好きってこういう事、でも案外すぐには気づけない。

<損してもいい>

投資とかするんですか?とお問い合わせいただきましたが。
今のところそういう感じでもないですね。
お金の仕組みを心の仕組みと重ねると、例えばですが、良さそうだなーってワクワクして買った物が、お金の仕組みで言うところの「負債」であったりする事があって、それを知らないと、ワクワクだと思っているものにお金を使えば使うほど、実は自分の首を閉めている事になるって聞いたら、急に現実味を帯びて、無関心でいられなくなりますよね。逆に、どんどん次のワクワクを連れてくるお金のロジックもあると思うし。
そんな風に、心のことを、心の仕組み以上にわかりやすく説明するのに、お金の仕組みが適切だとわかった事が面白くて。
そして私自身のテーマの自立や、依存とかそういう心の状態を、お金がわかりやすく適切に表してくれるから、いつでも自分の状態に気づきやすくなるんだな。
今回、自分の中にまだあった依存も、お金が教えてくれた。
心の現在地を明らかにする事が、容易になった。
(これから実践、そしてそれは時間と作業を伴うことかもしれないけれど、苦にならないくらい面白いことだともたぶん知っている。)

それを知って、知らない事は怖いとも思ったのですが、それ以上に、面白いなー!と思ったんです。心のこととセオリーが見事に重なるし、お金の世界はロジックだから、学べば必ず「わかる」ようになると思うから。

1円にもならなくても良い。けど知りたい。
今はそんな感じです。
そしてこれは、我が子への投資だとも思う。
お金に振り回されない生き方は豊かさへの1つの道になるから、別にこれを押しつける気はないけれど、こういう考えもあると分かれば、彼の選択肢の1つになっていくと思うから。
あ、こういうのを知ってほしい、こういう大人になってほしいと子どもに思う時、それがコントロールかそうでないかの判断は「親自身が体感して面白さをすでに知っている」あるいは「自分こそがやりたい!」と思うかどうかじゃないかな。「これめっちゃ面白いから!!!」と自分の体感を通している(あるいは体感がなくても肚の確信がある)ものであれば、それは純度の高い想いとして伝わる。その上で、受け取り手がどう判断するかはコントロールできないけれど。

だから、親が勉強してこなかったのに「勉強しなさい」が伝わらないのは当たり前なのですね。片づけ好きじゃないのに「片づけなさい」も伝わらないもの。
自分にない事だから。

講座を聞いて急に視点と世界が変わったのは、私がやりたかったのになかった事にしていた事に気づいてしまい、私が観念したからです。
買いたいもの、体験したい事がたくさんあるからお金が必要である、というのと全く違う「経済の仕組みを知りたい」ただそれ一点だけで。
むしろ今後は、もっと物を買わなくなると思う。
(別にケチになるわけでも節約するわけでもなくて、お金の使い所がよりはっきりしてきたから。余分に買うなんてこともしなくなると思う)
貨幣制度崩壊の話も入ってくるのに、それでもお金のことが知りたいって。
1円にもならなくても良い、損しても良いって心から思える事は、もうやるしかない。えーん(←結構本音です。だって今からですよ)でも萬田銀次郎(ミナミの帝王の主人公、トイチの金貸し)思い出すと萌えるwww

そして経済の仕組みを知る事で、心の仕組みをもっとロジカルに説明できて、視点を楽に変えていける人が増えたらおもしろいなと思います。

簿記とか普通に持っている人いると思うのですが、それ心の在り方に活かせると思います。母にずっと「知っておいた方が良いよ」と言われてたのに、親の心子知らず、気がつくのは今になってです。
親はほんとうに子どもをコントロールなんてできない。でもその世界があるって種だけ蒔いてあげていたら、いつか必要な時にマッチングするのかなと体感を通して思います。


■ HP
■ お問い合わせは こちら からお願いします。

[PR]
by 4cubes | 2017-08-03 09:12 | 潜在意識 | Comments(0)

成績が悪い・勉強好きじゃない、そんな子とお母さんの本物の幸せを、こころのテクニック・潜在数秘術・不安を取る技術で助けます。


by のりこ
画像一覧