勇気

今、揺れている人へメッセージ。

「自分のことがわからない」「自分の好き、嫌いがわからない」から「決められない」「肚をくくれない」あるいは「肚をくくる感覚がわからない」というような事を聞くことがあります。
私も以前は、人それぞれそういう性質なんだと思っていました。
でもよくよく考えたら私だって「自分のことはわからない」し「好き嫌いもわからない」んです。「好き」とか「嫌い」とか、わかっていると、自分でもそう思っていたけれど、正確には「わかってる立場を取っている」だけでした。確認しようがないですしね。でもそのままで、わからないままで進んできました。

自分のことがわからないから、わかろうとしてそのために決めて行動してきた。行動したら、人を通して自分のことが少しずつ見えてきた。
好き嫌いもわからないから、手にとって、好きか嫌いか確認してきた。
つまりそういう事を繰り返すうちに自分なりに、好き嫌いや自分の心の癖、パターンなどが見えてきて自分の中で確信が持てるようになってきたのは、行動を通して自分ってこういう感じなのかもしれないな、こういうものは好きでこういう事には違和感を感じるんだなと繰り返して得てきた、あくまで「トライアンドエラーの成果」の上に成り立っているものです。

つまり、その都度、勇気を出してきただけというだけのことです。
そして、たくさん失敗をして得た、結果としてのものです。

わからないんです、と言ってそのままにしているのを、そういう性質だという事にしておくと、何もしなくて良いから楽です。だってそうなんだもん、で済む。でもそのままにしておくのは自分をごまかすことだから、現実に「問題」を作り出します。
それは「自分を大切にしてね。自分の声を聞いてね。自分をもっと知ってね。」というメッセージ。
「わからない」のがダメなんじゃなくて「わからないからと言って、そのままにしておく事」こそが、自分へ意識を向けずに、自分を大切にしていない行為になる。
そして、その自分を大切にしていない事の結果が、今、起こっている事なんです。

自分にどれだけ意識を向けて、興味を持って、自分を見つめてあげるかが、不思議なほど丸ごとそのまま幸せに直結します。これはほんとうです。
小さなことだからとスルーしたり、怖くて勇気を出さないでいた事によって、今、とてつもなく大きな勇気を出さなくてはいけないほどになっている人、ほんとうに多いなと思います。
それが、家族の不和、不倫、離婚、病気、破産、離職、そんな形に現れている。
たぶんもう世界的に、人に合わせて生きることや、何かに縛られて生きること、自分を生きないで生きていく事の限界にきていて、つまり、もうみんなそこから抜け出すときなんだよという事なんだと思う。
気がついてしまったら、残念ながら、気がつく前の自分には戻れないんだ。
でもそれはギフトでもある。幸せに向かう道を見つけたようなものだから。

そんなこと誰も教えてくれなかったよね。
どこで習えばよかったんだろうね。
でもその「あらかじめ正解を知ることなんてできない」ことこそが真理であり、知った時が、学びはじめる唯一のタイミング。
私も最初は「現実があまりにもうまくいかない」って事がきっかけでした。

真理は、誰かに教わるものではなく、自分で気づいて学んでいくもの。
そしてそれに必要なのはたった1つ。勇気、です。

勇気を出した人だけが、失敗という名の「学びのチャンス」を得て、次に活かすことができるから、どんどん幸せになっていくんだ。
だから「失敗したくない」は、そのまま学ぶチャンスまで捨てている事になる。
失敗が怖くても、実際に訪れる「失敗」は、今怖いと思っている、その想像通りじゃないから大丈夫。ま、失敗と解釈するかどうかは人それぞれだけど。
失敗で遊ぼう!くらいのセンスがあれば、最高ですね♪

人にはそれぞれペースがあるのは百も承知で、もし得たい幸せがあるのなら、命がある間に、病気になる前に、大切な人を失う前に、と思います。


■ HP
■ お問い合わせは こちら からお願いします。

[PR]
by 4cubes | 2017-06-24 22:40 | 潜在意識 | Comments(0)

心の取扱説明書である数秘と、心の仕組みを知って、ほんとうの自分を生きたいと思う人の、心のお手伝いをしています。


by のりこ