ごめんなさい

だらだらと長くなりましたが、まとまらないのでこのままUP。

母が東京にしばらく来ていました。

私は、いわゆる親との関係性は良いと思っているし、だからこそ気がつかなかったのかもしれませんが。

アドラー心理学では、全ての問題と思えることは対人関係に帰依するとあるし、仕事やお金や恋愛や子育てなどなど現実がうまくいかない時、親との関係性が原因になっていることが多いと言われているけれど、だとしたら、親を含めた対人関係に何も引っ掛かりを感じていない私が、時々自分の生き方に対して感じる、この「詰まり」は何なんだろうかと。

もちろんそんなことを感じながら母と過ごしたわけでもなく、色んな人と会食しながら沢山話して楽しかったその最終日。
気がついたら私は母に謝っていました。

「大したことない娘でごめんなさい」

母は、私がどんなに失敗しても、どんなことをしても、どんな仕事をしていても、迷惑かけるようなことしても、絶対に見放すことしない人で。
全てにおいて、反対するという事もなかったし、好きなことをさせてくれて、好きな学校に行かせてくれて、私の全てを喜んでくれるような人で。

それに加え、私は母にずっと「あんたは人にないもの持ってる」こう褒められて育ちました。それを、受け取るだけで良かったのに、私は無意識に「それを形で示さなくては」と解釈し、頑張って親に見合う人になろうとしました。
でも頑張ろうとすればするほど、自分より優れた現実を見るばかりの人生。
もう充分に愛されているということを見ずに、ずっと外側に答えを探したけれど、見つかるわけはなくて。
心の事を学び出して、母は私に価値なんてなくても愛してくれている事も充分気づいたし、もう許されているし、癒されたと思ってもいたのだけれども。

まだ言葉にはしていなかった。
謝るべきことかどうかじゃなくて、ただ、ほんとうは「ごめんなさい」って言いたかった。という事を、言った後に気がつきました。
初めて言葉にしました。

気持ち的にはなんだか観念するという感じ。
東京にお客さんで来てるのに、あれこれ気遣い、お金も出し、我が家の事も手伝ってくれて、見ていると「この人に見合うようになろうなんて思った私が馬鹿だったな」って、おかんって凄いわ、そんな感じ。

「人にないもの持ってる」と言ってくれた、他ならぬ母に、人にないものなんてなかった、あなたが思う娘じゃなくてごめんなさいって、それを言葉にして伝える事は、ものすごく高い最後の砦のようなもので、それに本当ならわざわざ言わなくても良いというか、期待に添えたかどうかは母の問題で、私は私を生きていればそれで良くて、で、母が私に何かを求めているという事もなく、私の本質なんてとうに見抜かれているだろうし、何でここにきて私が勇気を出して謝るという形で伝えたいとしているのかが自分でもわからないけれど。
許されたかった、というのは本当だと思う、でももう母の行動や言葉で、数えきれないくらいすでに許されているのに???

母の返事は「そういう気持ちを言葉にして言えるって、凄いなぁ」だった。

相手が正解で、自分が悪いという、非があるという意味でのごめんなさいではなくて、ただただ人は許されたいんだと思う。母はいつでも私を許してくれていた(決して上からとかじゃなくて)のに、私が、今回言葉にするまで、それを受け取れていなかったのだなとわかりました。
つまりは、マウンティングしてたってことか。
フラットにし、受け取るための「ごめんなさい」なんだとわかりました。
そしてその「ごめんなさい」は、母に言うというよりは、私が私のために言うのを許してください、という感じ。どこまでも甘える娘。おかん、ありがとう。

母の「あんたは人にないもの持ってる」という褒め方が悪かったわけではなく、褒めても褒めなくても、受け取る側の解釈で受け取るものだから、そこはもう私の問題であります。
だからよく「私の言い方が悪かった」「あの時もっとこうしておけば」「優しくしてあげられなかった」と悔やまれる方がいますが、それは現実と関係ないと思います。

「本当は努力家じゃなくて、何かを成すよりも、楽して何とかしたいって性格で、真面目に魔法の杖で人生を楽にやり過ごす事ばっかり考えてて、高校生の頃は魔術書読んで錬金術の研究しててん。魔女になりたかった」
笑えますが、ここまで言いました。
母は「あ、そうやったん?」でおわり。

で、そういうの(なんの得にもならないけど面白くてやってる)自分の本質だから、今も結局、魔法使いになりたいんですよね。
もちろん、私のイメージする魔法使いですから、一般的なものと違うのですけれども。


■ HP
■ お問い合わせは こちら からお願いします。

[PR]
Commented by nyao at 2017-06-15 10:19 x
こんにちは。
ずっと読ませていただいていました。
心のもやもやが読んだあと、形になって浄化していくような感じになることがあります。
これが腑に落ちるってことかもしれません。
いつもありがとうございます。

あまりにタイムリーで、読んでて泣けてきちゃって初コメです。
私も母との関係に問題ないと思っていました。
でももっと甘えていいんだ。ってわかりました。
私もう40代後半なのに、遠くに住んでるのに、
「会いたい」って素直に言ってみたら
お金もかかるのに、忙しいのにやりくりして
ちゃんと会いにきてくれました。
愛されてるなあって。
受け取っていいんだって。
ようやくわかりました。
しあわせです。

いつも気付きをありがとうございます。
Commented by 4cubes at 2017-06-16 15:32
> nyaoさん

同じタイミング!波長が同じなのかもしれないですね。

そう、親って甘えてほしい(必要とされたい)とも思っていますよね。
ほんと甘えていい。
こんなにも、こんなにも、親の愛って大きいものなんだなと私も気がつけました。
それを知ることで、同じ事を自分の子どもにもすることができる、と思った瞬間、「子どもへの許し」事象が出てきた我が家です。
(現在進行中なので、また書きますね)
by 4cubes | 2017-06-14 22:55 | 潜在意識 | Comments(2)

成績が悪い・勉強好きじゃない、そんな子とお母さんの本物の幸せを、こころのテクニック・潜在数秘術・不安を取る技術で助けます。


by のりこ
画像一覧