つまり強くなるっていうこと

<カミングアウト>

生まれつき性格が強いとか弱いとかそういうのは実は幻想だし、形のないものなのに、形があるように感じるだけのことなのですが。

そういうことは置いておいて必要なのは、自分で自分(あるいは自分にとって大切なもの)を守るって決める事なんだと思う。
自分の、カッコ悪い部分も、ぶつかって心が折れる時も、臆病で前進できない時も、お金を持っていない時の自分も、良質のパートナーシップが築けていない時も、何かにつけてうまくできない不器用な自分も、丸ごとそのまま受け止め、その後の面倒も見ることができる強さを持つこと。
これができることで、全ては回り出す。

混乱しやすいのは、誰かを頼ってはいけないということではないし、自分の責任とするけれど自分を責めることとは違うし、世間や助けてくれる人に背を向けて、弱みを見せずに頑張ることでもないってこと。

自分の中に起こる感情は全部自分で引き受ける。
そこを人に頼った関係性にしない。
その上で、現実的に物理的に困ったことは助け合うし、パートナーとなら素晴らしい時間をクリエイトするし、親子ならかけがえのない時間を共有する。

そう、そうなのです。
でも最近まで、できていると思ってたのにできている風だったようです。
大阪で、私は私の中にあった「依存」に気づきました。
書くのは恥ずかしいけれど、これは大事だと思う。

なんか抜けられない人、微妙な依存にハマっている場合があると思います。
(私と全く同じパターンじゃないかもしれませんが)

ーーーーーーーーーーーー

私、普段は自分の仕事で普通に生活しているし、でももしも何かあれば、周りの人との関係性も良いので相談もできる。性質的にかっこ悪い自分も見せられる、という部分もある。一見なんの問題もなさそうじゃないですか。
でもだとしたら、どうして自分の商売は、人間関係ほど安定しないのか。
それについて、大阪で受けたお金の講座を聞いているうちにわかりました。
私は、何かの時には、彼ら(自分の周りにいる優しい人たち)がいるからなんとかなる、というように、その人たちを心のどこかで「保険」にしてたんです。
(文字にすると痛いのなんの)
もちろんそんなつもりないし、自分で稼いで自分で生活してて、自分でも全く気がついていませんでしたが。
実際に何かあっても、物理的には頼る前に自分でなんとかしますよ、でも。それでも。
どこか、どこかで心が安心しきってるんです。
「ダメな自分でも大丈夫。(彼らがいるから)」って、大丈夫をそこで使うな自分ーーー!!!
実際に頼る頼らないの話ではなくて、自分自身にどこか緊張感がないというか、どこかで「何とかなる、ほら、頼れる人いるし」と保険を作っておいて安心して頑張る、みたいな。
本当は「何とかしてもらえる」でも「何とかなる」でもなくて「(その時の自分が)何とかする」でなくてはいけないんですよ。(それが自分への信頼です)

頑張るのが得意で頼るのが下手な人は、誰かに頼ることが「その時の自分が何とかする」になるのですが、私のように人間関係良くて、頼ることの気持ち的なハードルが低い場合は「ちょっとは自分で頑張れ」なんです(笑)
いや、実際は頑張るんですけれど、気持ちの上での話です。
この意識が現実とバランスを取るのだから。

これ、自分で、なっかなか気がつけない部分で。
実際、普通に生活してるから、周りとの関係性も一見良いからそことは向き合わないし、考えたこともありませんでした。
現実にわかりやすく「問題」として表れない時、心の仕組みだけでは、見えてこないし気づきにくいんです。でも微妙にズレている感じもわかる。
それを、お金の仕組みに置き換えたら一発でした……(お金を誰かに頼ってるわけでもないのに不思議すぎる)
そしてこの事を彼に話したら内容も気持ちも理解してくれて「そこまで向き合う人はなかなかいません。そうしなくても生きていけますから」と。だってそもそも我々の生きている社会が依存体質だし「気がつかないように巧妙に作られている」側面もあるんでね。
でも私は、世間はともかく自分のズレがどうしても気持ち悪いから放っておけないわけで。
彼に「私を見てて、どこか依存というかズレを感じることはあった?」と聞く(←どこまでも自分をえぐる)と「全く」という返事でした。ふーんそうなのか。

それにしても、どっか甘かったんだな、私。
だって、本当にダメで良いんだもーん、って言えるのは、誰かになんとかしてもらえると思ってるということだから。なんとかしてもらえなかったらのたれ死んでも良いんだもーん、まできたら、それは勇気なんかじゃなくて、ただの開き直りでしょ?
ダメで良いと自分で認めるのとはまた違うんです。現在地を自分で認めるのは、次に繋げるためだから。
私の周りの人たちが私に向けてくれる愛を私は「保険」じゃなくて「お守り」にするべきだったのです。
それがわかった時、ずっと知りたかった、でもないことにしてた経済学について繋がって、学びに火がつきました。

ちなみに、少し前に私は「お金について知りたい」という願いを放っています。
完璧に現実化しています。
こんな形で現実化してる。面白いもんだなぁと思います。

自分の現在地が正確にわかると、その瞬間から世界は違って見えてきます。
「決める」でも変わるけれど「理解」でも変わるわけです。
彼とは今日、主婦がママ友をディズニー株で騙して…の事件の考察に熱中しました。あれほど人間の心の部分をわかりやすく映したものもない。そして、推測ですが、騙した側の彼女は用意周到なんかじゃないよねって。
そして、これまでの時代と違いこれからは、お金のリテラシー必須。
知っているのと知らないのとでは、人生に大きな差ができることも疑いようがないと思う。勉強勉強じゃなくてね、自分の暮らしがどんな風にできているかを知るっていうことだけなので、その意識を作ることと合わせて、楽しめるんじゃないかなと思います。

お金のブロック、外していきましょう!


■ HP
■ お問い合わせは こちら からお願いします。

[PR]
by 4cubes | 2017-08-04 23:24 | 潜在意識 | Comments(0)

心の取扱説明書である数秘と、心の仕組みを知って、ほんとうの自分を生きたいと思う人の、心のお手伝いをしています。


by のりこ