<   2017年 03月 ( 27 )   > この月の画像一覧

悲しみは悦び

私もいまだに、悲しい時もあるし、寂しい時もあるし、嫌なこともあるし、クレームに凹む時もある。
そういうのは、どれだけ自分を生きるようになってもなくなったりはしないんです。
心のことを学び本音を出していくと、まわりは本音でつきあえる人ばかりになるし、嫌われる勇気を持つと嫌われなくなるし、楽しい事にお金を使えば楽しくお金が入ってくる。
ここまで聞くと、後はもう幸せな事ばかりが現実化して、不安も悲しみも、怖いも怒りもなくなりそうに、一見思えるんですが、実はそうではないんです。

確かに良いことばかりが圧倒的に起こります。
毎日幸せを実感してもいます。
今ここ仕事があり、愛する子どもがいて、最高のパートナーがいて、健康で、誰とも関係を悪くすることなく、好きな時に好きなところに行けるくらいは時間とお金の自由もある。
幸せが当たり前の毎日って素敵な響きですが、どんなに幸せに思える状態でも、不幸せに思える状態でも、ずっと同じ状態であれば人間はそれを「当たり前」と認識して何も感じなくなってしまいます。仕組みとして、心を動かされることが心の悦びだから、いくら幸せでも、そこから感情の変化がない暮らしが続くと、人間の心は飽きてしまうのです。

人は、本当に満たされたら、自然に何かを始めていきます。
それは、感じたいから。
「お金を払うので仕事をください」という広告を出したおじいさんのことがニュースになりましたが、人は満たされたから誰かに何かをしたくなるのではなく、満たされるだけでは単純に退屈なのです。お金も時間も自由で、煩わしいことを選ばなくても生きていけるのに、これからあえて知らない人と関わったり、責任を持つことをわざわざ選択するのです。

人と関わることで悦びもある代わりに、思い通りにいかない事も、失敗や叱られるリスクも、全て引き受けて、たくさんの何かを感じたいと思うのが、全て満たされている状態の本来の人間の姿。

その時に起きる不安は、今あなたが感じている不安と同じ性質のものではなく、不安を感じることができる悦びであり、悲しみは悲しみを感じられる悦びであり、全ての経験をそう捉えていくことになります。

今満たされていない人は、不安や悲しみは味わう余裕がないし、幸せの妨げになる敵に思えるかもしれません。
だから、先に自分を満たすことが誰にとっても大切なのです。

今の私も、不安や悲しみは無くならないけれど、クレームもたまに来るけれど「クレームきたぁぁぁ」とドキドキし「あぁぁ凹んでる私〜〜」と思いながら、表現が難しいけれど、楽しんでいます。(もちろん真摯に受け止め対応します)
映画を見て感動することに近いのです。

そうすると、不安や悲しみがやって来るのを恐れる気持ちがなくなります。
自分が観たいと思う「切なくて泣ける映画」を観に行くことに恐れを感じたりしないのと同じで。
で、嫌なことが起こっても起こらなくてもどっちでも良くなるのですが、結果として嫌なことはかくだんに起こりにくくなります。


■ HP
■ お問い合わせは こちら からお願いします。

[PR]
by 4cubes | 2017-03-28 22:01 | 潜在意識 | Comments(2)

誕生日

a0352853_22462561.jpg


念願のスプーン曲げ、達成。

実際に自分が曲げた事で、潜在意識との関係がとてもよくわかりました。
おもしろい誕生日になりました。


■ HP
■ お問い合わせは こちら からお願いします。

[PR]
by 4cubes | 2017-03-27 22:52 | 潜在意識 | Comments(4)

花粉症?

とある「花粉症をやめる講座」が魅力的で行きたい行きたいと思っていたのですが、花粉症の人限定講座なのです。私は花粉症ではないので残念に思って、ただおもしろそうだなーっと思ってその告知を数日眺めていたのですが。
そうしたら、私に花粉症の症状が出始めたんです!嘘でしょ…
風邪でもないのにしっかりとくしゃみ、たーっと綺麗な鼻水、皮膚の違和感、目のかゆみが一斉にやってきて。
「やったあ!これで講座に行け…」いや、あかんやん!
講座に行くために花粉症になるって。潜在意識、親切すぎる。
これくらいかんたんにやってのける潜在意識。
そういうわけで、花粉症らしき症状はとっととやめることにしました。
(自分でやめられるなら、そもそも最初から講座に行く意味もないっちゃあないのですけれどね。そこはただの好奇心です)

ーーーーーーーーーーー

東京で月1回×6回の講座を進めます。
平日コース、休日コース。各コース15万円。
加えてラインでグループを作り、6ヶ月間ずっと会話形式で疑問にお答えしながらみんなでシェア状態。完全に視点と現実が変わります。
お家を会場として使わせていただける方、いませんか?
(日中10時〜15時くらいまでの4時間程度・合計6人以内)
その方は10万円で受けていただけます。
会場が決まってから、あらためて告知開始しますのでもう少しお待ちください。

6ヶ月を共にする仲間、場所がずっと重要だと思っていました。
会議室やラウンジでもできるけれど、カッコつけずに心から、普通に友達の家に行って話すようなリラックスな空間であること、緊張のない緩んだところで無意識は安心して自然に変わっていける。気がついたら変化していた、という事が起きるには、肩のこらない場所がとても大事。
何より私自身が。
私自身、長期で人と関わるのは、1人好きには結構な冒険です。
最初、引っ越して皆が来やすい空間を作ろうかと思っていました。でも自分1人でなんとでもできる私は、自分1人でなんとかしようと思わない事にしました。それが生むものをすでに体感したから。
大丈夫なんだよねぇ。
それを現実化する半年コースです。

失敗が怖い人にもおすすめ。
失敗が怖くなくなれば、人生なんも怖くないでしょ?

今のところ平日コースは場所のお話が進んでいます。


■ HP
■ お問い合わせは こちら からお願いします。

[PR]
by 4cubes | 2017-03-27 16:12 | 潜在意識 | Comments(0)

幸せと不安

幸せって、つまりは全ての不安がなくなれば、自動的にそうなってしまうものだなと感じます。不安がなくなれば幸せしか残らない。

お金がない不安
結婚できない不安
病気になるかもしれない不安
嫌われるかもしれない不安
子どもがいじめに合わないかの不安
人間関係の不安
仕事がうまくいくかどうかの不安

その不安は、今起こっているわけではない。起こるかどうかもわからないと頭ではわかっていても、不安は顕在化してしまえば不安じゃなくなるよと伝えてもなくならないし、なくそうと思えば思うほど、更になくならない。

私はもう不安がなくなりました。
完全にではなくて、時々上がってくる事もあるけれど、その不安すらすぐに自分でなくす事ができるから。何が起こっても大丈夫。
お金で言えば、金額は言いませんが、正直皆さんの方が貯金あると思いますよ。
仕事は明日をも知れぬネットショップ。
シングルマザーで子育て中。持ち家なし。教育にお金もかかるお年頃に差し掛かっています。不安なんていくらでも作ろうと思えば作れる。でも全く不安はありません。この状態で不安がないなんて言うと、無責任な大人にも聞こえてしまうところが厄介ですよね。正確には不安がないと言うよりも、持つ必要がないといった方が良い。持たない事を選択しているのです。
でも昔は全く同じどころか夫もいて経済的には今より裕福なのに、不安いっぱいで暮らしていました。
性質的に「不安に気づきやすい」人はいますが、その実態がわからないから不安になるだけの事ですし、お金や仕事などの条件とも関係なく、本当は誰もが安心になれる。

で、その方法をここで書きたいのですが、文字で書いても、言葉でわかってもらえるに留まります。文字を理解するだけでは「わかった」事にならず、体感する必要があるから。
その上で書くと、

●戦うのをやめる(そもそも戦うべき相手はいない事を知る)

だけ。

不安な人は、わざわざ戦うための敵を作っているだけなのですね。
もっと言えば、スリルを楽しんでいるだけだという事。
そのスリル、やめたければやめちゃえば良いだけの事なんです。

東京で月1回×6回の講座を進めます。
平日コース、休日コース。各コース15万円。
加えてラインでグループを作り、6ヶ月間ずっとコンサル&シェア状態。完全に視点と現実が変わります。
お家を会場として使わせていただける方、いませんか?
(日中10時〜15時くらいまでの4時間程度・合計6人以内)
その方は10万円で受けていただけます。
会場が決まってから、あらためて告知開始しますのでもう少しお待ちください。

知識ならブログで書けますが、どうしたらその不安がなくなるのか、とか、こういうケースはどうなんだとか、細かい細かいズレを調整しながら、完全な感覚を得るのが目的です。どうして?どうして?なぜ?をまるっとクリアにします。


■ HP
■ お問い合わせは こちら からお願いします。

[PR]
by 4cubes | 2017-03-27 13:11 | 潜在意識 | Comments(0)

パートナーシップ

おつきあい始めて2年半、私はパートナーの年齢を知らないです。

今私が死んでも、果たして向こうに連絡行く?
共通の友人もいない、というか、皆さんつきあっていることを知らないのでね。
でも別に連絡がいかなくても、こなくても良いと思っている。
だって、連絡のあるなしで、死ぬことをなかったことになどできない。
死ぬときは死ぬ。起こる事は起こる。良いも悪いもないんです。

結婚関係や恋人同士は、相手のことを知っているのが普通(からの、知らなくてはいけない)という思い込みが、一般的にどこかにあるんですよね。
言葉にすると印象が強いので「そんなことないですー」と頭では思う方も多いかもしれないですが、実際に「彼の年齢知りません」と言うと普通に驚かれます。

彼とはいろんな話をしますが、基礎データは案外知らない事も多いです。
それでも何の不安もないし、知らないことで何か困る事も不足感もないんです。相手の家にも行くし、独身だと思ってつき合ってるけれど、証拠もないしね。こっちも離婚したって離婚届見せたわけでもないし、偽造できるし、本当にわかっていることなんて実はないのですね。つまりデータなんて実は何の確証もないわけで。

何が大事かって「会っている瞬間」を「感じる」ことだけ。
そこに全信頼を寄せるだけ。
全力で「感じる」ためには、余計な思い込みを外せばよい。
感じるために思い込みを外すという事は、思い込みを持てば持つほど感じられなくなるという事でもあり。
本当は、荷物を下ろせば下ろすほど、安心するんです。不安だからその不安の代わりに何かを持って安心したいと思うだけ。何でも逆なのです。

そしてそれは、子どもでも仕事でも同じことで。
今ここでちょうど「高校の入学式に行かない」という自分がいます。正確に言うと、行くのか行かないのかを決めていないという事です。
「行事にきちんと参加するのが良いお母さん」でもないし「良いお母さんと思われたい」も必要ない。当日、行くのが楽しそうと思えば行くと思う。

その1つずつを丁寧にやっていくと、子どもに服は作るしおいしいものも作るけれど、期限内に支払いはできない、という自分ができたりします。
私、クレジットカードを極力使わない生活をしているので、ネットの買い物をアマゾン以外は可能な限りコンビニ払いや代引きにしています。楽天もコンビニ払いです。
そして支払うお金はあるのに期限を過ぎてしまう、そういう性質。正確に言うともともとLP4だからできることはできる。頑張ればできる。でも自分の今ここで生きるようになったら、できなくなりました。

人間ってそういう矛盾をたくさん持っているのが普通。
家族も、パートナーも、職場の人も。
だから、人のことなんてわかろうと思っても無理ですね。わかんないのにコントロールなんて、もっと無理ですね。

ちなみに自分が立派にならないと子どもが立派になります。先日書いた、私がキラキラしない事で来てくれる方がキラキラしてくる、というのと同じ。
ダメな奥さんになると、旦那さんが立派になってくる。
仕組みとしてそういうものなのです。
でもだからといってそこで頑張ってダメなお母さんをやってはいけませんね、くれぐれも。


■ HP
■ お問い合わせは こちら からお願いします。

[PR]
by 4cubes | 2017-03-26 17:48 | 潜在意識 | Comments(4)

本音を言うとどうなるか

「引き寄せ」関連で、ちょっと連投。

私はパートナーといつも会っていたいと思う方ではないので「会いたい!」と切望する事もあまりないけれど、全くないというわけでもなくて、タイミングが合わなくて会えなかったことが続いた時に、たまたま用事が早く終わったので、夕飯をどこかで一緒に食べようと電話してみた先日。

パ「ちょっとこれから用事が」
私「そっか、じゃあ大丈夫」(と一応本気で思っている)
私「最近タイミング合わないね」
パ「私も忙しいですが紀子さんも何かと予定入れていますからね」
私「ん。じゃあまたね」
と電話を切る。

ここで、彼が何気なく言ったさっきの一言が、引っかかったんです。
彼が「私も忙しいが紀子さんも忙しい」というただの事実を述べたその言葉に「だから会えないのは仕方がない」というニュアンスを勝手に感じ取ったのです。

私は「だから仕方がない」が大嫌い。(自分で解釈しておいて自分で怒ってる)
「会えるかどうかじゃなくて、会いたいかどうかだよね!」と心が反発。
ここで女性に多いのが勝手に自分で解釈したのに「仕方がないで済んじゃうほど、私への気持ちってそんなもん?」とさらに自由なストーリーを作り、彼を攻撃するパターン。彼はそもそもそんなこと考えていないので意味がわかりません。
でもこういう時は、よーくよく考えると、同時に自分へも怒っています。
(同時なのに、相手に怒りが向く方が先に出やすいのは、自分に向き合うより楽だからです)
じゃあ自分への怒りはなんだ?と考えると、会いたいって本音を伝えられなかった自分への怒りでした。

で、再び電話。
「やっぱり私は会いたい!(という気持ちがある)」と伝えます。
そこで、結果的に会えなくても良いんです。言いたいだけだから。
でも彼は笑って「用事が終わったらそっちへ行きますよ」と言ってくれました。
電話を切って、体重が3分の1になったくらい軽やかな気持ちで「わーーーーい!」となり、気分良く自宅へ帰って。

そのまま、彼との約束をすっかり忘れてしまったんです。

本音を伝えたかった(たいていの望みの本質はここ)だけなので、もう叶ったから、実際に会えるかどうかは本当に関係がなくなっていて、彼のことを考えていたのが手放されて、ただ良い気分で過ごしていたら。
「これから行きます」というメールで約束を思い出すという。
(なんなら「今この本読んでて手が離せないんですけど」くらい考えている。人間ってほんと自分勝手なものです。でもそういうもの。)
車で来てくれて1時間くらい話して彼は帰って行きました。

これが、叶ったことを確信し、手放すと結果的に手に入る、という心の仕組みです。
(しかも彼の用事を断らせるなどではない手段で)

いわゆる「引き寄せ」も、叶ったように振る舞えば、執着を手放せば、願いが叶うということとは違って。
願って、自分の本音を処理したら、本質的に叶ったって事だから、勝手に手放されて、潜在意識との帳尻を合わせるために結果として現実化しますよ、という事なんです。


■ HP
■ お問い合わせは こちら からお願いします。

[PR]
by 4cubes | 2017-03-25 14:13 | 潜在意識 | Comments(2)

言葉の持つイメージ

パオ(モンゴルの草原にあるあれです。ゲルとも言いますね)が欲しいという話をしたら「パオ持ってる人」を知る事になるとか「パオ」という名のお店で西アジア料理食べる事になるとか、みたいなことになっていますが、調べると、レンタルとか販売もあるし手にも入るけど、設置場所に案外困りそうな東京。
でも移動式ができたら色々なところに行けるんだけどなーとも思う。

さて、当たり前のように使っている言葉にどんな無意識が隠れていて、それがどんな現実を作るか、ということはここのところずっと関心があって学んでもいるのですが。
同時に、曖昧な言葉を使うことがどう潜在意識に影響を及ぼすか、というところも研究しています。最近になって特に緻密に考えるようになってきました。
自分の使う言葉、意味を洗い出しています。辞書を引く回数がかなり増えました。

「りんご」という言葉を聞いてイメージする物は、殆どの方で同じはず。(確かめようもありませんが)
でも例えば「気づき」「純度」「セルフイメージ」「引き寄せ」といった言葉をはじめとする多くの心の世界に存在する言葉は、解釈は曖昧になりやすく、個々で開きがあります。

ブログも、言葉が曖昧なものであればあるほど解釈に開きが出て、伝わらなくなってきます。
潜在意識は答えを探したい性質を持ち、曖昧を嫌います。解釈がズレると、その分ズレて現実化します。
だから、言葉の1つ1つに責任を持とうと思いますし、読み手と解釈が開かない言葉選びを心がけたいと思います。
これが幸せな現実化に直結すると確信しています。

いわゆる「引き寄せ」がうまくいかない人は、言葉そのものに持つイメージがズレているかもしれません。
「引っ張って寄せる」イメージだったり「手を伸ばしてこっちに寄せる」「手繰り寄せる」という感じだとなかなかうまくいかない。でも、言葉や解釈ではなく「力技」で強引に引き寄せられる事もあるから、叶った現実が果たしてどちらなのかを見極められないとそこでまた混乱が起こります。

「思考は現実化する」という、引き寄せの原点のとも言われる本が出版されたのは1937年アメリカ、第一次世界大戦と第二次世界大戦の間で「強い者が勝つ」ということが当たり前の価値観の時代。
だからそれが大前提で話されたり後世に伝えられたりして「引き寄せ」は「引っ張ってくる」「こっちに寄せる」という意図をどうしても感じやすくなるのかもしれません。

ただ、私が「引き寄せ」という言葉に対して(あくまで個人的に)思うイメージは「引けば寄る」という感じ。
イメージするのはあ自由ですが、意図したものを意図した通りにイメージしているかは大事なポイントです。ここがズレるといわゆる「引き寄せ」は起こりにくくなるのかなと思います。

言葉が、いつも色々なことを教えてくれています。


■ HP
■ お問い合わせは こちら からお願いします。

[PR]
by 4cubes | 2017-03-25 12:33 | 潜在意識 | Comments(0)

値段の話

「紀子さんが高額にしない理由は何ですか」「心の分野の、値段の違いは何の違いですか」「(他の人がやっている)100万円のコンサルって意味わかりません」等、値段の事について色々ときていたので、どこからでも書けるから色々書いていたのですが。
長くなるので消しました。自分の事だけ書きます。これも考え方の1つなので正解ではないですが。

圧倒的に光り輝いている講師に「あぁ凄いなぁ」と思っているうちは、自分より凄いものがあるという当たり前の考えになるので、ほかならぬ自分が光り輝けないのです。
高額であれば高額であるほど、講師が豪華な暮らしであればあるほど、学ぶ方の人は「私にはそうなれない」と考えやすくなります。(金額が問題なのではなく受け取る側の話です)

「光が強くなればなるほど影は濃くなる」と、とある先生もおっしゃっていましたがまさにその通りで、私のところに来てくれる人が光り輝くのが私は好きだから、自分が必要以上に光り輝いているのはマイナスにしかならない、という解釈をしています。
実際見ているとわかりますが(もちろん全員じゃないです)輝く系の心の講師さんが育ててる人って、私の目から見てあまり育っていません。

スーパーヒーローが引退して、今度は人を育てる立場になるとうまくいかない、という話はよくあります。
それはヒーロー側の向き不向きもあると同時に、教わる側がスーパーヒーローだと思っている(憧れが強く自分との差が大きいと感じる)限りそこから抜けられなくなるからです。

型紙屋も、自分が作るのが好きなのではなくて、型紙で洋服を作った人の暮らしが輝くのが好きです。
自分が何かになりたいのではなくて、そういう世界をただ見るのが好き。
(趣味の団地めぐりとか街歩きも、それに通じます)
正直に言うと、私はプライベートではそんなに縫いません。
以前はこれも仕事と頑張っていましたが、自分のもの縫うのはそれほど好きでもないのです。
好きな生地あったら、あげる。

これは、単なる心の好みです。

お返事が遅くなっててすみません。
ここのところ「本当に紀子さんが言う通りだった!」とか、生活に良い事ばかりが起きている、というご報告をたくさんいただいています!
あぁ本当に嬉しい!

今、パオが欲しい。
私の長期コンサル、パオみたいなところでやるのが一番良い気がするんですよねぇ。
しっくりくる場所が見つかり次第、告知しますね!


■ HP
■ お問い合わせは こちら からお願いします。

[PR]
by 4cubes | 2017-03-22 10:58 | 潜在意識 | Comments(0)

卒業式

a0352853_17432104.png


少し前ですが中学校を卒業しました。
実に面白い3年間でした。

流される事なく、納得がいくまで頑として動かない強い心を持つ。
好きな事へ情熱と集中を傾けるひたむきさ。
物事の表面ではなく、その奥にあるものを見つめる目。

私からは、今はこういう彼に見えています。
もしそうでなければ

どうして彼はすぐ謝らないんだろう。
どうして好きなこと以外も頑張らないのだろう。
ちゃんと言えば良いのに。
これくらい、やっておいた方が楽なのに。
ゲームしてる時間、もっと他にできることがあるのに。

と、そこをフォーカスして見続けていたに違いないと思う。
彼のありのままを受け入れたいと言いながら、どこかで「もう少し」を求めていたような気がする。
私は自分がゲーム好きじゃないせいで、ゲームを敵視していましたし、普通にゲーム脳も心配していた時期もあったし、この時代だからしょうがないと諦めてもいました。
でも意識変えれば変わります。

①心の仕組みがわかる
②ゲームをする理由がわかるから心配なくなる
③ゲームしても(しなくても)良いじゃん、になる
④彼がゲームをする理由がなくなる
⑤ゲームしなくなる

どんな事も許せる優しい心を持つお子さんは、視点によっては、優柔不断ではっきりしない、という見え方をするかもしれない。
何にもとらわれずに自由な発想で飛び出していける軽やかさを持つお子さんは、視点によっては、考えなしで落ち着きがない、という見え方をするかもしれない。
落ち着きがない、優柔不断などが「好ましくない」というわけじゃなくて、見え方の違いで言葉の表現が変わるだけ。だから、良いも悪いもない。

良い悪いはないけれど、良い悪いがないとわかった上で、好みはあるから、自分の好みの世界を映し出せば良い。
物も、事も、人も、全て。

そんな風に世界はできているという事を知った3年間でした。


■ HP
■ お問い合わせは こちら からお願いします。

[PR]
by 4cubes | 2017-03-21 11:59 | 潜在意識 | Comments(0)

11のお茶会

昨日は潜在数秘の、重要な5つのナンバー(LP、D、S、P、M)の中に「11」を持つ人だけが集まる「11のお茶会」の開催があったので行ってきました。
私はMが11です。
Mはマチュリティーナンバーと言って、35歳〜40歳以降に、今まで生きてきた性質の先に新しく生まれる感覚、を定義しています。
勤続何十年のギフトのようなもの。

参加者の中には、LP(頭)もD(行動)もS(心)も11、という驚きの人もいました。
11を持つ人たちだけが集中して集まると、不思議なことも実際に色々起こってしまいますね。宇宙人ナンバーと呼ばれる11。
スプーン曲げとその潜在意識にまで話は発展していきました。
11さんは自分を認識しにくいので(認識しないことが11の基本性質だから)LPやDに11があると11で生きることが当たり前なので無自覚のままですが、M(マチュリティ)だけは、この年齢になって初めて加わる感覚なので、私は11を、これまで11がなかった自分と比較することで認識できるのですね。

M11は、ゆるまされて物事が回る。
いろんなものを手から離していく身軽さの代わりに、これまで培ってきたものを失う寂しさも持つ。迷いも妥協も我慢もなく手放しながらも、どこか人生を諦めたような切ない感覚もあります。
「切ない」は、35歳くらいまでの私にはなかったように感じる感覚です。

4日間連続、違う形で濃い勉強をしてきました。
1年分くらい学んだ奇跡の4日間でしたが、その中で得た事の1つ挙げるとしたら。
人生は究極のところ「生きているだけで心から感謝できる毎日」であれば、お金も人間関係も子育ても、幸せ以外起こらなくなります。
病気を体感すると、健康のありがたみを実感しますが、そうすると「生きているだけで感謝」は、死ぬような思いを体感することで得られる実感、ということになります。
それを普通は選択しようと思ってできるものではないし、目の前にあってもそうそう選べない。
でもその経験をせずとも、その体感を得た、得られることがわかった、それが大きかったです。


■ HP
■ お問い合わせは こちら からお願いします。

[PR]
by 4cubes | 2017-03-21 10:17 | 数秘 | Comments(0)

心の取扱説明書である数秘と、心の仕組みを知って、ほんとうの自分を生きたいと思う人の、心のお手伝いをしています。


by のりこ