自分を生きている人

息子は、こだわって買った通学のための革靴を、まだ一度も履いていません。
学校としては運動靴でオッケーにもかかわらず、入学式の日、借りた革靴を履いた時に感激して「通学でも履く履く!!!」と言って買ったものですが、一向に履く様子はなく。

人がお金を使う本質は、手に入る「モノ」じゃなくて「楽しい気分をカタチにする」こと。彼は「革靴を履きたいと思った」自分が「こだわって買う」のが目的だから、お金を支払った時点で満たされて終了。(もちろん無自覚)
もちろんモノも気に入っているからそのうち履くとも思うけど、親が一般的に思うような使い方を約束しているわけではなくって。

子どもや自分を生きる人がする約束って「今はそう思っているよ」ということに過ぎない。
「わかった?これからは宿題は遊びに行く前ね」と仮にそんな約束をしたとして子どもが「わかった!」と答えてもそれは「今この瞬間「わかった」とほんとうに思ってるよ」という意味であって、その「わかった」が継続するという意味を含んではいない。
今の大人の世界では「わかった」は「これからずっとそうする」を意味するので、「わかった」と言って次の日にもう宿題やらずに遊びに行く子どもは「約束を破った」事になるんだけど、子どもはそんなことしてなくて。
「わかった」と思った昨日の自分も、今日宿題やらずに遊びに行く自分もほんとうの自分。
今ここの感覚に正直に生きている自分。
だし、そういった観念的な話だけじゃなくて、量子的にも「ある」のは今この瞬間視覚化できたことのみだから、「ある」だけで話す子どもの主張は、実は正論だったりもする。

でもなんども「言ったじゃない」と怒られたり「約束」を強要されると、自分を殺して宿題やるか、とりあえず親の気持ちを鎮めるのが目的の、中身のない空っぽの「わかった」にすり替わる。

親子だけじゃなくて「わかった」1つ取っても解釈って人それぞれ全然違うから、違う解釈をするかもしれないものを「契約」したってしょうがないと思う。

大人だって、5分で気が変わるしね。
その場のノリで楽しそうだと思い込んでした約束を、1人になった途端「やっぱり億劫。やめときゃよかった」って思った経験ないですか?
そういうのをしょうがないと思って「でもきっと行けば楽しいから」と自分を納得させようとしたり「自分がした約束だから守らなきゃ」とか、そもそもそんなことは当たり前で「よくあること」で片づけちゃったりとか。
そうやっていともかんたんに、本当の自分をなかったことにしていく。

じゃあどうしたらいいんですか?ってすぐなりやすいんだけど、いつも自分の感覚に正直でいると、そういう約束をしなくなるし、そんな風に自分を生きると決めて、そこは正直に言って約束を取り消せば良い(嘘の理由使わず)
そうやって勇気を出して、違和感を感じた時点できちんと解消していけば、気がつけば子どもの頃のような、自分を生きている人に戻っているから。
子どもはそんな親を見て育つ。

「自分を生きる」のはデフォルト。
それを変えないで、全てがうまくいく方法を考えるためにあるのが、色んなツールなんだと思う。


●個人セッションが変わります。

数秘ありきではなく、クライアントさんが何かで悩んでいたり、変わりたいと思っていたり、もっと漠然とした「なんとなく」でもいいし、といったところから入ります。
ゆっくりとお話していく中で、必要なだけ、数秘はもちろん私の持つものすべてをそのツールとして使います。
そもそも自分を生きていない、あるいはツールを自分だと思って生きていたりする人が多いけれど、そうじゃないもっと深くて、矛盾するいろんな色が混じっているのに合わせると綺麗な1つの色になるような、唯一無二のあなたを生きるためのセッションです。

私、とある人のところに、なんとなくアドバイスを求めに行って。「やっている事も全然違うのに私のところにきたのはなんで?」と聞かれて、そこでやっと「そうだよなーなんでかな」と思ったんだけど。
自分でも何が聞きたいかわからないとか、カタチにならないことがいくつもあって。
でも、なぜか、私はその人のところに行った。
そういう「よくわかんない」自分も私。
そして、そこから、わかった。
天と地がひっくり返るほどわかった。

でね「悩んでいる」→「それはこういう感じ」→「具体的なアドバイス」→「解決」じゃなくて、もっと漠然としたものとか、説明のできないようなものとか、そういうものも丁寧に拾って、暮らしの中に彩り豊かに再現できるようなセッションにしていこうと思ったし、それが実は得意なんだという事もわかった。
もちろん霞を食べて生きろじゃなくて、日常を幸せに生きてこそだと思うので具体的で実践的なアドバイスも必要なツールとして話すんだけど、それもそれぞれに別な話になる。その人だけへの言葉になる。

セッションはもちろん今までもそうだったんだけど、よりそうなるかな。

ブログは少し前まではしっかりとした知識とか、具体的にできることを書いていたので、それは多くの方に使える実践的なもので、読むとそれも目に見える形で変化があると思います。


●近日中にHP閉じます。ブログだけにします。

●個人セッション、5月いっぱいまで、20,000円で承ります。

●6ヶ月プログラム、残席2名です。


■ HP
■ お問い合わせは こちら からお願いします。

[PR]
Commented by くどう ちはる at 2017-04-23 18:57 x
自分を生きるって、いつでもそうしたい。誰に対しても、どこにいても、自分がどんな立場に立たされていても、そうできたら素敵です。思うだけなら簡単だけど、貫こうとすると急に弱腰になってしまいます。
過去の内容に質問しても大丈夫でしょうか?
主人が癌で闘病中なので、その時期の記事をもう一度読み直して、自分なりにもう少し突っ込んで理解したいのです。たぶん初めて読んだ時と受け取る情報量も変わってきているかと思っています。
Commented by 4cubes at 2017-04-24 16:58
> くどう ちはるさん

ご質問大歓迎です!
私も、その時と違う言葉をお伝えするかもです。

弱腰になるその時のちはるさんの気持ち、が鍵になりそうですね。
by 4cubes | 2017-04-19 12:33 | 潜在意識 | Comments(2)

成績が悪い・勉強好きじゃない、そんな子とお母さんの本物の幸せを、こころのテクニック・潜在数秘術・不安を取る技術で助けます。


by のりこ
画像一覧