生み出す、産み出す

クライアントさんへのアドバイスをしていて気がついた事、そのままじゃないけれど、そこから浮かんだ事を書いてみます。

「自信が持てないんです」
「自分のことを好きになれないんです」という方が多いのですが。

それはまぁそうかもしれない、その人がそう言うのだから、少なくともその人にとっては事実なんだと思います。
でもそこに何かしらの感情を感じます。
「(だからしょうがないんです)」という心の声が聞こえる時があります。

すごく雑に言ってしまうと、自信なんて手に持って目で確認できるものじゃないわけだから、自信が持てているか持てていないかというのは、確認しようがないものです。
ある意味「自信がある」というのも、思い込みで言っているだけなんです。
自分の脳を騙しているようなものなのです。
でもその、ただ、真に思い込むことで、いろんな能力が開花されたり、お金が増えたり、人間関係が良くなって人生が豊かになったら、おもしろくないですか?

だったら、できるかどうかは関係なく「やってみよう」と私は思ったし、幸せは自分次第で得られるんだという希望になりました。
そしてそれを子どもにも伝えることができたら「我が子に幸せになってほしい」という全世界の親の願いも、かんたんに叶ってしまうのです。
こんな素晴らしい仕組みがあるなんて、と、折に触れて私は感動して鳥肌が立つのですが。

それを、事実かどうかなんてわからないのに「自信がない」事にしてしまって諦めるのはもったいないなとついつい考えてしまう、非常におせっかいな部分も持ちつつですね。行動されているクライアント様の「幸せ」報告が何より嬉しい毎日です。
人の心って秒単位で動くから、自分が動けば現実が変わるのは本当に早い。

ちなみに私がどのようにして「自信を持っている」のかというと

「自信を持っているという立場を取っている」だけです。
私に自信があるのかないのかなんて感覚は主観でしかないから正直よくわからない、そんな不確かなものに関わっててもしょうがない。でもその立場を取る、という事なら感覚に頼らずともできる。「自信を持っている役柄」を心底なりきって演じる、に近いでしょうか、それを続けるだけです。

「自信がない」のと「自信があるを演じる」のとでは、同じだと思いますか?

自信がない(と自分で思い込んでいる)人は「自信がない人」という視点で世界を見ます。だから、自信をもっと持てなくなるような現実ばかりを無意識に選んで見てしまい、ますます自信をなくしていく。
自信があるなしに関わらず「自信がある人」という立場で振る舞うと、自信がある人の視点で世界を見ます。だから、自分が自信を持てるような現実を拾います。この事で、ますます自信をつけていく事になります。

「ある」を見るというのは、そういう事です。

さて、それを踏まえた上で、自分を好きになるってどうしたら良いかのヒントです。
(基本は自分が好きだという立場を取るだけなんだけど、そのきっかけを作るヒント)

女性は「生む(産む)」生き物です。
もちろん男性も生み出すものはありますが、ここでは細かいことは省きます。
まず自分が何を生んでいるか、という「ある」を見てみる。

●かわいい子ども(というのが一番にくる人も多いかと思いますが)
●毎日のご飯やお掃除や洗濯を通して、変わらない日常を生んでいたり
●仕事をしているなら、暮らしのためのお金も生んでいる。
●専業主婦なら、ゆっくりとお茶を飲む時間を生んでいたり
●暮らしから色々な事に気づいて、発見を生む

ここで「私より隣の人の方が高収入だから(私は大した事ない)」とか「主婦だから、毎日ご飯作るの当たり前」「お茶を飲むなんて自分が好きでやってるだけだし」というような価値観に自分からわざわざ縛られに行かず、あくまで自分だけ、ただ「生み出している」ものを、それに価値があるとかないとかの判断もつけずに、ただ淡々とその事実かを見るんです。

たくさん「ある」はずだから。

何を生むかは関係ないんです。
自分へ、家族へ、社会へ、も関係ないんです。(抽象度を上げると同じ事だから)
もうすでに女性は絶対に、生むという仕事をいつもしている。
それを「子どもを産むのが仕事」のように「何を」生むか(とその成果)にこだわるから、しかもそれが「見えるもの」にこだわるから「子ども」って事になってきたのですよね、で、それがこれまでの社会的な価値観からの苦しさを生んでいた、という側面があったけれど。

女性というだけで、もう役割を全うしている。
けれどもそれに気づかない、あるいはそこから目を逸らさせられるような社会や価値観がある。
だから、今からでも、見ることが大切だと思います。
絶対に生んでいるから。

これを知ると「自分を好きになれない」や「自分には価値がない」から抜けるきっかけができるかなと思って書いてみました。
注意すべき事は、「たくさん生む事が大事」とか「〜を生んでいるから価値がある」という事じゃないですよという事。生む事は価値とは関係がない、単なる事実。
すでにいろんなものを生み出していて、それだけでもう、価値のあるなしに拘らずとも、わかりやすい使命なんて探さなくても、生きている意味があり、全うもしている。ただそれだけのことだと私は思います。

その上で、やりたい事をやれば良いのだと思います。


■ HP
■ お問い合わせは こちら からお願いします。

[PR]
Commented by m at 2017-06-08 13:48 x
こんにちは。
以前書いて下さった、〇〇してもいいし、しなくてもいい、
というのに続いて、この考え方は分かりやすくて好きです。
いつも書いてしまいますが、
英語環境で自信を無くしそうな場面も多い毎日ですが、
なんとなく、自信があるように見える人って、
自信があるって自分に思い込ませてるのかなとうっすら思ってたんですよね。
「自身のある立場を取る」というのは、しっくりきます。
これからはわたしも意識的に、そういう立場を取ることにします。
ありがとうございます。

Commented by 4cubes at 2017-06-09 22:16
> mさん

それはありがとうございます。

あえて言葉にするなら「立場を取る」ですよね。
思考で思い込ませるというのはまたちょっと違うのですが、まぁそういうことですね♪

同じ事を言っても、どんな言葉で伝わるかはわからないですし人それぞれなので、やる気のあるうちは、語彙や表現を増やしていこうと思います。
Commented at 2017-06-20 12:36 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 4cubes at 2017-06-21 09:30
> 非公開者様

ありがとうございます。
ご自身の発見につなげていただけて何よりです。素晴らしいですね。
「気づく」これに尽きると思います。

息子さんはきっと色んな豊かさに気づかせてくれる存在でしょうね。
ただそこにいてくれるだけで。赤ちゃんのように。
おそらく全ての人が、それで良いのだと思います。
それを思い出させてくれるんだと思います。
by 4cubes | 2017-06-08 13:02 | 潜在意識 | Comments(4)

心の取扱説明書である数秘と、心の仕組みを知って、ほんとうの自分を生きたいと思う人の、心のお手伝いをしています。


by のりこ