モリアオガエル

<生まれて初めて本気で嫉妬した相手は、モリアオガエルでした>

モリアオガエルって、今の東京にはいないらしいのね。
そんなモリアオガエルを、少し前に彼が自宅の庭で見つけたって聞いて、どうやら一緒に栃木に行ったときに、考えにくい事だけど、車のどこかの隙間に入り込んだのを連れ帰ってきたんじゃないかという事に落ち着いて。
彼がひとまず飼ってるんだけど、だんだんなんとなく不憫になってきたらしく「栃木まで返しに行ってこようかな」って言うので「付き合うよ」と返事したら「今回は(カエルと)2人だけで行かせてほしい」って言ってきた。

そうしたら、ぶわーーーっと涙が溢れてきて。
えー!泣いてるよ私。
混乱して最初は「なんでなんで」ってただそれだけ思ってたんだけど、どこかで新鮮な感情を感じているうちにこれがどういう事か理解したくなるのが私の癖で、そのまま友達にすぐ話した。
彼女は同い年でありながら、同じクラスにいても友達になってないだろうなーって、それくらい色々と「違う」タイプなんだけども、セミナーで席が隣になったご縁で知り合いになってから、まさにその「違い」によって自分を知ることを、彼女を通してなんどもなんども、体感してきた。
「違う」からこそ繋がれて、そこから育んできたものがあって、気がついたらとても大事な存在になってた、そんな人。
(そして「違い」ばかりだと思っていたらこれからの人生に大きな役割を持つ重要な「同じ」を昨日見つけて2人で小躍り)

で、彼女と話していくと1つずつ解けてくる。どうやら自分が仲間はずれになったからでも、申し出を断られたからでも、一緒に行きたかったからでもないようなんだよね。じゃあえーとえーと…

…… あ、相手がメスだからだ。

と、ふっと出てきて、それと同時に、
え、マジで?カエルに⁉︎ って自分にもツッコみました。
いやいやいやいや、それはないでしょーーーーと最初はね。思考がね。

でもね、でもね!
もしオスだったらって考えたら、オスだったら平気なんですよ!
何度考えてもオスだったら平気なの!

そこで気がつきました。
これはメスの動物的本能なんだなーって。
理屈抜きで「メスだから!」

相手が人間だからとか、人間じゃないのにとか、そういう理屈抜きでただ怒りが湧くんです。(でもすっごく可愛いモリアオガエルで、そこは萌える。矛盾じゃなくてそういう矛盾っぽいものを色々と抱えているのが本来の人間だから、思考でつじつま合わせようとしたってうまくいくはずないんだよね)
逆に私は記憶上、人間の女子にマトモに嫉妬したことない。

彼がカエルに恋愛感情持ってないってわかるよ。
私をやめてそっちに鞍替えするんじゃないってわかるよ。
でも理屈抜きに心を持っていかれて、彼やカエルに怒ってるんじゃなくて、ただすっごい切ないだけ。それに切なくってもそれは苦痛というわけじゃない。
「切ない」を楽しんでた気がする。
そんな新しい感覚は、これまでの自分に混ざり込んで、また少し、色味や奥行きを増した新しい自分になる。

私、彼にも「純粋だ」って言われるし、例えば占いとかリーディングとかそういう時にもよく「ピュア」みたいに言われることが多くて、それを心が綺麗と言われたみたいでいっちょまえに照れてたけど、要は「野生的」だって事なんだなwww
そのまんまってこと。
手つかずだし、手がつけられないってことでもあるな。

彼にこの一連の嫉妬の話をしたら大爆笑してて、それから言葉にしにくいけれど、優しく穏やかに感じてくれたような感じがして、私は安心した。



■ HP
■ お問い合わせは こちら からお願いします。

[PR]
Commented by m at 2017-08-21 15:24 x
こんにちは。
ここ最近の記事は、
具体的なお話が多くて、わたしにとってはとても分かりやすいです。
色んなことをシェアして下さってありがとうございます。

「めんどくさい」の記事にある、
自己肯定感を上げる自分だけの作業って、
具体的にどんなことか、お聞きしても良いですか?
Commented by 4cubes at 2017-08-22 18:15
> mさん

それは何よりです〜。
いつもありがとうございます。

自己肯定感を上げる作業、もちろん聞いてもらっても良いのですが、ブロックをセルフで解除するテクニックなので、ブログでは説明できないのです。
書籍やネットでも色んな方法が公開されているので、それぞれに合うものを見つけられると思います。
by 4cubes | 2017-08-20 19:05 | 潜在意識 | Comments(2)

成績が悪い・勉強好きじゃない、そんな子とお母さんの本物の幸せを、こころのテクニック・潜在数秘術・不安を取る技術で助けます。


by のりこ
画像一覧