雑記・息子の事

卒業まであと5日。関連行事でバタバタとしています。
そんな中、珍しく、息子と3時間くらい話していました。
(LP7は稀に、別人のようによく話すことがありますが、ここまで長く深い話をしたのは初めてかも)
数秘のことも潜在意識のことも、私は会話の中でさらっと(自分にとってそれが自然だから)話すけれど、彼にあえて伝えようとはしていません。
息子がこれまた、押しつけをかなり嫌う性質なので、むしろそこは意識して慎重に。
その彼が、受験を通して、また、まわりの子を見て感じた事に対して「これって潜在意識的にはこういう事?」と突然聞いてきました。
「よく知ってんね!」と感心したら「お母さんの普段話す言葉とかその意味とか、結構覚えてるから」と言っていました。
そしていつの間にか彼は「できない」「無理」「ウザ!」という言葉を使わなくなってきています。
その言葉は暗示をかけて、自分に返ってくることに気がついて、自分でやめると決めたのだそうです。
自分も含め、押しつけられない事で人は勝手に学びます。

「道具や礼儀を大事にしない人は、その競技に嫌われる」
これは彼が、顧問の先生からずっと言われてきた言葉。
「道具や礼儀を大事にする自分」を大事にする意味であり、プレイも大事にするから結果も変わっていくことになる。
1年生で出場した大きな大会で、1点すら取れたか?というほどコテンパンにやられた試合の相手がとても礼儀正しい上、試合終了時こんな弱い自分たちに「また戦いましょう」と言ってくれたことに感激し、その人たちの試合を積極的に追いかけるようになり、勝ち負けだけではない在り方を学んでいったそうです。
目の前にある世界から、愛を見るのか恐れを見るのか。彼は愛を見て、その愛は強さと無関係でないことを学びました。

本田晃一氏の「日本一の大投資家から教わった 人生でもっとも大切なこと」を読みました。
本田氏が、竹田製菓の竹田和平氏(2016年に亡くなられています)からおそわった在り方について書かれています。
食事に行って食べたいものが売り切れていたら竹田氏は店員さんに「おめでとう」と言うのだそうです。
自分が食べたいのにない、ではなく、相手にとって売り切れは満員御礼、だからめでたい。
自分なのか相手なのか関係なく「良いところ」にフォーカスする。
「人間的にできた人」と外からは見えがちなのだけれど、おそらくもっとシンプルに「ある」を見ているだけなんですよね。
潜在意識は主語を問わないので、誰のでもいいから「ある」を見て感じられたらそれは自分の事と同じになる。

息子の事、2年前まではまったく違う解釈で見ていました。
私の中で「部活は頑張っているけど勉強はしない、ゲーム好き、楽な方に流される、何を考えているかわからない、ちょっと癖のある、でも優しく、まぁよくいる男子」という感じでした。
ざっくりとそんな感じで、それ以上はよくわからなくても仕方ないものと思ってて、何となくこの時期を過ぎていくような、こういうものなのかなーという漠然とした、でもしっくりこないような、寂しいような感覚。
彼を深く理解できていない、でもしょうがない、こんなもんだ。
機嫌良いかと思ったら急に機嫌悪いときもある。
こんなもんだよね。うん、こんなもん。特に大きな問題もなくむしろありがたい。

でも、わずかな違和感。ほんとにそれで良い?

どこかのタイミングで、彼が大人になるまでの一緒にいられる時間を心から大事にしたいと思ったら、やっぱりこの変な感じはどうしても嫌で。
今ここからでもただただ息子を知ろうと「決めた」瞬間があり、そこから唯一無二の彼が、クリアに細部まで見えてきました。(この間、数秘に出会っていますが、数秘に出会ったから彼が見えたのではなくて、彼を見ると決めたから、そのツールとして数秘に出会っています)
全ての、問題と思っていたことは消滅しました。彼自身は何も変わらないのに、私から見える彼は大きく違うものになりました。

中学校時代の3年間は、大きかったなー。
子どもはシンプルにわかりやすく投影してくれるので、気づきやすいです。

幸せは、自分に見える世界を自分で変えるだけです。
お金も子育ても、仕事もすべて。

卒業関連行事で学校へ行くことが多くなって。
殆どの子は進路が決まったので皆さん、妙にお互いを褒め合う的な雰囲気になっていて「凄いねぇ!どこそこ高校ですって?」みたいなマウンテ… 穏やかな会話が行われていました。
我が家も「スポーツ推薦て凄いねー」などと言われていたのですが、自分の中でもう謙遜とか「いやいや」という空気を読むことが、消滅していました。そういう言葉がもうとっさに出てこない。「うん、頑張ったんだろうね」と自然に出ます。
これは数年前から考えると、相当な変化。

そういう行事そのものが疲れて苦手だったのに、自分が変われば疲れないものですね。
自分が自分を疲れさせてたんだなーと、今ならわかります。

■ HP
■ お問い合わせは こちら からお願いします。

[PR]
by 4cubes | 2017-03-11 12:45 | 潜在意識 | Comments(0)

成績が悪い・勉強好きじゃない、そんな子とお母さんの本物の幸せを、こころのテクニック・潜在数秘術・不安を取る技術で助けます。


by のりこ
画像一覧