当の望みを曖昧にしている場合、願いを放っていない事になるんです。
私の場合は「お金」だと思い込んでいたので、それを放ってたつもりだったけれど(お金というよりはお金を通して叶えたい夢に伴うワクワクの感情)放つものがずれているので叶わないんです。(厳密には、全くかなわないという事はないけれど、なんか違う感じというか。特に困った事にはならないけれど、夢とは繋がらなかったりする)
そして、隠された本当の望みも「なかったことにしている」ので感情も放っていないから叶わないし。

という事になるんです。
つまり、自分の性質をうまく生かせていないというか、いい感じに循環していないというか、どこかに滞りを感じたり、何となく違和感があったり、というようなことが起きてしまうわけです。で、そのまま現実化してしまっているわけですね。
でも本当の望みを理解して正確に放てば、そのために必要なものが、お金も含めて引き寄せられてくるわけだから、色んなものが一気につながってくる。

はずです(笑)

私の場合、そうはいっても基本的にとても幸せで、人間関係なんかはほぼ100%です。嫌いな人がいない。
普通に生活するくらいは経済的にもできている。だからこそ、微細なところに気づいてクリアにしていく段階ではあるものの、またこれがなかなか微細なので、丁寧に自分を見つめていかないとわかりにくくなっているわけです。そして自分で自分を見ているからわかりにくいし、アドバイス貰っても失敗脳で都合良く変換するから、ちゃんと気づけていないのです。あれだけヒント貰っているのに!
私は、漠然とお金と仕事にどこか違和感があったし、そこが課題でした。
原理原則はお金でも人間でも仕事でも同じなのに、人間関係だけうまくいくというのも、変だ変だと思っていたところではありました。
全部が繋がらないと変なのにー。

やっと気づけて良かった。
さてここからどうなるかはあれですが、明日からまた新しい自分になることでしょう。

おやすみなさい。


■ HP
■ お問い合わせは こちら からお願いします。

[PR]
Commented at 2016-11-07 07:29 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2016-11-07 07:37 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2016-11-07 07:41 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 4cubes at 2016-11-07 08:12
>非公開者様

いつもありがとうございます。
私もそうでしたよ。
「お金さえあったら」
これ、多くの方がそうだと思いますし、最初はそこからで良いと思うんです。

「一度きりの人生が満たされるように自分で自分の人生を変えてあげないでどうすんの⁉︎」
いい望みですね。それくらい強い想いは叶いますよ。
今は「失敗脳」で考えているから叶わないような気がするだけです。
今は絶対にそう思えないでしょう?不思議でしたよ私も。
叶ったらやっとそこで、仕組みが「そういうことか!」と見えてくるんです。
だから疑いながらも、それでうまくいっている人の事を真似てみること。自分のやり方で今の現実が「これじゃない」と思うなら、違う方法を取り入れるしかないんです。でも自分の考えに固執していても失敗脳(←これもきつく聞こえるかもしれないけれど、聞き触りの良い言葉で曖昧にしようと思っていないので)前提だから、変わらない。じゃあ信頼できる人のやる事を真似てみましょうという話です。別にそれが私じゃなくても全然良いんです。
私のスピードについていけないのは当たり前です。読んでくださる方の少し前を行かないと参考にならないでしょう?単なる日記ブログを書くつもりはないのです。

「あなたの思う事があなたにとっての正解」
うんうん、私もこの言葉、最初は引っかかりましたよ。
でもそれは、私は、こんな嫌な現実を「自分が」望んだなんて思いたくなかったから。自分に向き合う事から逃げていたからでした。
今もそう好きでもない言葉ですが、自分に向き合う時にあえて思い出すようにしています。
「こんな思い二度としたくない!」という想いは現実を変えてくれるので。
Commented by 4cubes at 2016-11-07 08:24
> 非公開者様

花粉症については、お伝えしても良いですよ。私は医者ではないですから、ここでは書けませんがメールをくださればお返事します。

私も受験、向き合っていますよ。
(非公開者様フィルターでは逃げているように見えたかもしれないのですが)
向き合っているからこそ自分の正直な感情が出てきて、まずはそこを処理して、そうしたら受験が楽しい!まではいかなくても、嫌なものではなくなりました。
親自身の心の在り方が受験に関係あるのか?と思われるかもしれませんね。
関係あります。
少なくとも私にはとても大きく関係あります。
学校さえ決まれば良いっていうものではないからです。

お子さんは、非公開者様が幸せでいてほしいと思っていると思うので、お子さん自身の受験も大事だけど、非公開者様自身の幸せ、今の望みを叶えてほしいと思っていると思います。
言葉にはしなくても、そして明確な言葉にならなくても。
そしてお子さんが非公開者様を見て苦しそうだと「大人って大変なんだな」を学ぶんです。目の前の人が苦しいと、自分にもそれが投影します。自分の未来にも希望を持ちにくくなる。受験も大事ですが、見えにくいところの大事も沢山ある気もします。

ちなみにお金(貨幣制度)も仕事も教育も、もうすぐある意味で崩壊しますので(もちろんその後に創造があります)今の価値観を握りしめていなくっても大丈夫です。
Commented by 4cubes at 2016-11-07 08:33
> 非公開者様

まだかなり余裕があるので、ご自身の気持ちに、正直な気持ちに向き合って、感情を感じ切ってから受験に取りかかると良いと思います。

このブログを読むことも、ある意味きついかと思うのですが、それを超えて読んでくださっているので、心の奥に強い想い、叶えたい望みがあるのがよくわかります。
このブログを読んでくださって、人生が大きく変わってきたというお話、いくつも聞いています。やってみたらそうだったって。
ブログに書いてある「望みを叶える方法」どれかお試しになりました?紹介している本はお読みになりましたか?読むだけでは変わらないから(自分の今の脳で解釈するから)やっぱりやってみることをおすすめします。

いつもありがとうございます。
Commented at 2016-11-07 15:27 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 4cubes at 2016-11-07 20:27
> 非公開者様

お送りしました!
by 4cubes | 2016-11-06 23:29 | 潜在意識 | Comments(8)

心の取扱説明書である数秘と、心の仕組みを知って、ほんとうの自分を生きたいと思う人の、心のお手伝いをしています。


by のりこ