イティハーサ

1986年より「ぶ~け」で連載されていた漫画。
潜在数秘術関連の人の間で話に上っていたので、全巻購入して読んでみました。

只者じゃないですねー!
一次元の世界を説いています。
ジャッジのない世界。
これを読むと「変質」する可能性があるとも書かれていますが、確かにそんな感じです。
まるっと影響されて、変な感じです。

「アマテラス」もそうですが、宇宙の原理原則は同じなんだなー。
誰もが同じことを言うし、間違いようもないんです、信じるも信じないも、仕組みはもうそれ以外にないのだから。
運命も同じです。
自分の意志で変えられるのは、人生の「質」のみです。
大枠で、私は大阪で生まれ、早くに父を亡くし、学校を出て東京に出てきて、結婚し、子どもを産み、離婚し、くらいのことは、もしかしたらもともと決まっていたかもしれない。
あるいはもう少し抽象的で、全体的に家族との縁はそれほど強くなく、1人で生きる的な要素を持つ、みたいな。
男性脳寄りで、感情薄めで、断捨離体質で、みたいな基本的性質も。
けれども、自分の世界に何を映し出すのかは、自分で決められる。(決める)
自分が信じるものが、映し出される。(現実化)
そうやって人は、人生を彩り豊かに楽しんでいる。
その景色が嫌なら、いつでも変えられる。自分の意志だけでその瞬間から、見たいものを選んで見ることができる。

ただただ、そういう事だと思うのです。
それも、古くから誰かが知っていて、いつの時代も伝えられてきた。
もうすでに、あった。
でも長く、世界は見える物だけでできているとされてきた。その方が都合の良い何かがあったから。
真理は、見えないところにこそ、わかりにくく在るのに。
それをやっと、私たちも少しずつ知ることができるようになったのかもしれません。

イティハーサ、読み込んでみよう。
私はいつも1回目はさらーっと読んで結論まで知って、あとから行間を埋める読み方をします。
ストーリーを追うモード、深く読み込むモードが、両立できません。
寄り道下手ですし、音楽聴きながら勉強などもできないし、常に1つに集中です。
時間を複線で使いたいと思ってこれまでも色々やってみたけれど、音楽聴きながら勉強とか、学生の頃はお洒落だと思ってやってみたけれど、できませんでしたね。二兎追うものは一兎をも得ず、でした。
友達が昨日「頭がヒマになる」(頭がヒマなので、動画見たりしながら作業するし、できる)という、私には謎の言葉を発していましたが、そういう性質の数字ですし、私は私で、同時進行ができない数字です。


●今日の講座、参加者の方へ。
私の名前で席を予約しておりますので、そのままお越しくださいね。




■ HP
■ お問い合わせは こちら からお願いします。

[PR]
by 4cubes | 2017-01-31 00:34 | 潜在意識 | Comments(0)

心の取扱説明書である数秘と、心の仕組みを知って、ほんとうの自分を生きたいと思う人の、心のお手伝いをしています。


by のりこ