仲間の意味

昨日も、お金と社会と繋がる勉強会でした。
いつも言い忘れるんですが、
感想をいただけると嬉しいです。
感想送ってもらっても、ポイントも特典も
ないので、目に見えるメリットはありません。
自然にそう思えたら(主体的に)でお願いします。

この勉強会を通して何をしたいのか、という
自分の目的、はっきりしてきました。

仲間を作る。

この「仲間」について、少し前までは
まず「仲間」という言葉自体が好きじゃなくて
風通しの良い間柄なら良いけど、
絶対に必要なものでもないし、なんというか
ただ気があう者同士の集まりなのだとしたら
自分には必要がないとも思っていました。

でも今、生きる視点が変わってきたら、
どの人にも必要な「仲間」があって、
仲間そのものが必要、不必要、ではなく、
どんな仲間が自分には必要か、という事が
これからの時代に欠かせなくなってくる
という事がわかりました。

仲間の概念が違う。

一緒に遊ぶようなそういう意味合いではなく、
なんでも相談できるから、でもなく、
価値観が同じで共感しあえる、でもなく、
自分が寂しくて求めるものでもなく、

それぞれ、心と体が自立していて、心地良い
関係性を持てる、スピリット(魂)の仲間。
年に数回会う、親友のようなイメージ。
趣味とかそういうもので繋がるのではなく
心でつながり、会っていても会っていなくても
心の中にあたたかく、それでいて、心地良い
緊張感が存在する関係性。

そういう「仲間」がいる事を描いた今、
お会いした皆さんは私の中では既に、
仲間にしか見えなくなっていたりします。
でも、仲間だよねーって、
言葉で確認しあうものでもなくて、
ただそう感じる、自分にとっての真実。

心で繋がっているように見せているだけの
違和感のあるコミュニティも存在しますが、
私にとって注目に値する人は、
真の仲間を作っている。
というか、作るんじゃなくて
おそらく、自然に作られている。

だから、そういう風にできた仲間から
搾取しようなんて微塵も思わないし、
裏切ることなんて考えられないし、
情報は惜しみなくシェアします。
そして、物理的に距離があるとか、
事情で会えない時間が長いというような
目に見えるところに左右されない。

完全に対等でフラットな関係。

その上で、会う喜びがあり、学ぶ喜びがあり、
そのためにお金を使う、時間を使います。

例えば私なら、その仲間がいると思うから、
自分のためだけよりももっと学ぼうと、
皆さんに会うたびに思えるので、実は、
講座やセッションを終えると、以前は普通に
「夕飯なにしよっかなー」なんて、
考えていたのですが、今は、無意識ですが
本屋さんに寄ってから帰っています。

次にみんなに会う時までに、自分ももっと
学びを深めておこうという無意識です。
自然にそう思えてしまうほどの存在になってる。
出し切るから、手玉もなくなるしね。

大事な人がいるから自分は動いている。動ける。
動かしてもらっているって、思う。

綺麗事でも高尚でもなくって、for me を
やり切って、for you にシフトし始めたら
「あったりまえに」誰もがそうなると思う。
表面的で中途半端な「人のために」が、
いかに意味を成さないか、今はよくわかる。
だから for me も、やり尽くすんだけど、
飽きるまでとことんするっていうのも、
最後の方なんて結構苦しかったですが、
私は、そこまでやらんとわからなかった。
他の人は違うかもしれないけれど。

生活そのものが激変したわけではなく、
ごく普通の毎日を送っていますが、
意識がまるで違うので、1日の充実度も
当然違ってきます。

そういえば、最近、私は
変化を恐れなくなってきました。
(変化を恐れなくなると、逆に安定する)

やりたい事があって、変化が来る時、
潜在意識がその変化を恐れるので、
やろうとする事を阻む現象が起こる、
という事を、どこかで私も書いたし
昨日の勉強会でも話題に出ましたが、

例えば離婚したいとして、よしするぞ!
と思った途端、まわりに反対されたり、
シングルマザーはこんなに大変!みたいな
テレビの番組見ちゃったり、そういう
情報を拾ってしまったりします。

そういう時は、その意識を、
その先に得られるものに向ける。
離婚することに意識を向けるんじゃなくて、
離婚した後、身軽で自由になっている
幸せな自分を想像する。
そのために、この恐れが起こっているんだ、
この恐れは必要だから起こっているんだ、
「恐れるもの」ではなくて
「恐れ」という「事象」が
お約束として起こっているんだ、
じゃあまさに、これが正解じゃないか。

という事がわかる。
こんなにわかりやすいこともないわけです。
意識を恐れに向けると怖くなりますが、
その先に得られることに向けると、
恐れが「手段」になります。

離婚して「幸せな」自分をリアルに想像して
幸せの波動を感じるから離婚が成立すると
いうよりは、ですよ。
そういう、ふわっとした意味づけよりも、
単純に「離婚した後の状態の自分」を
しっかりと目標に定めることで、
やる事が決まって来るから、怖いとか
そういう今の気持ちの優先度が低くなって
離婚するための行動を、当たり前にするよね
って事なんだと思います。
もちろん、ふわっとで叶う事もあるんですが
(長くなるので違いはここでは書きませんが)

目の前に、もう超える事がわかってる
山があるんです。
山だけ見ると高くて暗くて恐くなりますが、
山の向こうに恋人が待っていると思えたら、
その山を超えることは、彼と会うための
単なる手段になるわけです。
「あ、山ですね、はい、超えますよ」となる。
川があれば「あ、川ね。はいはい」となる。

人は、1つのものにしか意識を向けられない
だからわざわざ怖いものに意識を向けずとも
楽しいことに向けとけば良いんですね。

ーーーーーーーーーーーーーー

【 男性性と女性性、お話会 】

日程調整中

【 目標を持つワークショップ 】

日程調整中

目標を持つと言うと、なんか高尚な事、
壮大な事を想像しなくちゃいけないように
感じる方が多いけれど、
エゴ丸出しの、超自分勝手な目標でOK。
というか、目標なんて自分だけのもの。
エゴイスティックが自然です。

要はなんでもいいから、強い目標を
持てる事で、そのために色々な事が
達成できたり無駄がなくなったりするので
毎日が楽しくなります。
人間関係、健康、いろんな悩みも
なくなっていきます。

じゃあその「目標を持つ」って、
どうすれば可能なの?っていうところを
掘り下げていくワークショップです。

【 ほんものの節約勉強会 】

妄想中

節約って、ダメなんじゃなかったっけ??
私もそう言っていますけれど。
細かく言えばダメな事があるわけじゃない。
ダメな視点、ダメなやり方があるだけです。
節約を面白がろう、って感じかな。
ちょっと研究中です。
「節約」ってしなくてもいいんですが、
楽しい節約があったら、やりたくなるし
節約に対するイメージが変わると、
また人生が面白くなると思うんです。



●現在セッションは、初めての方は対面のみ
で承っています(基本的に東京、吉祥寺)

●一度以上お会いした方はスカイプOK

●代金はいずれも1万円です

■ お問い合わせ、お申し込みは、こちら からお願いします。

[PR]
by 4cubes | 2017-11-08 09:05 | 潜在意識 | Comments(0)

心の取扱説明書である数秘と、心の仕組みを知って、ほんとうの自分を生きたいと思う人の、心のお手伝いをしています。


by のりこ