断捨離4

衣類を整理していると、主要アイテムが5〜6枚になったので、5枚ずつに統一してみました。ちなみにオールシーズン着られるような素材のものが多いので、基本これで全てです。中に重ねたりしながら体温調節する感じ。

●ワンピース5
●ブラウス5
●スカート5
●カーデガン5

あとパーカー1枚、コート数枚(←まだ断捨離していない)冠婚葬祭用、部屋着、ストール。
減らすことが目的ではないけれど、ストイックに見ているともう少しいけそう。

高かったとか、まだ新しいとか、コーディネイトに使えるとか、そういう事全てに左右されず、本当に好きかどうかだけで衣類を減らし、処分した衣類の共通点、残った衣類の共通点を見ると、今の自分の本当に大切な基準が見えるから、これから買うもの、作るもの、型紙屋でデザインするもの、がすこーんと見えてくる。
あくまで「今の」だから、定期的に見直すことは必要だと思う。

今のところ、見えるところがかなり減ったし、気持ちもスッキリしたけれど、まだ半分以下とまではいかず。
物理的な量だけでなく、実はここからが大切で、気分良い+多少の負荷をかける(今までの自分と違うことをする)ことで、これから起こる事が全然違ってくる事がわかっているから、ここからさらに気持ち良く減らします。

●冷蔵庫の中(主に調味料類)
●シンクの上下の物入れの中(道具類の断捨離)
●洗面台の下(不要なストックや使わないものの見直し)
●CDを半分に

子どもの作品(我が家はもう全部本人任せですが)を、よく写真に撮って処分、というのがありますし、私も以前そうしていた時期があったけれども、視覚的にはもちろん有効ですが、断捨離からの気づき、という点で言えば、そのまま残すのもデジタルデータにするのも、同じです。
形が違うだけ。
ただそこに「デジタルにしたことでごまかした気がするのか」「デジタルデータの方が自分にしっくりくるのか」を確認するのが大事だと思います。
その上でデジタルデータも大事な断捨離ポイント。

ダイエット実験は面白いことがわかってきて。
息子が、あまり食べないのにどうしてハードな部活で体が動くのか、どういう食べ方をしているのか、脳とカロリーの関係性、数値や見える量、常識からは絶対に見えない、心の仕組みから見える事が見えてきました。
数値的には私、今が一番最大値!(体重を明らかに見ましたよ!)
はい、実験するには絶好の体型です。
(このために太ったことにしておこう)
私、太っているのになんか、楽しい。

余談ですが、女性を見た目で判断する(つまり自分にもどこかで自信持てない、自信をつけなくてはと思っている)男性は、女性の少しの変動に気がつきやすいですが、自分を飾ろうとしない(飾ることに意味を持たない)男性は、女性の変動に、数値的には10kgくらいは変化があっても気がつかない(見た目で判断しないから、自ずとそこに目がいかない)みたいです。
でも鈍感というわけではなくて、好きな人の素敵なところを見るから、髪型を変えたりといった素敵な変化には、気がつくんですよね。


■ HP
■ お問い合わせは こちら からお願いします。

[PR]
by 4cubes | 2017-06-04 19:49 | 潜在意識 | Comments(0)

心の取扱説明書である数秘と、心の仕組みを知って、ほんとうの自分を生きたいと思う人の、心のお手伝いをしています。


by のりこ