子どもの才能

シンプルに言えば

できる子のまわりには、できない子が集まるし
できない子のまわりには、できる子が集まる。

東京は高校の数が多くて、概ね学力に合わせて選ぶから、かなり似た学力の生徒だけで1つの学校が構成されることになる。
しかも今は、経済力と学力の関係性も無視できないように見える社会だから、家庭環境も似たような子が同じところに集まると思う。

で、そうやって同じような子が集まったとしても、もしその子自身が優劣のある世界に生きていたら、今いる環境を優劣で見るから、そこで敵を作って生きることになる。
敵を作る自分でいる以上、どこへいっても敵を作る。
だから、どこにいるかじゃなくって、どんな自分でいるか、だけなんだと思う。

と、昨日の6ヶ月プログラム初日でもほんとうにそう思った。

子どもを怒っててもいいし、褒めててもいいし、それほんとうに大丈夫。
気にするのはそこじゃないと思うんだ。
いつも思うんだけど、どの方も、自分の子どもの素晴らしい才能をもう知っている。ただ、見ている視点がちょっとズレてる。
決めたいところで決めてなくて、決めなくて良いところ決めてると思う。
そして幸せは、そこに気づくか気づかないだけの違いなんだろうなぁ。

息子は昔から、自分でなんとかしようなんて発想がまるでなくて、何かあれば誰かにすぐ頼む。頼るじゃなくて依頼する感じ。
わからないことはわかる人に聞けばいいし、できる人、得意な人に頼めばいい。そうすると好きじゃなくて意味がわからない勉強は自分でする必要ないから、自分の学力は自ずと低くなる。
それが何を生むかというと

●友達を対等に見る
●劣等感がない
●ナチュラルな交渉力
●友達が多くなり、人脈につながる
●自然体なので本番に強い

そして、友達は人数に加え、圧倒的に「学力の高い」子が多い。
優劣ではなくて、性質としてね。陰陽としては必然的にそうなるわけで。依頼するつもりでいるから依頼するに値する友達が増えるのは仕組みとしては当然になる。

いい感じに見えるかもしれないけど、私からは依頼心が強く見えて「人に頼るな!」って息子に思ってた。
息子が「今流行りの無気力な若者になるのか?!」と心配してた。
この人の人生、学力が低いことでしかも頑張ろうとしないことで、仕事選べなくなったり選択肢狭くなったりして、それ受け入れなくちゃいけないのか?って思ってた。
「今頑張らないとあとで苦労するよ!」なんて本人に言っちゃった事もありました。
(今思うと呪いの言葉です。苦労すると決めて、それを現実化するために頑張ることになるから)
なんとか「楽しく」学んでもらおうと色々働きかけてもみたけれど、うまくいかない。
ところがただ「視点」に気づくだけで世界は激変して。
これから先、彼を心配しなくても良い自分を得られたことが心から嬉しかった。
だって、ほんとうに大丈夫だから、心配になる必要がなくなったもの。
(あ、日々の色々はありますよ。でもそれは「対処すべき案件」であって行き所のない不安ではないってことです)

わかりやすいことだけじゃなくって、みんな隠れた才能があるから、子どものそれが見えると、毎日は楽しい。
早速定期紛失しても、脱力しながらも通常運転だなーって思えるんです。
(再発行も完了。IC時代に感謝。Nさんありがとう!あのまま駅の窓口で手順を聞き、生徒手帳が必要なので学校帰りの息子と待ち合わせて手続き、からの受け取り。流れ完璧でした。)


■ HP
■ お問い合わせは こちら からお願いします。

[PR]
by 4cubes | 2017-04-28 14:14 | 潜在意識 | Comments(0)

成績が悪い・勉強好きじゃない、そんな子とお母さんの本物の幸せを、こころのテクニック・潜在数秘術・不安を取る技術で助けます。


by のりこ
画像一覧