大好きな人と仲良くする方法

メリークリスマス!

私は、今日は1日ベッドの中でゴロゴロしていましたし、息子は冬期講習 → 友達へのクリスマスプレゼント購入 → 夜はバドミントン練習に体育館へ、といった感じで全く家におらず、クリスマスらしい事が皆無!
ではありますが、私も息子もそういうことをあまり気にしないのです。

今日はクリスマスイブなので、大好きな人と仲良くする秘訣について書きました。

私は今のパートナーに片思いしていた頃、本当に本当に大好きな人だから、どんな結果になっても「良い恋をしてよかった」と思えるようにしようと決めました。1mmたりとも「やっちゃった」みたいなことはするまいと心底誓いました。
その恋は、もう本当に本当に、私にとって大切な宝物で。
別に貢いだり、何かしてあげたり、尽くしたりしていたわけではないのですが、何をしていたかというと、自分の中にちょっとでも「良く思われたい」とか「振り向いてほしい」というエゴがある時は、メールしない、返事しない(つまりこっちから念を飛ばさない)を徹底していました。エゴそのものがなかったわけではなくて、エゴを自覚している時は、アクションを起こさなかったんです。
1mmだって、試すようなことや、何かを聞き出そうとしたりしない。
何かプレゼントしたい時は、見返りはこれっぽっちも求めず、ただ自分がそうしたいからできる時だけしました。
これを、いつもいつも自分に確かめていました。
大切な人を、自分のエゴでこれっぽっちも汚したくないというかね。
我慢していたのではなくて、その素晴らしい人を好きになった自分を大事にしたかったんです。
告白の時も、相当時間がかかりましたが、告白しながら途中「ぎゃー振られたらどうしよう、こわい〜」っていうのも出てきましたよ。そういう時は告白中断(笑)落ち着いて、ただただ相手が好きで、自分が気持ちを伝えたい、というところに戻ったら再開。
はたからみたら変だと思うけど、とにかくブレずにやりました。
おつきあいがスタートして1年半程になりますが、今も同じです。相手がどうのではなくて、自分が、自分史上最高の恋をしたいんです。
余談ですが恋が成熟したら、私は何度も好きだと思われていることを確認しなくても良いタイプで、極端な話、最初の1回でOKなんです。相手が1回好きだと言ってくれたら、その後もそれを疑うことはないのです。何かを疑うと、ベースにするものを見失ってしまいます。「信じる」が大前提でないと、物事はどの方向にも行けない。相手が自分を好きでなくなる日はくるかもしれませんが、それは相手の都合であってこっちの問題ではないんです。そりゃあ悲しいことがあれば号泣もするでしょうが、それはそれで今考えてもしょうがないし、結局それで自分の価値が下がるわけでもないですし。S1っていうのもあるのでしょうね。
1の性質の男性は何度も好きだと女性に言わないと思いますが、それは「1回言えばわかる(と思っている)」からです。本人は決して嘘はつかないし、一度言えば好きになったり嫌いになったりしないんです。だから1回でいいわけです。

さてこの「感情的にならずに待つ」は、腑に落ちたら感情に振り回されず、コツコツとやり遂げるLP4&D7得意分野かもしれません。
感情ベースの数字を持つタイプの人は、考えるより先に感情が噴き出す場合があります。
まず、その感情を出すという行為そのものではなく、その時の意識が相手をコントロールしようとしているかどうか、がポイントです。
話す時は「どうして手伝ってくれないの」だとしたら「私は手伝ってほしい!」であり主語を「私は」という言い方にします。
つまり、自分の本音、自分の気持ちを伝えるんです。
みんな、相手の気持ちを受け止めたいと思うけれど、コントロールはされたくないんです。(どんな性質の人もそうだと思いますが)
感情に乗せるのがどんな意識であるか、どんな想いを放っているのか、言いたいことは同じでも、受け止める方の気持ちが全くちがいます。

ラインやメールなら、いくら感情が先にきても、待つことが可能です。
落ち着いて、自分の心の状態が良くなったら返事をするように心がける。
ひとつひとつ、自分の気持ち、自分がこうありたいという気持ちを大事にしてください。相手が誰でも、それを大事にするということは、自分を大事にしていることに他ならないので。

アクションを起こす時の、自分の心の状態が、結果を作ります。
大切な家族やパートナー、友人との関係性を作ります。

素敵なクリスマスを。


■ HP
■ お問い合わせは こちら からお願いします。

[PR]
by 4cubes | 2016-12-24 21:39 | 潜在意識 | Comments(0)

成績が悪い・勉強好きじゃない、そんな子とお母さんの本物の幸せを、こころのテクニック・潜在数秘術・不安を取る技術で助けます。


by のりこ
画像一覧