私の断捨離3

あれから片づけたもの

●物置き
古い生地
毛布類は、生地で風呂敷を作ってそこに包むのですが、生地が地味だと気分が下がることがわかったので、明るい柄物の生地で作り直しました。

●引き出しを細かく整理して、小引き出し1つ処分
●仮置きに便利だった、年代物のワゴン処分(市のリサイクル)
●衣類ゴミ袋1袋分(市のリサイクル)
●資料用に購入した古い型紙処分
●自分やお店が出ている掲載誌処分
●ジョウロ処分
●使わない棚板処分

今日は我が家で家飲みなのに、大量のゴミ袋をどこに置いておこうかと思案中です。

断捨離をしている途中から物事が動き出しています。
だから面白くて、ますます断捨離が進みます。
断捨離の途中なのに、潜在意識を使ったダイエット法も(よく「好きなものだけ食べてれば痩せる」という話はあって、言われなくてもいつも好きなものを食べている私は、その割にはこれっぽっちも痩せなかったのですが、いきなり腑に落ちたので自分でワークを作って)スタートしてみましたが、ちょっとこれ面白いです。楽だし、お腹空かない(食べたいという欲求が少ない)し。それでいて好きなものを好きな時間に好きな量、食べています。

断捨離をすると入ってくるのは、情報やアイデア、お金、人脈、などなど、自分の今の状況に風穴を開けてくれるものだったり、潜在意識が必要としているもの、ほしいものだったりします。

私はLP4、D7、S1で断捨離体質ですが、息子はLP7、D4、S22で、部屋が恐ろしく汚いです。
数字、似てるのに!
と思いますが、息子はS22だから、物語のあるものが捨てられない。(すぐ「これは思い出だから」と言う)さらにLP7は必ずしもきれい好きというわけじゃなくて(掃除に時間をかけるのが無駄らしい)D4でスローなのでなかなか。B1だから正直ですね。
私は掃除や片づけが得意というわけじゃないのですが、B9がどうにもめんどくさがりで、そのためにLP4とD7が断捨離するようです。できるだけ管理が楽で無駄がないように。
S1は過去にこだわらないので、処分しても平気。何を処分したかさえ忘れます。

と、断捨離とか整理を数字で見ていくと非常に面白いです。
断捨離する時に、何を基準にするかもわかるので、迷わない。
迷うのは、損得で考えるからだと思います。

家族にも断捨離してほしい、片づけしてほしいと思いますよね。
息子の部屋が魔窟で、そこを通ってベランダに出るので見ないというわけにもいかないし、うわぁ…とは思いますが、たまに何かやらかして私にひどく怒られたり、何か交渉ごとがあるときはいそいそと片づけるので。
そのうち大事なものでもなくせば、学ぶかと。
LP7、勝手に触られるのを嫌うので「ない!ない!」と部屋から聞こえてくるときがあるけれど「手伝わないで!」とも言われます。ウケる。

整理収納も、まずは自分から。
自分がやるべき気になるところを放っておくと、他人の気になるところを見つけます。自分が片づけていないと(あるいは頑張って片づけると)人が片づけてないのが気になる。
自分のところを自分にとって快適にしていると、人が散らかすのは気にならなくなります。
だって、自分、快適ですから。
そうすると息子、私の部屋で過ごそうとします。
全く同じベッド使っているのに、こっちで寝ようとするし。
どうすれば自分の気分が良くなるかは、子どもはちゃんとわかってる。
ただ、収納って学ぶ機会がないから、下手なだけなんだと思う。

昔は「ものが少なければ自動的に片づくよ」と私流の伝え方をしていたけれど、少なくできないS22にゃ伝わらないわけです。
今度、収納について息子と話してみよう。


■ HP
■ お問い合わせは こちら からお願いします。

[PR]
by 4cubes | 2017-06-03 13:03 | 潜在意識 | Comments(0)

成績が悪い・勉強好きじゃない、そんな子とお母さんの本物の幸せを、こころのテクニック・潜在数秘術・不安を取る技術で助けます。


by のりこ
画像一覧