嫌われても良い

私は普段、人から、嫌われても良いし好かれても良いと思っているので、実際のところ嫌われていると感じる事象がありません。
正確には、嫌われているのかもしれないけれど、自分には見えないです。

昔は、嫌われるのが怖かったです。
もう12年くらい前ですが、2ちゃんねるで叩かれた時なんて、知らない人からも嫌われるし(顔が見えない別の怖さがありました)電話もかかってきて直接色々言われたし、匿名の鬱憤ばらしのようなメールも沢山きました。(しかも足がつかないようにその時限りのフリーメール取得して(←メールアドレスがうちのお店を揶揄する単語でできていたので))便乗して、意味のわからない文句メールも多かった。
今思えば「ご苦労さんです」という感じだし、そんな方こそセッションをお薦めするところですが。
それも私が選択した世界なのですが、そもそも商売していたくせに売れるのが怖くて(目立つとその分嫌う人も増えるという前提)その怖さを証明するように、怖いほど売れていた時期がありました。
嫌われないようにすればするほど、嫌われることを証明するわけです。

2ちゃんねる以降、私はそのあたりが変わったのかもしれないと思っています。
(叩かれて恐怖の中にいながらもどこかで「この経験は糧になる」という確信があったので。だからどん底でもお店をやめませんでした。)
あれ、私、そもそも万人に好かれるほど完璧なんかじゃないじゃん、という自覚が見えたときから変わりました。
これだけ皆それぞれ性質が違っている以上、誰かには嫌われているだろうな、ということは生きていく上での大前提です。
そこがわかると、好かれようとすることそのものがナンセンスですから、どうでも良くなるし、意識が向かなくなりますよね。

なんか今、あの時の2ちゃんねるに改めて感謝しています。
心臓に悪いからあれから一切見ていませんが、私は結局「嫌われる勇気」という、完璧でとてつもなく大きなギフトを得たんです。
私は、ちゃんと受け取れたんだと、今なら思えます。
アドラーの「問題と思える事は全て人間関係に集約される」というこの真理を知り、その後、全ての事柄に活かせているから。怖いものがなくなり、自分をより信じられるようになり、家族、友人、仲間、パートナーとの良好な関係を作っていることは間違いないです。

それとは別に私は、私にとって嫌いだと思えるような人も存在するけれど、そこから学ぶことがあると思えば会いに行きます。好きな人のところだけ行くというのはなくて。
もちろん「会ってみたい!ワクワクする!」というのも大事なのですが、自分の価値観に合う人のところだけに行っても、基本的には失敗脳でセレクトしているわけですから、学びとしては想定内で終わっちゃうのだろうとも思うわけで。
私は、自分の可能性を、自分で思う以上に広げたいから、わざわざ「自分に合わない」もセレクトします。自分に負荷をかけます。
身近なところでいうと、なんか鼻につくなー、なんて感じちゃう人の本も読みます。好かん人がオススメしている本も読みます。そういう本こそ定価で買います。なんでこんなに好かんのに気になるのか、その正体を真っ向から知りたいからです。(古本で買うと、安く買ったから内容も薄く感じるとか、変な価値観が入る可能性があるので。そしてそれを含め、実験精度を上げるためにすべての本を、定価で買っています。絶版本など定価で手に入らない時は別として)

そうすると、好きとか嫌いとかどうでも良くなるし、好かれても嫌われても、なんかもう自分の問題じゃなくなってくるなーと思って。その人がどんな前提で、私のことを嫌いだったり好きだったりするのかはこちらからは見えないし、見えたところで私には関係なかったりして。
というか、好きも嫌いもどっちにも飛び込めば、好きも嫌いもどっちも怖くなくなり、どっちも好きになる。陰陽極まるというのかな、統合される。つまり好きと嫌いは表現の違いであって、本質は同じことであるんです。

「あなたはそのままで価値がある」

こう書くと「よくわかりません」「そう思えません」と言われることが多いです。
そりゃ、正確に測る基準なんてないものなので、わからなくて当然です。
だから「価値がある事にしておく」もしくは「価値なんてあってもなくても良い。そもそも正確に客観的に測れるものでもないんだから」と思うことが大事なのです。
自分に価値があるのかないのか、どっちにしてもそれは単なる思い込みでしかなくて。
その思い込みを上げる事が「セルフイメージを上げる」であり、概念はあっても実体はないのです。要は自分でそう思えるかどうかだけ。
感じられるかどうかだけ。理屈ではないのです。

そう、私も自分で自分の価値があるかなんてわかりません。でもどっちだって良いって思っています。どっちかに決めたところで単なる主観だし、実際の自分自身が変わるわけじゃないし、一番マイナスなのは、それを一生懸命考えるふりして、そこに立ち止まったままでいることなのです。
何も変化しないから!

実際に人に「嫌いだ」と言われたりしたら、私だって当然落ち込みます。
ただそれは「悲しいと感じる」だけです。
できれば好かれたいじゃないですか。でも相手がそう思うのは、自然にそう思ったのだろうからどうしようもないし、相手にとってはそれが真実。
ただ、聞かされて私は悲しくなった。
それだけの事です。
自分の価値がそれで下がるとも思えないし、嫌われることを正当化する必要もない。ただそういう事実があったというだけのことです。

身近な人が亡くなったら悲しいですよね。でもそれで自分の価値が下がるわけではないというか、下がったなんて思わないですよね。
同じにするなと思いますか?
でも、起こることは起こるんです。
人が死ぬのも、人に嫌われるのも、起こることは起こる。
起こった事に対して自分がどう感じるか、それだけのことなんです。
喜怒哀楽を感じながら人生を生きるようになっているのだから「悲しい」を避けて通ることはできません。悲しいを感じる事が人間らしいことだから。
だから悲しいときには悲しめば良いだけなのです。
でもそれに「だから自分には価値がない」とか「あの人は人でなしだ」という価値観をくっつける事で、不幸が生まれるのです。自分の価値を下げることや、悪人を作るという前提ができて、今度はその前提で物事が進んでしまうからです。

確かに数秘でもセルフイメージが低い数字の組み合わせとか、あります。
でもそれは「心のクセ」であって、その人がそう思い込み「やすい」というだけの話ですから、性質で何かが決まってしまうというわけではありません。性質というのは、世界のどの側面をどのように見ているのか、その視点の差にすぎないのです。
それを仮に「あの人だからできる」などと条件をつけてしまう事は、その時点で「自分にはできない」と決めているということでもあります。
性質だけだったら何も決まらないのに、わざわざ自分でそう決めてしまっているのですから、怖くないですか?

つまり、本当に本当に、自分の意識で理想の未来は作れる。色々な心の癖があるけれど、単なる癖だから、できる人とできない人がいるわけじゃないんです。
全員できる。
できないというならば、できないわけじゃなくて、できないにしたいって自分で決めているんです。
ただ、気づきの速さなどで時間差はありますけれど、それだけの事です。

私がこの人は、と思うカウンセラーや講師の方はたいてい、何年も何年も学んだり、数千冊も本を読んだり、どん底の時があってそこから自分の幸せを諦めずにきた人ばかりです。
もともと原理原則を呼吸するように理解して生きている私のパートナーのようなタイプは生まれたときからそれが普通なので、当たり前すぎて人に伝えるという発想すら生まれないし、幸せを感じられなくて辛い経験をした事がないので(もちろん人並みに悩みや葛藤はあるにしても)ビフォーアフターがないから、変化していく過程がわからないと思われます。
だから、できている人でそれを言葉にできる人はみんな、どこかで苦労したりひたむきに頑張ってきた経緯があるはずです。で、能力は関係ないので、つまり誰もがそこに到達できるはずなのですね。

今の自分の過程も、なんだって味わって楽しむ事ができるこの世界は愛ですね。

あるのかないのかわかりませんが、お金のブロックを外すワークをやってみました。
そうしたら「収入を大きく得ると心臓に悪い」というのが出てきました。
あははー、こりゃLP4ですね。安定で落ち着いているのが好きだから。
ということで今日は「心臓に悪い」を、邪魔なので外します。
このワーク、やりたい人は今度一緒にやりましょう。

●1月の講座等、たくさんの告知をしています。こちら から

お申し込み、ありがとうございます。
今日中には、詳細をお送りできると思いますので少しお待ちください。
先日「いつ辞めるかわからない」みたいな事を書いたのでそれを合わせてなのか「辞める予定があるなら申し込みたい」とか「辞める可能性があるなら行った方が良いですか?」といったメールが多いです。そもそもその質問が損得勘定です。人の事情に委ねず、自分が行きたいのか行きたくないのかで決めないと、ご自分のものになりません。

嘘つかず正直に書きますが「今ここ」で生きておりますから、正直私にもわかりません。極端な話、告知して申し込みがある今があっても、今日辞めるかもしれないし。
何れにしても、自分に降りて来たものに正直になることだけは「肚から」決めたのです。(昨日そういう、もう逃げられませんという現実的なお告げがあってさらに肚くくりました。逃げようとしてた自分の首の後ろつかまえられて降参させられました。面白かった!)その時その時の、一瞬一瞬の自分の感度を上げてキャッチして、それに合った行動をしていきます。

■ HP
■ お問い合わせは こちら からお願いします。

[PR]
by 4cubes | 2017-01-09 10:48 | 潜在意識 | Comments(0)

心の取扱説明書である数秘と、心の仕組みを知って、ほんとうの自分を生きたいと思う人の、心のお手伝いをしています。


by のりこ