決める

やっと春の陽気と気温になりました。
ここ1週間何をしていたのかというと。
一言で言えば毒出しのようなものでしょうか。感情の。

告知文を書こうと思えば思うほど手は止まり、これは何かの感情に向き合えということなのかなと思った途端、苦しいほど黒いものが溢れて止まらない1週間でした。
強制的に露呈させられた感じ。

で、その後に待っていたのは圧倒的な「決める」でした。
久しぶりに決めたなぁ。あぁそうだ、決めるとはこの感覚だと思い出した感じです。
個人的には、丸い大きな柔らかい重いものがゆっくりとお腹の下の方に降りていくイメージと、その丸いものは振動していて、何かを確信させてくれる感覚がありました。
そして決めた瞬間に、それはもう叶っている。という感覚も思い出しました。

言葉にすれば「決める」というただそれだけのことなんだけど、例えるならば自分の子どもの寝顔を見ながら「何があろうとこの子を守ろう」と湧き上がる決心、に近いのかもしれない。
そういう時って「守ったらなんか良いことあるかな」みたいな損得勘定は一切生まれず、その決心は自分が自分に思うだけのもので、誰かにアピールしたり競うものでもなく、ただただ純粋に愛おしいと思う想いからくる「決める」であって、つまり自動的に湧いてくる。
そう、湧いてくる。

次の日には頭ではもう忘れているんだけど、その誓いって、いざとなったら絶対出てくるってわかりません?いつも考えているわけじゃないけど、だからと言って何かの時に「やっぱり守るのやめよっかなー」なんてことには絶対にならない。
守れるかどうかじゃなくて「守る」その守ることはもう決まっている。
これが、もう叶っているということ。
「絶対に揺らがない」ということがわかっているという感覚。

それは、自分への愛。
子を守ることがじゃなくて、子を守る想いが湧いた自分を讃える気持ち。

じゃあ、生き死にのようなものにだけそんな気持ちが湧くかといったらそうじゃなくて、自分が本当に守りたい自分の気持ち、尊厳、自尊心、正義、美意識とか、自分が大事にしているものをただ当たり前に大事にする気持ち。
こんな風に生きたいという気持ち。

お金を自由に使ってみたいと思えばそれも。
世の中を好きな人だけにすることだってできる。
マウンティングのない世界にだって行ける。
そういう時の自分は、晴れやかで静かで強い。

そのためにする事は、人生の全てにおいて敵を作らない事。
そもそも敵なんていないと知ること。
敵というのは、人間が作り出した幻想のことで、人間関係のことだけじゃなくて、窮屈な常識とか、病気とか、不安、恐れ、全てのことにおいて、人はとにかく色んなところに敵を作り出して、自分が作ったそれと戦っているのです。

それ、やめようよ。
決めるだけで、やめられるから。

不安になるのは、自分が作り出している見えない敵がいるからなんです。
見えても嫌だけど、見えないと「不安」になって現れます。
その不安はそれを作った自分にしか消せません。
言い換えれば、作った自分だからこそ消せる。

6ヶ月コースが形になりそうです。
不安を、不安があるままでも解消できるテクニックなど、不安が取り除けるか心配な方にも具体的に渡せるものもあります。
平日コースは東京の東の端の方になりますが、人によっては近いでしょうし、どんな方と時間を一緒できるか楽しみです。


■ HP
■ お問い合わせは こちら からお願いします。

[PR]
Commented by mikan at 2017-04-04 00:14 x
おっしゃることは一つ一つもっともだなあ,と思います.
でも何か私の中で引っかかるものがありましたが今日やっと腑に落ちました.
自分という人間,自分の話す言葉にどうやったらそれだけの値段をつけられるんだろうと純粋に不思議に思います.
なんだかんだいってある特定のそれなりに余裕のある人のリクルートなんですよね.
別にそれが悪いことだとは思いませんが,ちょっと偽善っぽいというか目の前に人参をぶら下げられた馬のような気持ちの方は多いのでは?
まあ人生は所詮自己満足でしかありませんけれどね.
Commented by 4cubes at 2017-04-04 08:07
> mikanさん


それ私におっしゃってますか?
(独り言ならごめんなさい)

もちろんどう解釈するもその人の自由ですし、ここで書いてもらっても自由です。
物を買うのも英語を習うのも、物や英語を買うのではなくて、買ったらどんな感情が得られるかが本質だから、心のことも、知りたい、その先にある感情が得られるのなら、そういうことを伝える仕事があっても、特におかしなことでもないと私は思います。
(私の値段で高いと仰るなら、相場はもっとすごいですが)
値段をどうつけるかはともかく、言葉そのものには価値ありますよ。大切にしたほうが良いと思います。

私は、心のことを多く知ることができたことを良かったと思っているので、そう感じるだけなんですけれどね。
無料だったら mikan さんは知りたいと思いますか?(←これが一番知りたい)
Commented by 4cubes at 2017-04-04 08:15
あ、ちなみに、言葉のことを伝えている方で、全て無料で広く有益なことを
伝えてらっしゃって、それで暮らしまで成り立っている方がいたら教えてください。
反論でもなんでもなくて本気で。

是非お手本にしたいです。
自分の持っているものと時間を使って、暮らしを立てる、という現実は皆様と同様、今の私にもあるのです。
貨幣制度の崩壊を待ってられたらそれもありなんですけれどねぇ。
Commented by りんご at 2017-04-04 21:43 x
言葉のことを全て無料で広く有益に伝えてらっしゃる方が世の中にいるかどうかなんて、調べようのないことだと思います。 世界はもっともっと広くて、ネットの世界なんて、ほんのちっぽけなものだと思うのですが、どうでしょうか?
わたしは、このブログが好きで読んでいます。でも、お金を払ってセッションを受ける必要は感じないでいます。世の中って、ほんとうにひろい。幸せの濃度をあげる術は、数秘術以外にも五万とありますよね?? わたしも自分なりの方法を持っています。
Commented by 4cubes at 2017-04-04 22:52
> りんごさん

>言葉のことを全て無料で広く有益に伝えてらっしゃる方が世の中にいるかどうかなんて、調べようのないことだと思います。

あ、それはもちろんそうです。
つまり、りんごさんの目から見て、という意味です。
普通に、りんごさんにとってそういう人がいるのかと思ったし、素敵な人がいるというのであれば、自然に興味を持ってしまうだけでした。

読むのも何か思うのも書くのも自由だし、お金を取る人がいても取らない人がいても自由だし、セッション受ける必要がないと感じるのも自由、どこから学んでも自由、数秘術なんかなくってももちろん幸せになれます、仰る通り。だとすると。
りんごさんは、どうしてここにこうして書こうと思ったのかな、という素朴な疑問が残ったんです。おそらくお会いしたことないし、今後お会いすることもないとしても、ただ、聞いてみたかっただけです。

ブログが好きだと言ってくださって嬉しいです。
ありがとうございます。
Commented by もも at 2017-04-04 23:47 x
理由はうまく説明できませんが、私はmikanさんやりんごさんのおっしゃること、よくわかりました。
私がこちらのブログをついつい読んでしまうのはずばり興味、好奇心です。数秘というものへのではなく、のりこさんの考え方への・・・
そして何万ものお金を払ってセッションを受ける人たちってすごいなあといつも感心しています
価値基準は人それぞれなのですよね

Commented by 4cubes at 2017-04-04 23:57
> ももさん

あれれ、ももさんのコメント読ませてもらって、私もすっきりしました!
なんか、軽くなりました!
凄く大事なもの、いただいたと思う、今。
ありがとうございました。

みかん🎵りんご🎵もも🎵

Commented by くどう ちはる at 2017-04-06 00:44 x
横から失礼します。
皆様のコメントを読んでいて、胸が痛くなりました。
表現の自由な国ですので、何を表現しても好いと思いますが自分が好きなブログなのに。と思ってしまいました。
私は数秘うんぬんより、単純にのりこさんの書かれる文章が好きで、考え方や感じ方、表現の仕方が日々変化しているのが判るのが、うれしくて楽しくて、ここに来ています。
上から目線で申し訳ないのですが、のりこさんが新しい表現をされる度に、ワァ~! のりこさん良かったね! って思ってしまいます。誤解がないように、ごまするつもりも、よいしょするつもりも全くないですよ。
Commented by 4cubes at 2017-04-06 13:46
> くどう ちはるさん

やさしいお気持ちありがとうございます!

実は先日いただいたコメントから思うところがあり、状況が変わり、この後にもお知らせしますが、このブログ、私の方向性、大きく変わります。そのきっかけとなったコメントには深く感謝しているんです。

そしてそれはそれであり、くどうさまのコメントも、じーんと嬉しく読ませていただきました。

いつもありがとうございます!
by 4cubes | 2017-04-03 22:30 | 潜在意識 | Comments(9)

成績が悪い・勉強好きじゃない、そんな子とお母さんの本物の幸せを、こころのテクニック・潜在数秘術・不安を取る技術で助けます。


by のりこ
画像一覧