帰阪

知りたい人には伝えます。
知りたくない人にはこっちからは伝えません。
書く方が良いことと、書かない方が良いことがある。
これまでもそうしてきたけれど、私は、目先の利益や人間関係の円滑さじゃなくて、ほんとうの意味で幸せになるし、このブログを読む人にそういう意味の幸せになる方法を伝えたいと思うから、これまで以上に徹底していこうと思った、帰阪でした。

意味もなく偏差値上げて受ける学校の選択肢を広げても無意味なように、情報が多ければ多いほど良いって事はなくて。(なぜそうなのかを理解しないと、とりあえず情報は多い方が良いって方に人は流される)本当に必要なことは伝えるし、ここで言っても意味ないことは伝えない。

決して「内緒」みたいな低レベルの話なんかじゃないし(そういう意味では私は、内緒という概念がない。)一見、内緒に思えるとしたらそれは受け取る側がそう感じるというだけのことだと思うし、聞かれても、その人のためになるような答え方しかしないから、その時全部は伝えないかもしれない。
冷たいと、ケチだと、誤解されるかもしれないけれど「全部知っている事の方が良い」「教えてくれないのは不親切だ」という視点が、どんなに受け身でいることなのか、現実を不幸にするかが根っこから理解できたから。

ーーーーーー

人間関係は超安定なのに、自分のビジネスになると、波がある。
そこが私の、長年気になっているところで。
本質は同じはずなのに、私のビジネスが順当に行きつつも人間関係ほど安定しないのはなぜだろうという疑問があって、それを知りたくて大阪で開催された講座は、決して目立たないもので、自分の直感が冴えていなければ気がつけなかったに違いないと思えるほどでしたが、外側の告知からは気づけないほど本質的でした。
3時間だけの、本当に少人数の、女子会のようにしか見えないような講座。

ここでお金の仕組みについての本質を学びます。
そうしたら、お金に興味がなかったはずの私は、実はお金に興味があることがわかり(というかつまり思い出し)もうずっと、なかったことにしてそこを学ぶのをやめていたし、今から学べばやる事は膨大で、えーメンドくさい!と思いつつもそれに向き合わされることとなりました。
そう、本当は興味のあることで今までないことにしてた事って、実は非常にめんどくさかったりする。でも、やれば絶対楽しいのももう目に見えている。

私は自分がお金持ちである事や、お金を使うことにはそれほど興味がないのですが、それをイコール「お金に興味がない」ということにしていただけでした。
「世の中のお金の流れ」つまり経済学には非常に興味があったのです。
実家に帰ると父が「ミナミの帝王」を観ていました。
そして私、ミナミの帝王も、ナニワ金融道も、大好きだった。
(大阪だから好きなのかと思ってたけど、お金の仕組みだから好きなんだーーー)

で、講座で得た学びがもうとにかく面白くて、ひとまずマインドなんでこれから実践していくのですが、視点が切り替わったので、コーヒー1杯すら飲むか飲まないかの判断も、旅行先で、お金を無駄使いすることなく、ケチにもならず、誰にどれだけお土産を買えば心地良くすっきり買えるかも、自分の仕事の値段のつけ方も、正しい不安の持ち方も、世の中の人のお金を貯められない仕組みも、本当のところ誰に何を学べば良いかも、世の中の本の8割が役に立たないことも、じゃあどれが残りの2割なのかも、お金持ちはケチだけどケチじゃなくて、世の中のほとんどの人は節約しても、稼いでも、頑張れば頑張るほどお金が出ていくってことも、霧が晴れるように全部見えてきて。
鳥肌が立つほど、このお金の仕組みが面白くてわかりやすい。
私の彼は商売人ではないけれど、お金の使い方はビジネスマインドですし、私の母は会社に雇われているけれど数字に強い会計士だし、息子も学生ですがお金の使い方がビジネスマインドでした。起業してないのにマインドの見本になる人がいっぱい。そして私が学んだら、息子に説明できるようになろう。
そうすれば、大人になってどこで働くことになったって、お金の奴隷になる事はないはず。

実家では、自分のビジネスの中に、親との依存関係(甘え)が気がつけないほど僅かに、でも無視できない存在感で含まれていることに気づいたのですが、そもそも親との良好な関係を見直したことなんてなかったので、そこ???と思いつつ、やっぱりそうだということもわかり、手離すことにしました。

心から意味深いと感じた4日間でした。
セッションでお会いできた皆様も、ありがとうございました。


■ HP
■ お問い合わせは こちら からお願いします。

[PR]
by 4cubes | 2017-08-01 22:03 | 潜在意識 | Comments(0)

成績が悪い・勉強好きじゃない、そんな子とお母さんの本物の幸せを、こころのテクニック・潜在数秘術・不安を取る技術で助けます。


by のりこ
画像一覧