揺り戻し

心の世界で大きく活躍している人も多い中で、ここ最近、全体的に大きな揺り戻しになっている人も多い印象を受けます。

集客や売り上げや知名度などが上がっていて一見成功しているように見える。でもそのまま振り切ろうとすると、戻される。大きく飛躍する分、戻りもとても大きい。
良いことも悪いことも、変化するときは確かに揺さぶりが起こるけれど、そういう時に抜けて飛躍せずに、おおごとになったり大事なものを大きく失う人は理由があって。

どこかで人の想いがついていっていない可能性がある。
調和がとれておらず独りよがりになってるんじゃないかな。

例えば子どもがいても自由に自分の生き方をクリエイトするというのは本当に大事なんだけど、人間て案外不器用で、偏りやすいよね。
「好きなことしていいんでしょ」って言葉としてはその通りだけど、あまりにバランスを欠いて受け取り過ぎている場合もあると思う。それでも一時的に自己肯定感も上がるし、見えている部分は輝いていくんだけど、大事なものがついていってない事に気がついていない場合も多いんじゃないかな。

子どもをそっちのけでSNSに夢中だとか、起業して仕事に熱中、売れたり知名度が上がったりすれば、そっちに集中したくなって子どもの相手がめんどくさくなる。自分がやりたかった趣味や習い事だとしたら、自分がいろいろ刺激を受けて表現の場ができるとどうしてもそっちが楽しくなる。で、そうなるのが嫌だからという人は、今度は何もかも我慢したりして、どこかで不満をためるようになる。人生、ほんとうは二択じゃないから。

そしてどっちを選ぶにしても「自分は調和している」と思い込んでいる場合もとても多いと思われ、表面的には目に見えている状況が良い感じに思えるからそのまま進んで、心の奥では未処理の想いが残ってくすぶっている事がある。
親との関係性とか、ご近所との確執があるとか、そういう、見ないふりしているところがあればそういうところを放って置かない方が良いと思う。
子どもが、いつもと違う感じがしたら、それも何かのサイン。

どんな時も、人との調和が一番大事で、これを無視して他のものを拡大しても、必ず破綻して、自分の、人との関係性レベルに戻されるから。
自分が人間関係できていなければ、破綻するから。
人を整えれば物質的なものは後からついてくるけれども、先に物質だけ反映して、そこから人との信頼関係を築けるっていうのはない。

なぜ人が、物質的なものを求めるのかっていうと、やっぱり人恋しいからなんだよね。
思い通りにならないから、代償として思い通りになるものを求める。
人間関係が必ずしも良くなくても良いんだけど、良いにしても良くないにしても自分で自分の今の現在地をしっかりと明らかにして、その上で好きなことをするのが大事だと思う。

まわりの、大事な人をちゃんと見て、自分がどこに立っているのか確認して、どうしたらここにいる全員笑顔でいることができるか、ということをベースに、自分の自由を考える事が大事だと思う。
そのためには想像力が必要で「やってみたいけど、なんのスキルもないし」とか「時給良いところは、長時間労働になって子どもとの時間なくなるし」とか「お金ないし」「やったけどバランス取れないし」という事にとどまると、そこで終了する。
そこから、もう少し可能性を広げていくという事、自ら風穴をあける作業が必要になるんじゃないかな。
(そのやり方はまた別途書きます)

どうしてみんな、どっちかに振れやすくなるんだろうと思うんだけど、やっぱり思考優位だからかな。間違いないって確かなものが欲しくなる。それって自分の感覚に自信がないからなんだと思うけど、その辺を雑に取り扱わずに丁寧に見ていくこと、やっぱり大事だな。

揺り戻されている人と話してみたいな。
想像だけど、たぶん、信頼できる友達ほしいんじゃないかなーと思うから。


■ HP
■ お問い合わせは こちら からお願いします。

[PR]
by 4cubes | 2017-05-13 15:49 | 潜在意識 | Comments(0)

成績が悪い・勉強好きじゃない、そんな子とお母さんの本物の幸せを、こころのテクニック・潜在数秘術・不安を取る技術で助けます。


by のりこ
画像一覧