年末の断捨離

1月のお約束は満員です。
2月は2月1日から受け付けます。
(2月の予約は受け付けていません)

昨日、型紙屋を無事リニューアルし
(クーポンナンバー間違えてたけど!)
クリスマスプレゼントのマフラー編みも
佳境に入り、年末の大掃除もスタート。
大掃除といっても、我が家は秋にダスキンに
来てもらったので、本当のお掃除はわずかで

大掃除するのは私の脳内です。
人間関係を断つのも、脳内の断捨離を通し、
行動となったものに過ぎなくて、別に
良い人悪い人を選別するというような類の
ものではないという事ですが。

ひとまず過去のPTAのライングループとか
(PTAが終わっても何かと集まって出かけて
たのですが私はもう参加していないので。)
さくっと、何も言わず退室しましたが。

個別には繋がっているにもかかわらず
誰も「どうしたの?」も言ってこないので
そんなものだという事がよくわかります。
「諸事情が…」みたいに変に気を使って
退室していたら、いらぬ噂を作るか、
「大丈夫?」という、変な気の使わせ方を
させるだけかなと思います。

つまり何でも、堂々としてやれば、相手は
「そういうものかな」と受け取ってくれる。

それが一番スッキリして拗れない人間関係。
そんな感じでサクサク作業は進みます。

洋服も、外によく出かけるようになったけど
私は大抵同じ洋服を着ています。
快適だと思える洋服は決まっているから、
枚数だけはあっても、選ばないですもん。
選択肢が増えても、結果は同じなのですね。
(受験や求人も同じ事。)

そういう事で、物理的に着ていない洋服は
処分です。
デートも、差し色などに季節感を出して
気を使うくらいなので枚数は必要なくて。
古いアクセサリーやバッグを、大事に
使いまわしています。
あくまで個人的な好みです。

断捨離も「自分にとって」を基準に。
外側の答えを当てはめようとしても、
うまくいかないと思います。

プチプラ洋服とアクセサリーをたくさん
コーディネイトするのが楽しい人は、
断捨離=物を減らす事じゃないのだから
「自分にとって」必要な量を持てば良く
そこに罪悪感持たなくても良いわけです。

「誰が何と言っても」私は私。
ただしうそ偽りない、本音に本気の私。

よく「私はできるけど家族の物が…」とか
自分だけが片づけても家族が片づけない
みたいなお悩みの方は多いのですが、
その場合、自分の中に「片づいていない」
何かがある状態です。
部屋は綺麗だけど、クローゼットが…とか
年賀状ができていないとか、などなど
自分にとって何か「片がついていない」
ものがあるから、人の「片づけ」が
気になるのですね。
あとは「綺麗にしなくてはいけない」とか
「片づけなくちゃいけない」と思っている。
その信じ込みが、ストレスを生んでいる、
かもしれないですね。
自分のことに片をつければ、あるいは、
自分も片がついていない、と気づき、
許しが起これば、問題は泡となって消え、
そもそも問題なんてなかった、になるのです。

午後は本を整理して、必要な分だけにします。
片づけに迷うのは、生き方に迷いがあるから。
ものを捨てれば解決というわけではなくて、
自分を発見する、というところが断捨離の
目的であり醍醐味ですね。

私は片づけであまり迷わない方だけど、
以前は、捨てる捨てないで迷ったものって
「貧乏になった時に、困らないように」
と思って、洋服とか、特に値段の高い、
コートなんかは捨てずに置いておいたり、
困った時の打開策のアイデアとして、
本は結構「とりあえず」取っておくとか、
自分にとって弱い部分で、思い切りが
悪くなるというのはありました。

でも「今この瞬間の自分に不必要なものを
取っておく」という行為が、超超超超超
心にとってリスクが高いということを
嫌という程わかったので、そこからは、
さっぱりとやめました。

物だけでなく、環境も、人間関係も、
やりたいと思ってるのにやっていない事も、
やりたくないのにやっている事も。

整理して2018年を迎えます。

■ お問い合わせ、お申し込みは、こちら からお願いします。

[PR]
# by 4cubes | 2017-12-17 14:52 | 潜在意識 | Comments(0)

許す、という事

1月のお約束。
残り1名様です。
埋まりました。
メールくださった方には順次返事します。
日時の調整に少しお時間ください。

ーーーーーーーーーーーーー

昨日は飲み会でしたよ〜。
楽しかったけど、時間足りないねー!
なんの話したかあまり覚えていませんが。
(出版業界の闇の話してた、そういえば)
人と繋がることって、最高の財産だ。

そして今日から、型紙屋「polka drops」
新しいサーバーに移転して、デザインも
変わってスタートしています。

息子が録画していた、ロンドンハーツ。
(いつのものかわわからないのですが)
狩野英孝さんの復活企画でした。
狩野さんユニット『50TA』の復活ライブを
ドッキリの内容で、事務所の先輩である
出川哲朗がプロデュース。
という内容でした。

出川さんは人が良くて、ドッキリ企画中も
狩野さんを騙すことへの罪悪感から、
仕掛けに徹することができなかったり、
何しろ仕掛ける側としては初心者なので、
ロンドンブーツの淳が全面サポートに
入るのですが、出川さんの四苦八苦を
通して、仕掛けることや、仕掛けながら
面白さを引き出していくという事には、
かなりのレベルの心理技術が必須だな
と思いました。
そして、その難しいことを自然体で
できてしまう淳の凄さも、改めて納得。
うまい!

淳の、罪悪感のなさや自分へと他人への
全面的な信頼と、思い切りの良さに
人の心を読む天性の才能が備わって、あの
番組になっているんだなーと思いました。
愛と罪悪感は、対極にありますから。

番組を通して「愛」と「許し」ってこういう
事だなーというのも見た気がしました。
狩野英孝さんが過去にしてしまった事
そのものは社会的なルールに反しますし、
それには制裁も必要なのかもしれない。
でもその先に「許し」がある事も大事で。
「許す」とか「許さない」んじゃなくて、
許しは「起こる」
愛を持って迎えようと思ったら、その舞台を
作ることができるのが人間で、そうやって、
心を砕いていくと、その先に許しが起こる。
この企画は、すごい装置だな、と思った。
狩野英孝さんは、幸せな人だなと思ったし
それは、素直な彼自身が自分で作った
世界でもある。

私は、お笑いが好きかというとそんな事も
ないのですが、吉本新喜劇は好きです。
関西に生まれているから、慣れ親しんで
いるというのはもちろんあると思いますが、
吉本新喜劇って、面白い人もいるけれど
面白くない人も出ています。笑えないほど
サムい人も、芸風が全く変わらず、飽きたな、
と思ってしまう人も普通にいる。でも、
面白くない人が淘汰されていくわけではなく
面白い人が面白くない人を、例えば
「おま、この空気どないしてくれんねん!」
みたいなツッコミで、皆で一緒に笑いにする
チームで作る感じがとても好きなんです。
全部の個性を、多様性がまずあり、その上で
脚本を作る、という「人が主役」という
スタイルが、私は好きだなと思う。
「クラスの女子全員がお姫様」みたいなのと
全く違う意味の、皆が主役。
どの人もそのままで主役。

美しさはないかもしれないけれど、人間味が
損なわれる事なく、皆が輝くスタイル。
でもそこに、私は美しさを感じるんです。

場所が必要。
皆が集まれる場所。
美味しいものを持ち寄って寄り合える場所。
ビジョンを形にする場所。

■ お問い合わせ、お申し込みは、こちら からお願いします。

[PR]
# by 4cubes | 2017-12-16 14:27 | 潜在意識 | Comments(0)

お金を介さない


● 降りてきたわけでもなく
● 徳を積むわけでもなく
● 良い人でもボランティアでもなく
● 皆さんが考えるような「無料」や
「0円」または「客寄せ」でもなく

私なりに整合性のある確信と根拠があって、

1月より、私は全てに関して、
お金を介さないで提供いたします。

ブログはもちろんですが、対面で会うこと
スカイプを通して話をすること、
数秘のセッションも、潜在意識の話も、
お金や社会の仕組み、願いの叶え方、
悩みへのアプローチなど、
あとはただ喋りたい、みたいなのでも。
クオリティにおいては、貴重な時間を
使っていただくに見合うだけのものを
提供する意識でいることには変わりません。

私、お金は持っていないので、
対面は吉祥寺、お茶代負担でお願いします。
無理なく日帰りできる場所なら遠方もOK。
こちらは交通費とお茶代負担で参ります。
その他、いただけるものは何でもwww

無料の理由は、言葉にできる部分としては

● お金をいただくメリットが私にない
● 次にやりたいことを実現するにあたり
現在私にできる最大のことがこれだから
● 他の人がしない事にワクワク(S1が〜)

といった感じですが、他に重要な意味が、
言葉にはならずとも、いくつかあります。

ここまでクオリティを上げてこられたのは、
真に「お金ではない」を教えてくれたのは、
お金を出して来てくださった多くの方の
おかげです。
だから、そういう方にも積極的に、
メンテナンス、フォローしていきますので、
必要な時は声をかけてください。

1ヶ月につき10人まで承ります。
今日から1月分の予約受け付けます。
ご希望日、対面かスカイプ、を書いて
ご連絡ください。
(あと9人です)

無料なんだけど、0円なんだけど、
「安い」とか「お得」そんな話ではなくて。
この2年でしょうか、数秘と潜在意識の話で
沢山の方の人生が望ましい方向に行ったり、
毎日のクオリティが上がっていくのを見て、
自分にできることがある、という幸せを
私もたくさん受け取りました。
もちろんそうじゃなかった人もいたと思うし、
それでもそこにはなんらかの学びがあって、
私に、じゃなくても、何かをきっかけにして
人と会う、という事に、大きな意味がある
のだとしたら、その「会う」を作ることが、
すぐにでもできることだし、そこにお金が
障壁となるのなら取っ払っても良いし、
私自身、人に会って学ばせていただきたい。

それなりの金額を出さないと、覚悟が出ない
という考えも一般的にありますが、
私も、それも間違いではないとは思うけれど
もうそれ、いらんかなと。
(それをあまりにも利用してるカウンセラー
や講師が多いので、逆をいきます。)
無料でも行かない人は行かないですけれど、
なんていうか、高かろうが安かろうが
数字が基準になっている時点でもうそれ違う。

無料だから、安かろう悪かろなのでは?と
想像してもらっても、私自身は大丈夫です。
全ては関係性だから、まずは関係を作らないと
何もわからないし、確かな事は言えない。

お金ないのにお金いらないなんて、自分でも
なんかめんどくさいなーと思いますし、
キラキラしてりゃ楽だったのにと思うけど、
これが自分にとって本当に正直なところ
だからもうしょうがないと思っています。

さてどう転ぶか ♩

■ お問い合わせ、お申し込みは、こちら からお願いします。

[PR]
# by 4cubes | 2017-12-15 12:41 | 潜在意識 | Comments(6)

ミステリー寄り合い

一昨日は「ミステリー寄り合い」で、
ものすごく楽しかったです。
プレゼント交換なんてのもして。
ノープランで緊張感もなく、
それでいて濃い内容だった気がする。
自分のビジョンも話しました。

私が今後やりたいと思っていることは、
私には1円も入らなくてもやりたい事で、
そうはいってもお金は必要だけど、
お金だけあってもできないほどの事、
壮大すぎて、成功例がなさすぎて
(私自身が体感した、小さな実体験のみ)
どうしたって1人じゃできなくて、
どこから手をつけて良いかもわからず
どう繋がるかもわからない事を踏まえ、

会う人にはとにかく熱く語り、ひとまず
巻き込んでます。もちろん大切なビジョン、
誰にでも話すというわけではないけれど、
そもそももう、私にとってはいつだって、
必要な人と、必要なタイミングで会うし、
会ったら100%信頼できる大切な人です。
これまで会った人も全て同じです。

っていうか、そうしか思えないほど、
これまで素敵な人にしか会ってこなかった
と、何度考えてもそう思います。

寄り合いは、さすがにブログでは書けない
エグい話もするし、黒い話もするし
ダメなところ、弱いところ、出して出して、
シェアして笑って昇華してしまいました。

あくまで私から見てですが、誰と会っても
何だか皆、同じくらい素晴らしい天才で
もともと人の差異を感じない方だけど、
それにしても人って、個性がありながら
こんなにも天才度が同じなんだなーと
不思議でならないですね。

これまでで一番好きな12月だと思った。

昨日、たまたま見つけたとあるブログに、
「ハンドメイドブームの時、作品作って
売っていましたが、あるハンドメイドの
セミナー講師に疑問が湧き、やめました」
って書いてあったんですね。
で、そのセミナー講師、私が少し前から
「この人はなんか変だ」と思ってた人
だったのと、ディスりながらも、ふっと
笑えるセンス、ブログの文章力がこれまた
素晴らしくて、ついつい引き込まれ、
しばらく読み込んでしまいました。

ハンドメイドブームなんてのがあったのか。
もちろんミンネやクリーマは知っているし
ハンドメイド作家さんの作品がある事
何かとよく見かける事、
材料が色々と売られていて、書籍も豊富。
そういうのは見てもいたけれど。
型紙を作って売っている自分と繋げた事は
なくて、違う世界の感じはしていました。
実際ハンドメイドのイベントに行った事も
ないし、出店した事もありません。
誘われた事もないです。
このかたのブログを読みながら、
不思議な感じがしました。

私はたいして性格良くないですが、
性格の良さも悪さも内包されるからこそ、
そんな色々が織りなす人というものが好き。
自分の黒さも、人の黒さも、フラットに
好きだなと思います。

で、それを商売上あまり出さないように
してきましたが、出せないものが微妙にある
という前提が嫌になり、この度解禁です。
ジャッジなのか、ジャッジではないのか、
自分の中で信じるものがよりはっきりして、
自分なりの区別がついたのも大きいです。

ここのところ息子の怪我で、良いお母さんを
やってたら、何だかストレス溜めたようで、
昨日つい「送迎いやや!」と叫んだのですが

息子、今朝、ウイルス性胃腸炎に。
「送迎しない」を見事に引き寄せました。
…あ、そーいう手段なのね。
息子は息子で、怪我が思ったより重症で、
大きな病院で更に診てもらう事になるし、
ウイルス性胃腸炎になるわで、なにかしら
引き寄せまくっているようです。

今は、不思議とまた送迎する気分になって。
息子も、我慢の限界だったらしい松葉杖を
使わないで済むよう、病院の先生に交渉して、
松葉杖なしで治療を進めることになりました。
お互い我慢を投影しておりましたね、はい。

明日は飲み会です。
黒いの解禁、そしてお酒が入りますから、
マウンティングなしの、もうめっちゃ、
純粋な黒さで飲みましょう。
(趣旨は数秘の飲み会だった気がするけど)
じゃあ黒数秘で。

あ、待ち合わせは6時前にビルの前で。
(遅れる方はこの限りではありません)

■ お問い合わせ、お申し込みは、こちら からお願いします。

[PR]
# by 4cubes | 2017-12-14 13:02 | 潜在意識 | Comments(0)

おすすめ本


占星術なのですが、潜在意識との繋がり、
あと、本当に知りたいことが書いてある。
具体的でありながら、押しつけでも
決めつけでもなく、明るい未来を描ける。
ふわふわしてもいなくて、信頼できます。

私が、1人が好きだったのに最近になって、
人と会うし仲間を作ろうとするのは何故か
のように、これまでの事とこれからの事、
のような「時間軸」ベースで読み取るのは、
数秘にはあまりない部分ですから、
新鮮な発見がたくさんありました。

これからやろうと思っていた事や、
タイミングも、ピタリと符合していました。

昨日の夢で「平和」を体感したんです。
平和ってこれまで何となくで認識していて、
言葉にしたとしてもとても抽象的でしたが
(それすら意識もしていなかったですが)
夢の中で「平和」に触ったんですよね。
紛れもなく、体感として。
泣きそうになるくらいの心地良さでした。
どんな野望もどんな虚栄も、これに抗う
なんてことは考えられないくらいの至福感。
政治家がこれ触ったら、世の中は
あっという間に平和になるんだろうな。

話は変わりますが、
「暗号通貨、なぜやらないのですか?」
というお問い合わせをいただきました。
7月だったか、まだ25万円くらいの頃に
勧められましたが、直感的に
「私は買わない」と思っていました。
なぜかっていうと、その時は何も
考えていませんでしたが、個人的には、
「人の顔が見えないから」かなと。

管理者がいないから主観が入らない、
市場操作できない、という事が、暗号通貨の
最大のメリットでもあるのですが、
確かに「便利」だし、期待度は高い。
(から価値も上がっているのでしょうし)

ただ私は、人の顔が見えないものにはあまり
魅力を感じないので、暗号通貨を買うなら、
むしろ株を買ってその会社を応援します。

ビットコインでも積極的に決済したりして、
応援することはできるけれど、やっぱり
何を?じゃなくて、誰を?応援するのか、
それが大事な気がします。
人生は、人が主役ですから。
人の顔が見えにくい物の方が、性質的に、
依存型になりやすく思えるのですが、そこも
微妙だなと個人的には思っています。

ただ、暗号通貨の出現と存在には価値があり、
より成熟していくのだと思うので、影ながら
期待したいなと思います。

そんな感じです。


■ お問い合わせ、お申し込みは、こちら からお願いします。

[PR]
# by 4cubes | 2017-12-10 13:05 | 潜在意識 | Comments(0)

心の取扱説明書である数秘と、心の仕組みを知って、ほんとうの自分を生きたいと思う人の、心のお手伝いをしています。


by のりこ