自己受容の大切さ

人生のあらゆることにおいて、自己受容がいかに大切なのかという確信度が増しているけれども、大人でそれができていると感じられる人は、驚くほど少ない気がする。

幸せな暮らしをしようと思ったら、仕事も、お金も、そこが重要になるし「引き寄せ」だって、テクニックではなく、自己受容ができていることが大前提なのです。(多くの引き寄せ本にはそこが書かれていないけれど)
引き寄せるから願いが叶うわけじゃなくて、願いが叶うためには自己受容が必須になるわけです。
テクニックでも多少の豊かさは手に入るけれども、それだと続かないし、続かない時の挫折が大きくなってしまうから、人生においてはリスキーになる。

子どもの幸せを願わない親はいないはずなのに、せっかくのその願いが叶わないような在り方でいる親が多く、世の中はとても矛盾していると思います。
矛盾は不安を生む。そしてその不安と戦おうとしてしまう。
その中でもまず自分が豊かになること、自分の子どもが豊かになることを選ぶこともできる。選べと言っているわけじゃなくて、選ぶことができる。

それは自分たちだけ勝ち抜くということじゃなくて、子どもがこれから生きる未来の平和への確かで大きな一歩になる。
優劣のない世界で、我が子が自由に好きなことをして幸せに生きられる、そんな世界にすることだってできると思う。他の誰の手を借りなくても。
すでに強固にこれまでの価値観で生きているから、感覚をつかむことに、もちろん多少の時間がかかるかもしれないけれど、ただ意識を変えるだけで、視点を変えるだけで、それさえ変われば手に入るものがそこにあるとわかっているのなら。

と、つい熱くなりますが。

自己受容は、赤ちゃんのように、何も持たなくても、着るものさえなくても、自分の価値があるとかないとかそういうことも考えず、ただ自分を表現して生きている。
そういう本質に、戻る、という事なんだけど。
今自分がくっつけているいろんな不要な価値観を1つずつ取っ払っていくと、裸の、ニュートラルな自分に戻るのですが、そこで純粋な「やりたい事」が出てきます。
やりたいことしか残らない、というべきかもしれません。

それがなんなのか、数秘からも見えるから伝えたりするけれど、ピンとこない人が多い。それは、まだ受け取れる在り方じゃないのかもしれないし、でもそれも「自分のやりたいこと、好きなことを受け取る」と決めた日から変わります。

私は、自分の純粋にやりたい事が見えたら、それはちょっと驚くような事で、どうやって叶えるんだ、とも思いましたが、それを持っているという事が大事だし、やっぱり純粋な願いだから、いずれ叶うのだと思います。
どう叶っていくのか、どこからアイデアが出てくるのか、楽しみです。
それは子どもの頃も確かに願っていたし、大人になってからも妄想するときにはそれに近い事を考えていたし、それほど物欲、体験欲がない、究極何もしなくて良いと思っている私が、考えるだけでワクワクする事。

本当にほしいもの、取りに行こう!


■ HP
■ お問い合わせは こちら からお願いします。

[PR]
Commented by くどう ちはる at 2017-06-02 11:02 x
うん!本当に欲しいものは、取りに行こう!!
どうしてもそうしたい、どうしてもこれが欲しいとなったらあらゆる手段を考えますよね。
今自分に出来る時間や道具や人脈や知恵と体力と、それでもどうやっても手に入れられなかったなら、今はその時ではないのかもしれないと思えます。
あかちゃんは、存在そのものが完璧ですよね。
自分が愛されるかどうかさえ、疑ったりしない。
泣いたり、ほほ笑んだり、力いっぱい動いたり。
私たち大人は、どこかでそういう気持ち失くしてしまったんですね。そうしないと生きられなかったからなんですかね。
Commented by 4cubes at 2017-06-03 13:10
> くどう ちはるさん

ほしいものは、ただほしい、だけですよね。
それ以上でもそれ以下でもなく。
手に入るかどうかはまた別だけど、手に入った、以上、手に入らない、以上。

我々は、わざわざ余計なことを考えて色々なことを「発見」するために生きているのかもでしね。めんどくさいけれど、そういうもののようですね♪
by 4cubes | 2017-05-31 11:02 | 潜在意識 | Comments(2)

心の取扱説明書である数秘と、心の仕組みを知って、ほんとうの自分を生きたいと思う人の、心のお手伝いをしています。


by のりこ