受け取るということ

<受け取るってどういうことで、どうして受け取らなきゃいけないのか>

ここ数日で本当に嬉しかった事。
とある人に何気なく伝えた私の言葉を、その人はこれまでの人生で得たくても得られなかったんだそうで、生まれて初めての(なのかな?またはそれに近い)そのたった一言で、もうこれで死んでもいいとまで思ってくれたそうです。
人の幸せについて、心から考えさせられた出来事でした。
そんなことで幸せになれるなら、いつだっていくらだってって心から思うけれど、笑ったら笑い返してくれる人がいること、安心して帰れる家があること。本当にただそれだけのことが困難な人や、そういう時がある。
幸せの本質は、本当にお金じゃないし(なくても良いっていうことじゃなくて、あるなしに意味はないということ)優越感でもないし、足りないと感じる事を埋めることじゃないんだなと確信を深めました。

その人に言った言葉は「大好き」です。
そんな些細な言葉が心底欲しいと思えるような、過酷な状況でもある彼女。

いくら「大好き」って言っても「ありがとう、でもそれじゃ解決できないの」とか「うん、でも問題は山積みなの」と、言葉を受け止めず「それよりもこっちが」と不安や恐れを言葉にしたり感じていたりすればそれは「受け取っていない」事になる。
何を言っても自分に都合良く解釈するのは誰もがそうですが、受け取らない人は「自分は被害者である」事が大事なので、全てそれを基準に解釈します。
でも彼女は、私の何気ない言葉を拾って「もうそれだけで充分」と感じてくれた、究極の受け取り上手です。

意識は大きく分けると「愛」か「恐れ」のどちらかになりますが、愛は、それを与えてくれた相手(人だけでなく、あらゆる)を見ているから感じられるけれど、恐れは自分しか見ていない。自分は怖いの、不安なの、可哀想なの、と。

「これ、好きそうだから買ってきた」「わーありがとう!」のように受け取るだけでなく、平和に迎えられる朝、道端の野草にホッとする、仕事がある事、自分や家族が元気である事、食べたい時に食べたいものが買えること、笑えること、すべて「受け取れる」と思う。
1つ1つ不自然に感謝する必要はないけれど、どれだけのものを与えられているかを自覚するのは大事だと思う。
私は、大好きな息子がいて、彼がいて、好きな仕事をしていて、人に恵まれていて、時間を自由に使えて、大好きな数秘と遊べて、毎日食事ができて、暖かい部屋で寝られている。

「私は好きな仕事してませんが」という人だって、その仕事があるからお金を得られて、手に入るものがある。必要としてくれる人がいるから居場所がある。仕事を通して学びがある。受け取れるものはいっぱいあるはずなんです。
今の状況や自分を否定せず、そうやって受け取って、その上で、もっと嬉しさを感じられる職場に変わることを考えることもできる。
先に今ある幸せを受け取れない人は、どこへ行っても受け取れないままです。
だってずっと被害者でいたいのだから。
仕事の愚痴ばかり言う人は、愚痴を言う事が目的だから、ずっと変わらない。

そういう風に言うと、どうしても「心が綺麗でなくてはいけない」と混同しがちになるのですが、そもそも人間って錯覚で生きていて、物事をどう受け取るかで幸福度が違うだけだから。だったら、どう生きたいの?っていう話です。

受け取れないっていうのは、溺れてしまって「助けてー」って言いながら、投げてくれた浮き輪に気がつかない、あるいは「それじゃなくて違うのがいい!」あるいは、手を伸ばせば投げてくれた浮き輪に届くのに「私はこれっぽっちも動きません」と言っているようなものです。
浮き輪に気がついて、これがほしいものなんだと自覚して、手を伸ばさなくては手に入らない。

人はそれぞれ価値観や表現方法が違うから、こっちが欲しいものを、相手がその通りに与えてくれるとは限らないわけです。
数秘で言うと、例えばLP6が落ち込んでいる時は、わかりやすく気にかけてほしいわけです。でもご主人がLP7だとしたら、彼の優しさの表現は「放っておいてあげること」だから放っておいてくれる。ただそれはLP6にしてみれば、愛情だと捉えにくいわけです。

ただ、どう見えていても相手を信頼することができれば、彼のそっけない態度も「彼なりの愛情」だと想像する事ができる。
数秘は、こういう性質や価値観の違いを知る事ができるので、読み解く事で相手の行動の謎が解けるのです。
そして受け取りやすくなります。
相手がこうしてくれない、と言って否定するんじゃなくて「私に愛を向けてくれているのだとすればどう解釈すれば良いのだろう」という視点で見ることが、自分を幸せにします。

受け取るものが多ければ多いほど、幸福感は増します。
でも受け取らない人は、本当に、とことん受け取らない。
(受け取っていないという自覚もない)
受け取らない人は、それも自由な選択ですが、どうしたって人生がうまくいきません。人生で起こってほしくない事ばかり起きやすくなります。そして「どうして私ばっかり」すぐそこにあるのに「ほしいほしい」という不足感ばかりになる。
でもそれすら、一人一人が自由にクリエイトしている世界であり、これっぽっちも、他人がどうにかできるものではないことを、今回私は心底自覚することになりました。
この感覚を得られたことは、大きなギフトでした。
自分が放ったものを相手が受け取らないって、ダメージが大きく、致命傷になるくらいの恐れのエネルギーです。
力尽きて、心が折れます。
でも私は誰かに何かをされたのではなくて、自らその人に「力を奪わせ、心を折らせた」そう解釈しています。
あぁ、こんな風になるんだと、ただただはっきり知る事ができた。
これを教えてくれた人に、私は心から感謝しています。

お金も愛も、幸せも全て「受け取っていない」事から起こる。
現実がうまくいっていないと感じたら、何を受け取っていないかを自覚すれば変わると思うし、それは自分が使う言葉や、与えてくれる相手の反応から知る事ができると思う。
ただそれを、見ようとするか、だけなんだ。


■ HP
■ お問い合わせは こちら からお願いします。

[PR]
by 4cubes | 2017-07-13 07:54 | 潜在意識 | Comments(0)

成績が悪い・勉強好きじゃない、そんな子とお母さんの本物の幸せを、こころのテクニック・潜在数秘術・不安を取る技術で助けます。


by のりこ
画像一覧