意味づけと、7月企画

私「引き出しが多い」と言われることが多いのですが。
単純に、人があまりやらないような経験を多めにしているから、というのがあって、好奇心旺盛な性格もあるし、思いがけず巻き込まれたのもあるけれど、その殆どはネタとしては使えるもので、普通に人に話せるし実際に話してもいて。
S1は過去の出来事に自分の感情が乗らないのでそのせいなのか、自分の経験に善悪はないし基本的に何でも話せるのですが、でもまだ引き出しの中には、誰にも話していないようなディープな話もいくつかあったりします。
その1つを、昨日会った大好きな人(女性)に話してみた。
そんなつもりなかったけれど何となくその場で話したくなったのを、彼女は面白がって聞いてくれました。えらく明るい気の良いパンドラの箱を開けたら、軽やかに霧散した感じがする。

話す話さないを私なりに分ける理由は、恥ずかしいからとか嫌われたくないから、のようなレベルじゃなく。内容の善悪もないと思うし反社会的でもない限り私自身の中でも区別はないのだけど、でも表面的な部分がセンセーショナルな話は、どうしてもそこだけに反応する人も多いので、その奥の本質をわかる人だと確信できてから話してるんだろうな。しかもそれもタイミングがきたら。

また1つ肚をくくることになって。
あちらの世界にいく。
あちらって、あの世って事でもないし、出家するわけでも宗教に入るわけでもなんでもないですが、つまり心底、恐れも疑いもない世界観でそれを現実化して生きるという事です。
秦さんも言ってたけど、ほんとうに美しい世界だと思うからただそれが見たい。
自分の小さな脳みそであれこれ考えた混じりっけの世界にいるより、全てを委ねて想像もできないほどの完璧な調和を見る方を選ぶと決めた。
もちろん普通に仕事して、子どもと暮らすんだけど、より、そう、現実的にはすべてがうまくいくんじゃないかなと思う。でもそれは、現実をうまくやるための手段なんかじゃなくて、ただただ見たいし知りたいんだという自分の望みに忠実に。

引き出しの奥にある私の経験は、宝だと思う。
ビジネスの本質も、人を信じるって事も、自分を信じるという事も、好きなことを迷わず選択する事も、正しい怒りも、全部そこから「体感として」掴んだから。
体感しないと自分の世界で再現はできない。恐れを超えて人を信じる経験を通して、信じるということの感覚、そこに起こる感情、悦びを、知っているから再現ができるんです。再現するのに「体感」は非常に大切で。
でもみんな、すでにもう体験はしているはず。自分の中にその宝物はあるはず。
ただそれを自分の中で「宝」にしていないだけ。

思い出したくないからと、なかった事にしたり、悪い事と判断して自分の中で嫌な思い出になっていると、何も活かされないと思う。
あの経験があったから、私は人間関係が得意だし、あの経験があったから、私はネットでビジネスができている。あの経験があったから、私は何かあればいつでも肚をくくれる強さを持っている。だから不安がない。
いやな出来事とか思い出したくない事も全部、自分の好きな意味づけをすれば、全てが素晴らしい人生のストーリーになるのだから、ほんとただそうすれば良いんだと思うよ。
私は昔から、自分に都合良く記憶を上書きしてきたので(パートナーも似たような事をやってきたらしい)望ましい意味づけは得意かもしれません。

例えば、高校生の頃、周りの友達はどんどん彼氏ができて、私はなかなかできなくて焦ったりしたんだけど、それを「私のことを好きな人はいっぱいいるけど皆、シャイなタイプなんだ」って思っていました。そんなことあるかいって自分もいたけれど、とりあえずそういう事にしておいた。(どうせ事実は確認しようがないし)
そうすると心が軽くなるから、彼氏がいなくても毎日はそれなりに楽しくなって、そのうち彼氏が突然できました。

なんかこう、不真面目に生きている方が生きやすいです。
観念的なものは、自分に都合良く書き換えれば良いんだもの。真面目に「辛い経験」のままにしておかなくっても良いんだもん。

「あの辛い経験があったから今のこれがある」とよく言われるマッチョな綺麗事って、私はあんまり好きじゃなかった。
辛い経験を乗り越えた先にそれがある、と、まるで辛さを正当化しているようで、頑張らされるみたいで、納得させられているような気分で、辛い事が最初からない方が良いじゃんと思っていました。
でも解釈が違ったんです。
辛い経験というのは「今の幸せ」を最大限輝かせてくれるためのヒール役のようなものなんだ。「気がついたら億万長者になっていました」より「どん底になったけど、もうダメだというところで奇跡が起こり、そこから右肩上がりで億万長者になりました」の方が、より成功が際立つようなもの。つまり演出。

だから、何かを経験している時には、その価値は考えなくて良いんだと思う。
とりあえず起こった事は事実だけ取っておいて、価値は自分の好きなタイミングで後からつければ良いもの。
そうすると、その時は辛いと思っていたはずの事がたちまち意味を持ち必然性を帯びてくるし、決して悪い事、いやなこととして処理されないから。この時のために必要だったんだと心から思えるから。そういう時、どんな経験も愛おしくなる。

そう考えると、人生が全て良いことだらけになるし、過去辛いと思っていた事も、今から都合良く上書きできてしまう。これってすごい事だと思う。
その上、上書きするとこれからの現実が変わるからもっと凄いんです。

過去の自分を否定したりなかったことにしている限り、繁栄はない。
(お給料20万円の自分を否定している限り、50万円にはならないのも同じですよ)
自分がした事を後悔するんじゃなくて、起こった事に過去の出来事を良い意味づけで重ねる事で、一瞬でひっくり返せるものがある。ひっくり返せる現実がある。
だから後悔って、しても良いと思うけれど、上手な使い方することで後悔じゃなくなるんだから、そっち選んでも良いねっていう話です。

ーーーーーーーーー

ちょっと触発されて、7月は8名様限定で、1万円セッションします!
2時間フルセッションを1万円で。
スカイプ限定。潜在数秘術やこころの仕組みで、自分のこと、身近な人との関係性、悩みの本質などに迫ります。
パーソナルシートなしで数字は口頭で伝える、時間枠を設けるなどで多少効率化しますが、セッションのクオリティはもちろんそのままです。
ブラッシュアップ、もっと深く知りたい、理解したい方、ブログのわからない事を知りたい方、この夏、ダイエット実験したい方にも。

7月7日 (金)①10時〜 ②13時〜
7月16日(日)①10時〜 ②13時〜
7月18日(火)①10時〜 ②13時〜
7月23日(日)①10時〜 ②13時〜

●数秘お茶会

7月15日(土)13時 新宿 無料

テーマ「ほんとうの自分には重力がない」
あと自分の性質を洗い出し、唯一無二の自分を知るワークをやろうかと思います。
数秘術講座を受けてくださった方限定お茶会です。

●夏休みを子どもとどう過ごそうお茶会

7月14日(金)10時 新宿
代金:5000円(飲食費は各自負担)
定員:5名様 残席2名様

長い夏休みが始まります。
夏休みってそもそも何のためにあるの?
潜在意識は21日で書き換えられます。夏休みという、親と一緒にいる時間が長くなる毎日の過ごし方が、9月からのお子さんを決める、可能性がたくさんの夏休み。
どんな声がけが行動につながる?
どんなことを意識すれば、子どもが主体的になる?
「やめて」ってコントロールだけど「やめてほしい」事ってある。それを伝えるときの効果的な方法って?
旅行に行くならどんな事を意識すれば良い?宿題の取り組み方は?遊び方は?
何を選ぶ?選ばない?選択に迷いがなくなる基準って?

これを知っておく夏休みと、知らない夏休み、どっちも選べます。
ただぼーっと過ごすこともできる。
意図して濃度の高い時間にすることもできる。
全てのお母さんと子どもさんに、素敵な夏休みを!


■ HP
■ お問い合わせ、お申し込みは こちら からお願いします。

[PR]
by 4cubes | 2017-07-01 11:14 | 潜在意識 | Comments(0)

心の取扱説明書である数秘と、心の仕組みを知って、ほんとうの自分を生きたいと思う人の、心のお手伝いをしています。


by のりこ