映画「コスタリカの奇跡」(ネタばらししています)

戦争や平和について私も思うところはあるけれど、道徳的なことを押し付けられるのは嫌だし、精神論や理想論に終始するのも好みじゃない。
だからこの映画が気になった時に、同時に警戒する自分もいた。
戦争ものに触れるときはいつもこの感じがあって、本当のところどうなのか「確かめる」ような気分で行くことが多いんだけど、今回は、コスタリカにずっと関心があって旅するつもりでもいたらしい彼にとってもツボだったようで、一緒に渋谷まで行ってきた。12日に公開されたばかり、お盆、平日、雨、混み具合よくわからなくて行ったけどほぼ満席。

コスタリカは1948年に軍隊を持たないと決めて、それを守っている国。
もちろんそれだけではすまなくてアメリカからの圧力や隣国からの攻撃だって何度もある。けれども「持たない」を決めて、ブレそうな時期や圧力に屈しそうな時もありながら、今日まで国民の幸福にフォーカスしてそれを守り続けてきた。
そんな理想的な国だけどそれは「めったにない奇跡」なのだろうか。
でもこの映画見たら、コスタリカは、とてもシンプルに当たり前のことをしているだけだという事がわかった。

一番大切なもの(国民の幸福)を守るために、静かにNOを言い続ける、地に足つけて交渉し続ける、世界を信じること、それだけだった。
「そうは言っても軍隊を持たなくて、他国が攻撃してきたらどうするの?」っていう当然生まれる疑問がある。攻撃したいわけじゃなくて、自国をいざという時に守れるようにするために軍事が必要なんだっていう考え方は、一見正しいことのようにも思える。
でも攻撃してくる相手に対して軍隊で守る事は、それは当たり前に戦争を意味するし、人が死んで、福祉や教育どころではなくなって、幸せからどんどん遠ざかるのは目に見えている。
本来の目的(国民の幸福度を上げること)を果たせなくなる。

コスタリカは、軍隊を廃止した時に軍事に当てていたお金を福祉と教育にスライドし国力をどんどん上げていく。攻撃してくる相手には、国際法で守っていた。そのために普段から多くの国を訪ね、心を尽くして繋がりを持ってきた。

そしてこれ「我が国の1年の軍事予算は、アメリカの戦闘機1台分でしかない。軍隊で国を守ろうとしても、小さな国にとってそれは全く意味がない。」

精神論でも感情論でも哲学でもなく、ただの事実。
「軍隊は良くない」じゃなくただただ「非効率だから必要がない」コスタリカにとって明確な事実があった。
この、ただの事実を明らかにして、どうしたいかを考え、軍隊を手放したんだ。
元大統領のフィゲーレス氏は哲学者ではなくて、自身も実際に武器を手に持って戦ったことがある人。それも体感した上で、たくさん考えて考えて、善悪ではなくただ国民の幸福という目的に対して軍隊は「違う」と感じて「変えた」んだ。これだけ大きなことを丸ごと選びなおす事に、ただただすごい!っておもった。鳥肌が立った。
「まあこれぐらいで良いだろう」じゃない。99.9%でもなくて、100%。
100%じゃないと現実は動かないから。

それを勇気を出して決めるという事は、たぶん自分の大事な人とか、目の前の利益とか、楽に生きたいとか、なんだかわからないけどいろんな抱えているものを、全部失う覚悟だよね。
それでもフィゲーレス氏は自分の中で、これしかないって確信したんだよね。個人的なメリットもデメリットもとうに超えて、かといって「誰かのため」でもなく自分の中の真実がそうとしか言っていない、それにただ正直に答えたんだと思う。
だからこそ、そんな想いが伝わって、国民の支持を得たんだってわかる。

そういう人は「偉人」とか呼ばれて「私と違うから」で区別されやすいけど、映画を観れば心が震えたり、涙が止まらない人もたくさんいると思う。それは自分の中にも同じ気持ちがどこかにあるからなんだと思うよ。

この映画は、愛と恐れの仕組みを、とてもシンプルに教えてくれると思った。
平和は「愛」だし、戦争は「恐れ」の最たるものだと思う。
与えると入ってくる、っていうのがとてもよくわかる。
彼も「こう伝えれば良いのか。」って膝を打ってた。

自分の事なら、好きなことして嫌な事はしないで、暮らせるくらいのお金は生み出して、みたいなことも頑張ればできるし、自分の手が届く範囲にいる人たちを笑顔にすることだってできるだろう。でも世界平和に関しては、直接自分ができることって少なくて、そう考えたら考えるほど動けなくなってつまり「何もしない」になる人は、私も含めてとても多いんだと思う。

何もしないって「しなくちゃいけないと感じていることがあるにも関わらず」っていう前置きがある。どこかで気になってるんだけど、でもどうして良いかもわからないって私も思ってた時期が長くあったな。

ただ、そんな大きな事じゃなくても、自分の家で平和を作ることだったらできる。
大切な家族の幸福感を守るために、どうすれば良いのか冷静に考えることもできる。
これは我が家の場合だけど、息子を見張ることをやめて、一切の決まりやルールは撤廃したら、彼自身は自由にやってるのに、彼を叱るようなことなんて1つもない、そんな不思議な事がいつの間にか当たり前になってた。
詮索はしないけど、会話は多いし、いつもお互いを気にかけている。
ごくたまに口論になるけど次の日に持ち越さないことをどちらからともなく徹底してるんだよね。想いを正確に伝え、相手の話を聞き、間にあるズレと気持ちと望みを確認していく。何か(完璧な着地点のような)作品を2人で作り上げているような気持ちになるときがある。
自分にも相手にも自由を許すと、無法地帯になるのではなく、自然な秩序と責任と平和が生まれるんだなーって実際にやってみて思った。人間がいじくりまわして頑張って作る、どこか無理のある平和じゃなくて、自然に「この人との間に穏やかな空気を感じていたいな」と思うことで生まれる平和。

一人一人の平和が集まれば、コスタリカのようにそれが新しい当たり前になっていくのかもしれない。一人一人の平和って、大勢でしか成し遂げられない何かの一部には必ずなってて、必要な存在でしかないんだと思う。
「人は誰もが意味があって存在している」なんだけど、実際はそんな綺麗なニュアンスじゃない「いや、君がいないとマジ困るんだってば」ってレベルで必要なんだ。コスタリカも、リーダーはもちろんだけど、国民の意識が何度も国の危機を救ってきたのは映画の中でも感じることだった。

映画を観ていると、現実的な平和の実現はとても簡単に思えた。
それは、無意味に楽観的になるということとは違うのだけど、つまり、本当にシンプルだってことを再認識したなと思って。
最近は本も、自分をシンプルにするために読んでる気がする。
ハウツー本も引き寄せも自己啓発も色々と読んできたし、色んな人のところに学びにも行って、明らかに自分の人生を変えてくれるものもあったし「理由は説明できないけど違う気がする」って思うものも多くて、なんでそう思うのかってずっと考えてきて、しぶとくしぶとく考えてきて、だんだんと自分の中で繋がってきたけど、そこからもっと削ぎ落としてシンプルになりつつある。

そんなことをただ明らかにしながら、嘘偽りのない、小さな幸せのモデルを自分の中で作ることにもっと集中しようと思った。


■ HP
■ お問い合わせは こちら からお願いします。

[PR]
by 4cubes | 2017-08-16 10:18 | 潜在意識 | Comments(0)

成績が悪い・勉強好きじゃない、そんな子とお母さんの本物の幸せを、こころのテクニック・潜在数秘術・不安を取る技術で助けます。


by のりこ
画像一覧