好きな事を仕事にする事と、仕事を好きになる事

<「好き」をほんとうの意味で知る>

私も長く、自分の好きなことってなんだろう、と考えてきたのでよくわかるのですが、好きなことを探して、これだって思って、夢中になってそれやってみる、っていう事そのものはどこも間違っていないし、それが仕事、使命に繋がっていく(ように見える)場合もあると思うけれど

基本的に「好きな事」は、使命やそれに準ずる収入や社会的貢献には直結しない。

しないのに、しないのに、そこを無理やり繋げて、なんだか凄く立派で説得力のある解釈をつけて辻褄を合わせようとしている人が多いんだってことに気がつきました。

自分がただ好きな事をしているのは「趣味」です。
趣味だから、基本的にお金にはなりません。
趣味が高じて仕事になり収入になった、というのは、純粋な趣味を超えてビジネスに転じている(作品ではなく商品に変化している)か、社会のニーズと合っていて自分の趣味と結果を繋げてくれる役割を持つ人がいるか。

仕事は(収入のあるなし関わらず)「社会と繋がる」ね。
専業主婦も、会社勤めのお父さんも同じように社会と繋がっています。

ただここずっと「好きなことを仕事に」って言われるようになって、みんなが好きなことを仕事にすることを考え出して、だから自分の中から湧いてくる「好きなこと」を短絡的に仕事にしようとするんだよね。
その時、目的は「好きなことを仕事にすること」になってしまっている。なんなら「好きな事(趣味)を(お金にならないはずの)仕事(お金)にしたい」になってるの。
矛盾しているのがわかると思う。

お金を生むビジネスは、お客様との間のニーズを埋める事。
社会と繋がるのは、社会との間のニーズを埋める事。
パートナーシップは、パートナーとの間のニーズを埋める事。

ではあるのですが「埋める」が目的になってしまうと「好きじゃないけど埋めるためには仕方がない」という選択になりがちで、嫌なことを我慢するという図式になってしまうのだけど、ここを「好き」で埋める事で、心地よく社会(あるいはお客様、あるいはパートナー)と繋がっていける。
ここで言う「好き」は厳密には自分の内側から湧いてくる「好き」とは違って、どちらかと言うと「できる」「わかる」「得意」に近いと思う。

単純に、感情のみでも成立する恋愛は自分の「好き!」に相手の「好き!」が呼応する事で成り立つし、基本でもある。ただ「隙間を埋める」わけじゃないから、健全な関係なら対等ではあるけれど、バランスは不安定。
結婚は、相手を見て相手のニーズに応えることで成立するし、自分発信の主観的で実態が不安定な「好き!」ではなく、お互いの間にあるものを埋める作業なので、安定しやすく長くその関係性を保ちやすい。

ニーズといっても単純に相手に合わせるという事じゃないことを理解しておかなくてはいけない。それを理解していないと自分ばかり我慢してると感じ、埋めるのが嫌になって、お互いの溝が深くなるのだけど、そこを埋める材料を自分から生まれた「好き」だと思ってるから「好きだと思えない、そんな情熱はもうない」と悩んでしまうけれど、その「好き」じゃなくて、さっきの「できる」「わかる」「得意」なんだよ。

そして、そのできる、わかる、得意、は、やる事で、そのものも、やっている自分の事も「好き」になる性質ものの。
好きー!っていうよりは「ぴったり、しっくり、心地良い」かな。
それでその「ぴったり、しっくり、心地良い」ができた自分が好きになる。

「今でしょ」の林先生が、会社を辞めて3年フラフラしてて、その後、塾に勤めはしたけど、最初は塾講師が好きだと感じられず、ただ適正はあると感じていたので続けてみて、やればやるほど面白くなり、人と繋がり社会と繋がっていった、っていうのはまさにそれだと思う。

そういうのって「やってみなくちゃわからんでしょ」っていうのがあるから、失敗したくなくて最初に自分の「好き」を頼ってしまうんだけど、自分の適正とか、自分が社会と繋がるどんな性質を持っているのかがわかれば、きっと少し楽になると思う。

自分の「好き」がある人は、それを普通に仕事にしたら良いと思うんです。
そこから見える事がある。
でも「好きだから!」「私には価値があるから!」って(無自覚に)強引に、値段上げて煽って「好きなことだけして月収100万円」にしても「好きなことだけして月収100万円」が目的になるから、そこの辻褄を合わせるために、水面下でめっちゃ苦しい事をする羽目になるはずなんです。
だから「好き」が仕事を始めるきっかけにはなっても、継続するための「好き」は、お互いのニーズを心地良く埋めることで作っていくものと理解し、そのために自分の「好き」をどう活かすか、というところを考えていくと、仕事はうまくいくのだと思う。

そして、この「埋めるもの」の質によって、大きなお金になるのです。
罪悪感なく受け取れる、大きなお金に。


■ HP
■ お問い合わせは こちら からお願いします。

[PR]
by 4cubes | 2017-08-23 10:50 | 潜在意識 | Comments(0)

心の取扱説明書である数秘と、心の仕組みを知って、ほんとうの自分を生きたいと思う人の、心のお手伝いをしています。


by のりこ