<   2017年 10月 ( 20 )   > この月の画像一覧

雑記?

例えば洋服屋さんに入って、
「これ、いいかも♩」と手に取って
無意識にまず値段を見たら

あなたにとって、最初の関門は
「欲しい」より「値段(無理なく買えるか)」
になっているのかもしれない。

そして値札を見て「高!!!」って思ったら、
「私は高いもの買えるほどの人じゃない」と
どこかで思っているのかもしれないし、
たった1枚の洋服が影響してしまうほどの
経済力なんだと認めることになるのかも
しれないし

「怖いけど買っちゃおう!」と思ったら、
勇気を出すことで、これまでと違う
新しい自分を感じたいのかもしれない。
(だから買っちゃった後って、ドキドキ
しつつも清々しいのかもしれない)

普段の生活の1つ1つに自分の無意識の
行動が表れていて、俯瞰して見ると
とても面白いなと思います。

さっき、手相とか四柱推命とかやっている
人に声をかけられて、そのままお茶した。
「気になる顔の相だったんで」ってwww

無料で鑑定してくれたんですが、それより
「なんでそう鑑定したんですか?」
「なんで運が8割なんですか?」
とか、そういうことばっかり聞いていて、
たぶんとてもやりにくかったと思う。
私は、自分が「今、すごい転換期ですよ」
と言われても、なんで?ってなるし、
正解を求めているんじゃなくて、なぜ
あなたはそう思うのか?の方が非常に
気になるんです。

だから、洋服を見るときと同じように
やっていることの奥の方を見てしまう。
その人の目線とか話し方とか、言葉の
選び方、こっちへの気の使い方、
つまり何が言いたいのか?とか、
そんなことばかりに意識がいって、
「普段いくらでやってるんですか?」とか
(ここで「お金は貰ってないんです」って
言った時点で気がつく事もできたんだけど)
「なんで四柱推命だったんですか?」とか
更にそういう質問を重ねていました。

で、もちろん悪くはなかったんだけど、
(むしろ良いこと沢山言ってくれたけれど)
最後に、実は宗教を信仰している人だと
話されていて。
(そういうのってみんな最後に言うよね。
最後に言わなきゃいけない事ですよー
って、自分自身でそう思っているって、
そういう事ですよね。)

ちなみに私は、信仰そのものを否定しない。
だから先に宗教を信仰していると、もし
言われてても、ついて行ってると思う。
むしろ、普段こういうことで
声かけられる事がないので、興味津々。
というか、それ先に言ってくれてたら、
こっちも聞きたい事があったのにwww

でも好みはあって。

答えが1つしかないことを言っている
宗教は、私の中では違うという認識。

その宗教団体は、答えが1つしかないと
私でもすぐわかるほど大きなところで。
やっぱり、その前提がある鑑定でした。
新興宗教と占い鑑定の関係性は、
なんかちょっと面白かったwww。
でも矛盾してたけどね。

私は今、次元上昇の転換期だそうです。
顔の相がめちゃ明るくなってるって。
わーい。
(ちなみに朝から歯医者さんで、どうせ
剥がれるし、ノーメイクで行ったんです。
その後、デパートのトイレにメイクしに
行こうと思って向かっていた時に、
声かけられました。だから、完璧な
ノーメイクでした。)

明日は福岡です。
あとでみなさんにメールいたします。

■ お問い合わせ、お申し込みは、こちら からお願いします。

[PR]
by 4cubes | 2017-10-31 14:18 | 潜在意識 | Comments(0)

雑記?

例えば洋服屋さんに入って、
「これ、いいかも♩」と手に取って
無意識にまず値段を見たら

あなたにとって、最初の関門は
「欲しい」より「値段(無理なく買えるか)」
になっているのかもしれない。

そして値札を見て「高!!!」って思ったら、
「私は高いもの買えるほどの人じゃない」と
どこかで思っているのかもしれないし、
たった1枚の洋服が影響してしまうほどの
経済力なんだと認めることになるのかも
しれないし

「怖いけど買っちゃおう!」と思ったら、
勇気を出すことで、これまでと違う
新しい自分を感じたいのかもしれない。
(だから買っちゃった後って、ドキドキ
しつつも清々しいのかもしれない)

普段の生活の1つ1つに自分の無意識の
行動が表れていて、俯瞰して見ると
とても面白いなと思います。

さっき、手相とか四柱推命とかやっている
人に声をかけられて、そのままお茶した。
「気になる顔の相だったんで」ってwww

鑑定してくれたんですが、それよりも
「なんでそう鑑定したんですか?」
「なんで運がそういう割合なんですか?」
とか、そういうことばっかり聞いていて、
たぶんとてもやりにくかったと思う。
私は、自分が「今、すごい転換期ですよ」
と言われても、なんで?ってなるし、
正解を求めているんじゃなくて、なぜ
あなたはそう思うのか?の方が非常に
気になるんです。

だから、洋服を見るときと同じように
やっていることの奥の方を見てしまう。
その人の目線とか話し方とか、言葉の
選び方、こっちへの気の使い方、
つまり何が言いたいのか?とか、
そんなことばかりに意識は行って、
「普段いくらでやってるんですか?」とか
(ここで「お金は貰ってないんです」って
言った時点で気がつく事もできたんだけど)
「なんで四柱推命だったんですか?」とか
そういう質問ばっかり。

で、もちろん悪くはなかったんだけど、
(むしろ良いこと沢山言ってたけれど)
最後に、実は宗教を信仰している人だと
話されていて。
(そういうのってみんな最後に言うよね。
最後に言わなきゃいけない事ですよー
って、自分自身でそう思っていて、しかも
それをアピールしてるって事ですよね。)

ちなみに私は、信仰そのものを否定しない。
だから先に宗教を信仰していると
言われてても、ついて行ってると思う。
むしろ、普段こういうことで
声かけられる事がないので、興味津々。
むしろ先に言ってくれてたら、こっちも
聞きたい事があったのにwww

でも好みはあって。

答えが1つしかないことを言っている
宗教は、私の中では違うという認識。

その宗教団体は、答えが1つしかないと
私でもすぐわかるほど大きなところで。
やっぱり、その前提がある鑑定でした。
でも、新興宗教と占い鑑定の関係性は、
なんかちょっと面白かったwww。
でも矛盾してたけどね。

私は今、次元上昇の転換期だそうです。
顔の相がめちゃ明るくなってるって。
わーい。
(ちなみに朝から歯医者さんで、どうせ
剥がれるし、ノーメイクで行ったんです。
その後、デパートのトイレにメイクしに
行こうと思って向かっていた時に、
声かけられました。だから、完璧な
ノーメイクでした。)

明日は福岡です。
あとでメールします。

■ お問い合わせ、お申し込みは、こちら からお願いします。

[PR]
by 4cubes | 2017-10-31 14:18 | 潜在意識 | Comments(0)
「インスタと便箋交換は同じだ」

Instagramを始めてみて思ったことでした。

どっちも「人と繋がるツール」だということ。
私が小学生の頃、便箋交換が流行っていて、
可愛い便箋や封筒を集めては、友達のと
交換をして楽しんでいました。
便箋も封筒も、好みのものを集めてたけれど
これが匂いつきの消しゴムでも、紙石鹸でも
なんでも良かったんだと思う。
友達と共感を楽しむのが目的で、
可愛いファンシーな小物は、そのための道具。

それが今は、写真撮ってシェアするという
方法に変わってきたっていうだけだな。

つまりいつの時代も「それいいね♩」って
共感しあうことで、人と繋がっていたりする。

大人になるとそういうのが必要なくなってきて、
SNSもめんどくさいと思えばやらないという
選択もできるけれど、人は社会の中で生きて
いて、心の体もそこにあって成り立つので、
人と縁をなくすことはできないと思います。

さらに、ビジネスにおいて人はもっと大事。
昔と違って「共感」で人が物を買う時代だから
良いものを作るだけでは売れなくなってきて、
あの頃やってた「便箋交換」が、物を売る
ために必要になってるんです。
(本当は、物は結果的に売れるというだけの
ことなんですが。だから人と繋がる事は
ビジネスしててもしてなくても必要なのです。
人と繋がっていない人の犯罪率、病気発症率は
とても高くなるというデータがあります。)
便箋交換は、共通認識、相手への信頼、
関係性をつくっていってたんだと思う。
ビジネスをするなら、それが土台にあって、
物が売れていく。
女性が得意とする、共感認識。
女性性の時代は、これとともに歩みます。

私のところは、例えば子どもも大きくなって
自分らしい自由な働き方をしたいなという人、
自分が作った洋服を売ってみたい、数秘で
セッションしたいというように、
女性が自分の夢を無理なく叶えたい、
そういうビジネスの相談が多いです。
だとしたら、家でできるツールは味方になる。

Facebookの失敗とインスタを経験して、
そもそもSNSってなんだ、というのを
掘り下げて掘り下げて、考え抜いた結果
ビジネスとSNSの繋がりが見えてきたし、
好みで言えば私はSNSが好きではないけれど、
かといって嫌いな事は1つも我慢できないのに
インスタが無理なく、楽しんで使えるもの、
そしてビジネスの味方になっていました。

SNSじゃなくても良いんだけど、SNS以上に
効果的なツールも今、そんなにないと思う。

最初はね、私もSNSなんて好みじゃないし、
これから勉強するのかーって腰が重くなり
「やりたくないことはしない」に従って
拒否していました。でも、本質を知ると
やってみようとなり、色々と使ってみて
Facebookは失敗だったし、ツイッターは
やりたい事と合わないし、結果的に、
Instagramになりました。これがよく合う。

「SNSの時代だから」という情報だけで
嫌なことを我慢してやる、今は仕方ないでは、
根性とか我慢でやり抜くしかなくなるし、
そんなのわがままな私に続くはずないし、
そうはいってもSNSは共感最強ツール。
そこで、どっちも叶えられるように、
逆から攻めてみました。

つまり「なんで好きじゃないの?」から。
そして、昔やってた便箋交換と同じだと
わかると、なるほどなーと見えてきて、
あとはどのツールが自分に合うのか
ツールが決まればどんな使い方が合うか、
丁寧に落とし込んでいく。
といった流れでした。

ちなみにSNSやると、さらに忙しくなる
気がしたのですが、そんなことはなかった。
時間の概念も自分で思い込みがあるなあと
そういう発見もありました。

もうすぐメルマガスタートします。
もっとライトに短めなことから、
本質を扱う内容になると思います!


■ お問い合わせ、お申し込みは、
こちら からお願いします。

[PR]
by 4cubes | 2017-10-29 20:16 | 潜在意識 | Comments(0)
◼︎追記◼︎

11月1日、思いがけず、博多にいます。
(25年ぶり、2回目の博多!)
午後から「お金と繋がる社会と繋がる」
講座、急ですが開催したいと思います。

11月1日(水)14時〜18時
場所:JR博多駅徒歩圏内のホテル
定員3名様まで
満席

2日のお昼に用事があって行くのですが、
行楽シーズンのせいか、日帰りでは
ちょうどよく飛行機が取れないとかで
不器用にも、2日3日で行くことに。
さらに、寄り道しない、できないので、
観光の予定もなしで行きます♩

ーーーーーーーーーー

東京、大阪、名古屋で開催したこの講座、
毎日が楽になった、視点が切り替わって
人生が激変した、という経験談の報告を
たくさんいただいています。

講座って、そんなにすぐに変わらない事が
多んじゃないかと思っていただけに
(自分の経験上)結構驚いています。
講座は、座学なので、その後の体感が必要
だから、変化や幸せを感じられるまで、
タイムラグがある方も多いんじゃないかと
思っていました。

1つ言えるのは、とてもわかりやすいから、
知識がするっと入り、素直に体感にまで
結びつきやすいのかなという想像ができる
事です。

特に個々にお伝えしている、それぞれの
社会との繋がり方は、知っておくと
人生が違ってくると思います。
もう無意識にそうしているという人も、
いるけれど、それも自覚しているのと、
自覚していないのとでは、人生の宝物を
手に取るか、見過ごすか、くらいに
差が出てくるのではないかと思っています。
(自分自身がこれに救われたので)

今回は東京で再度開催します。
最新情報もお伝えできると思います。

ーーーーーーーーーーー

ふわふわとした心の話を、お金の仕組みに
置き換えたら、心の使い方やお金の使い方が
みるみるわかる、という超具体的な勉強会。
ほとんど「当たり前の話」だけで表現しますが、
潜在意識とぴったり一致します。
100円のお金すら、1時間の時間すら、自分が
それをいったい「何(どんな本質を持つもの)」
に使っているのかの正体がわかれば、お金は
結果的に減らないから、安心して使えるし
使い方に迷わなくなる。気がつかないうちに、
お金がドドドドって減るような使い方ばかり
しているとしたら、それこそ早く気づいた方が
良いと思うしね。
お金のことは私もいろいろあったし、大きな
不安や恐怖も経験してきました。だからよく
わかることなんだけど、お金を、何かのための
保険のために持っておくんじゃなくて、
したいことに思い切ってトライするための、
大好きな人を安心してサポートするための
「土台」となるようにしたいんだよね。

それを知るのと知らないのとでは、これからの
人生は大きく違うのではないかなと思う。
そして自分がそれを知ることで、子どもにも
伝える事ができる。これからの時代の人こそ、
お金とこころが自立していないと、依存したまま
では社会で生きることが困難になってくる。
自分の子どもがお金に強かったら、マインドが
しっかりしていたら、親としても安心なのです。

目からウロコの魔法の話じゃなくて、ごくごく
当たり前のことなんだけど、漠然としていて
よくわからない、なんとなくやっているけれど、
そんなことをしっかり整理していく内容です。

そして、もう当たり前にできている事が、自分の
使命だとわかれば?
「好きな事がわからないんです」に悩む人が多い
今の世の中、たぶん好きな事がわからないんじゃ
なくて、何をしたら喜びに繋がるのかがわからない
んだと思います。そしてそれがお金ややり甲斐に
繋がるイメージが持てない。女性の苦手な分野。
ハウツーじゃないので、結果を保証するものでは
ないし、自分への興味、内観は必須ですが、でも
ストンと入る人も多いと思います。
(過去の開催時のご感想より)

お金と繋がるってことは、すなわち社会と繋がる
ってことなんです。自分発信の自分だけの
ワクワクじゃなくて、ちゃんと調和するワクワク。
家族も同じ。小さな社会だから。
ほんとの幸せって、自分だけがお金や自由を
持っていることじゃなくて、その感覚を
分かち合うことだなと思います。

仮想通貨の時代になっても使える本質を
一緒に自分のものにしてしまおう。

<お金と繋がる社会と繋がる超具体的勉強会>

①11月7日(火)
11時〜15時 5名様 残席1

②11月4日(土)
11時〜15時 5名様 残席4

◆場所(吉祥寺)
吉祥寺第一ホテルアトリウムラウンジ

金額;10,000円(事前振込制)

●持ち物
筆記用具、各自のご飲食代

●お金の「使い方」を徹底マスターする
(今回は、お金を増やす方はやりません。
でも使い方が適切ならお金は減らないから、
使い方を知る事が大事です)
●現金化できるワクワクとできないワクワク
●自分が一体何にお金を使っているのか、
その正体を知ってダダ漏れを防ぐ
●お金の不安がなくなる
●社会と繋がる幸せとその方法を知る
●パートナーや家族との繋がりかた。
●ワクワクとお金を結びつけるのには、
◎◎が必要だった。
●使命を導く、シンプルな公式
●お金=数字の増減、ってどうしても
考えてしまうところから抜けられます。

このアドレスから希望日時を添えて
お申し込みください。↓
こちらからご連絡させていただきます。

■ お問い合わせ、お申し込みは、
こちら からお願いします。

[PR]
by 4cubes | 2017-10-24 09:58 | 潜在意識 | Comments(0)

続き

昨日の続きなのですが、彼にとって
ポールスミスは「だったらいいな」であり、
絶対にそうでなくてはいけない、
ではなかったという点がポイントです。

彼にとってイメージはポールスミスですが、
ドヤる為にブランドが良かったわけではなく
「肌触りが良くて、あたたかい」物が良く、
それは、彼がこれまで体感した世界の中で、
ポールスミスが一番に近いから、
そう言ったまででした。

ずっと心にポールスミスがあったとしても、
私が買ってきたスクールセーターも
同じように最初「やった♩」と言いながら
袖を通しました。でも体感が、自分の感覚が、
違うと感じたので正直にそう言った。
そこからの再度「ポールスミスが良いな」
でした。

体感で物を言っているので、それはリアルで、
結局ポールスミスにたどり着く可能性が
高くなるんです。
それは「欲しいものをゲットした!」という
引き寄せとは、似ているけれど少し違ってて
体感のあるものをリアルにイメージするから
結果的に引き寄る、という感じ。

そして、ポールスミスでも違っても良い、
欲しいのは「あの」着心地と温かさを感じる
自分自身だから、どっちでも良い。
そう思えるのは、陰も陽も同じ様に捉える
統合された感覚です。
なんなら、見つからなくてセーターなしでも
大丈夫とも言ってた。(今すでに幸せって事)
これから寒くなるからーっていうのは、
今ここじゃない感覚だから、いらんのです。

ポールスミスでもそうでなくても良い。だと
セーターは欲しい、という前提になるかも。
それで、セーターがあってもなくても良い、
だと、寒くても寒くなくても良い、になり、

と、そのように突き詰めていくと、結局
自分はどのように在っても良い、
というところに行き着きます。
それは、自分を大事にしていないとか、
自分を放棄しているのではなくて、
どんな自分をも信頼しているという強さ。

その上で、欲しいものは欲しいと言える。
自分に一切のダメ出しをしない、そして
ただ浮かんだ想いを素直に伝える、それは
とても純粋な「ほしい」になります。

そうするとかなりの確率で叶います。
欲がないと手に入るビギナーズラックも、
同じ仕組みと言えます。
宝くじや競馬、純粋にゲームを楽しんで
お金に執着していないから、楽しい♩が
形(お金)になりやすくなる。
そう、手に入ったのはお金という物質の、
実際その本質は「楽しい」なのです。

でもここで、手に入ったのが「お金」だと
勘違いし(してもおかしくないですが)
お金にフォーカスし始めると、
同じように純粋な気持ちで楽しめなくなり
お金になるのは難しくなるし、
お金になっても「楽しくないお金」だから
すぐなくなります。
人は、楽しくないなら無意識に手離します。

戻します。
息子のしていることは、自分の向こう側に
自分を置くことです。
成績が悪い=自分に価値がない、ではなく
成績が悪い事を悪い事だと捉えず、
個性と捉えて、単なる事実として受け入れる、
ということでもあるし(自己受容)
そもそも。
そのそも、自分がとか他人がとか関係なく、

彼の概念が全体として「成績」そのものに
意味づけをしていないということなんです。

成績も、お金のあるなしも、親が離婚したも
部活やめたも、全てに、意味づけをしない。
自分にもしないし他人にも。
顕在意識で「しない」のではなく、どちらも
ありだと認め、受け取り、統合されている。

あ、もちろん、100%じゃないけど。
(100%の人もいないと思うけど)
そして顕在意識では何かしら悩みもあり、
友達や先生の好き嫌いもあるし、普通に
高校生の持つ葛藤もあると思うのですが、
根っこで自分への、更に、大いなる全体
への信頼が高いんだと思う。

そしてこれは、息子ドヤではなくて、
全ての大人も子どもも、みんなが同じです。
いろんな価値観で蓋をしているだけ。

コスタリカが武器を捨て、手を広げ、世界を
完全に信頼したら、戦争は起きなくなった。
武器を持たないと国は守れないという
世界的に当たり前の価値観を壊していった。
平和になったら武器を捨てるのではなく、
すでにその平和の状態であるという事を
今、全面的に信頼して、先に武器を捨てる。
世界の正義を信頼して。
それは相手を信頼してただ頼るだけでなく
結果がどうなっても自ら責任を取るという
腹をくくる強さであり、また、戦争を、
戦争をする国を否定しない(受け取る)
という在り方が、まさに陰陽を統合する
在り方だった。
そうすると自ずと結果がついてきた
って事だと思う。

息子を信頼すればするほど、
見張らなければ見張らないだけ、
成績が良くても悪くてもどっちでも
同じように良い。変わらない。そうすると
不思議な事に、彼は今、勉強してるwww


■ お問い合わせ、お申し込みは、こちら からお願いします。

[PR]
by 4cubes | 2017-10-23 08:20 | 潜在意識 | Comments(0)

息子の引き寄せ

記事が消えました。
最後まで書ききったのに。がーん。
それとは別の内容になりますが、
さっき起こった事について。

昨日は雨、商店街デートに行きました。
土日で雨、混んでいても楽しいと思える、
私たちらしい場所という事で、
東京一長いアーケードがある武蔵小山の
パルムという商店街に。
昭和のお買い物がテーマでした。
そこで息子のスクールベストを見つけて
買って帰ったのですが、そういえば彼
「ポールスミスのがいいんだよね」って
以前から言ってたんですよね。
でも私は「定価で2万以上のセーターを
制服の下に着る物として買えないなー」
って思っていた(今思えば制限してた)
のもあって、普通のスクールベストを
買って帰ったんです。
(買う時は、ポールスミスの事なんて
すっかり忘れていました)

彼は文句も言わず袖を通したのですが
「チクチクする…」と。なるほど。
「そっか、じゃあこれは処分でいいね。
また近いうちに買ってくるね」となった
時にまた「ポールスミスが良い」と
言い出しまして。
(元夫がポールスミス好きで、息子はその
お下がりをかなり貰ってて、質の良さも
デザインも気に入っている)

「ポールスミス、良いけど今そこにお金、
出せへんねん」ってこれは正直に言うと、
「メルカリは?」と返事。
私はそこでまた
「そんなシンプルなデザインのVネックの
あるかなー」と無意識の抵抗をする。
それで半信半疑で見てみるとこれが、
もうバッチリなのがあったんですよ。
値段も定価の7分の1!
中古ですがとっても綺麗で。
数あるポールスミスの出品中アイテムで、
迷う事なくその1枚だけでした。

しかも私、メルカリで自分が売り上げた
使っていないポイントがあって、それで
買えたので、支払いが発生しなかった。

息子は「でしょー♩」という顔。
ポールスミスだから高価(定価で買う
前提だった)それを学生服になんて、
っていう私の思考がね。
自分が自分にかけている制限に気づき、
彼にその制限がないことを知り、
あーもう、参りました。
息子はほんと自由でいる。
ポジティブとかそういう事よりも、
「制限を作らない」んだと思う。
メンタルブロックがあまりないって事。
だから、無理そうに思える状況でも、
新しいアイデアで軽々とクリアできる。

子どもが生まれた時って、どんな子に、
育って欲しいかって親は思うんだけど、
私は「運が良くて、想像力のある子に
なってくれたらいいな」だった。
実力以上に運があれば幸せになれるし、
想像力があると、問題と思われる事も
解決していけるだけの力を持つから。

確かにその通りに育ってるな。

この一連の流れ、ほんの10分ほどで、
その間、清々しい空気が流れていました。
物事が滞る事なくスムーズに、
宇宙の法則通りに流れているときは
きっといつもこんななんだろうな。
良いもの見せて貰ったー
ありがとう♩

私は人間関係だとこうなりやすいけど
金銭の流れがこうもスムーズになるの
(他力で無理がなく思考を軽く超える)
あまりなかったから、いや新鮮。
(本質は同じなんだけどね)

いつもいつも、自分を心地良くさせる。
改めて、ただそれだけなんだな。
会いたい人にはただ会えばいいし、
思いついた場所なら行けば良いだけで。
自分を、その場を、これからを
信頼できるからこそできる事だけど
信頼しているという自覚もない。
息をするように当たり前だから。

自分を信頼するのが大事じゃなくて、
信頼の先へ行くって事。
もう信頼できている状態だって事。
それには、信頼できている自分が
やっているその行動を今やるだけ。
心は行動に宿る。
現実は行動に宿る。


■ お問い合わせ、お申し込みは、こちら からお願いします。

[PR]
by 4cubes | 2017-10-22 23:50 | 潜在意識 | Comments(4)

SNSの世界は「ない」

Instagramを始めて、フォローが増えて
投稿すると反応があって、楽しくて、
縫いモチベーションも上がっている。
そういうのは、わかります。
エスカレートして「いいね」増やそうと
頑張りすぎる人が出てもおかしくないし
フォトジェニックな食べ物が売れるとか
写真撮るために買ってあとは食べないとか、
昨日通りかかった子ども服のお店には
「インスタ映えする子ども服、多数あり」
なんてポスターも貼ってありましたが、
SNSって、高揚感を生み出すツールなので、
快楽に近いものがあります。

でも、意識の世界でいうと、そういう
世界そのものがあるわけじゃない。
そういう世界は「ない」んです。
そういう虚構の世界を通して何かを感じる
自分が「ある」だけ。
SNSの世界が画面じゃなく目の前でリアルに
繰り広げられているわけじゃなくて、
画面に映し出されているだけなので、
そういう時、自分にとって
「画面を見ている自分」だけが真実になる。

テレビのニュースも、ママ友の噂話も
「息子が学校で誰かとケンカした」
なんて話も、電話の向こうの誰かも、
自分が視覚化していないものは全て「ない」

あるのは
「テレビから流れてくる画像と文字の情報」
(真実か否かは別)
「噂とされる話の文字情報」
(真実は否かは別)
「息子がケンカしたという文字情報」
(真実か否かは別)
電話の向こうに誰かがいる可能性、だけ。

息子のバッグの中に、衝撃的なメモを見つけ
「学校で何かあったのかな」と思ったけれど
何があったのかは聞かない。
注意深く彼の心の様子は見ているけれど、
親として見て、普段と変わった様子はないと
思う限り、こちらからアクションはしない。
メモに関する事は、彼の世界の話であり、
問題があるとすれば、彼の問題だから。
私がやる事は、彼が話しかけやすいよう
いつも自分を整えておくだけなんだと思う。

彼は今試験中で。
「今日は古典だ」って言えば
「古典の事を考えてるんだなあ」と思うし
「漢字ができなかった」って言えば
「できなかった事を気にしてるって事は、
良い点取ろうと思ってるんだな」と思うし
ぼそっと呟く「ちょっと寝てからやろう」
だと「寝るだけじゃないんだー」と思うし
制服着て部屋から出てくるだけで
「学校行く気持ちがあるんだ」って思う。
何かをしようと思って行動している姿って、
凄いなあと思う。
それは、どんな事でもいいから、
誰かにやらされた、言われたからではなく
自分からっていうところがいいなって。
それを純度高く引き出せる自分でいたい。

話を戻すと。
少し前に、子どもが先生と揉めた事について
それを聞いた親が怒りで盛り上がってしまい
おおごとになったという話を聞いたけれど、
そういう事はよくある話で。
大抵、親は誰もその場を見ていないわけです。
見ていない人が想像で話をすると、それは
どんどん膨れ上がって真実から遠ざかって、
当事者は置いてきぼりになり、本末転倒、
誰も幸せにならない方向に行ってしまう。

視覚化した人だけが語れるんです。
視覚化した人だけが語らないから、
おおごとになる。

そういうことがあったら、こどもに、
「どうしたらいいと思う?」あるいは
「どうしたい?」って
聞けば良いんじゃないかなと思います。
「お母さんは見てないからわからないけど
見てたあなたなら、わかるんじゃない?」
そこで子どもは自分で、主体的に考え出す。

親は見守るのが仕事なんですが、そういう
概念も語られているけれど、じゃあ実際、
具体的にどうしたら良いのかまでは語られず
現場で使えない情報になっていると思った。
(そして、見守るのが仕事というのを、
親として正しいと解釈し、でも自分はできない
とそのギャップでまた悩むという構図ができる)

大事な話は顔を見て話しなよって、息子に
言うけど、やっぱりそこは今の高校生、
告白もLINEだしね。でもそういう感じだと
つき合いも浅く、傷も深くなく、で。
それでもそれでも、拙いながらも
恋をするというのも大事なことでもあって。

そして彼を送り出して、1人で部屋にいる時、
私の世界に彼は「ない」です。
視覚化していないから。
彼のことは「想像」と「可能性」のみ。
視覚化って、一瞬一瞬なんです。
だからいつも「今ここ」なんです。


■ お問い合わせ、お申し込みは、こちら からお願いします。

[PR]
by 4cubes | 2017-10-20 08:45 | 潜在意識 | Comments(2)

おでこを出す

ここのところ何かと忙しかったのは、
Instagramを一生懸命やっていたから、
というのもあるのですが、型紙屋の自分と
数秘の自分が、もひとつ統合されていない
というのもあるのかなと思います。
型紙に集中すると、こっちが手薄になる。
ほんとうはそれらの全てを合わせて「自分」
なのですが、まだ分離しがちなところが
あるのも自覚しています。

だから昨日、その設定を変えました。
具体的には、私は仕事が大好きなので、
「私の全ての行動は仕事である」と定義。
これをきちんと設定する(決める)かどうか
人生繁栄の大きなポイントになります。

1日のうち6割以上の時間を、自分が願う事に
費やせばそれは叶う(方向に行く)のですが、
もしあなたがお金持ちになりたいとしたら、
「お金持ちになる」行動を1日15時間ほどは
する必要があるわけです。
でもそんなの、普通に考えたら難しいはず。
そこで「無理だわ」と諦めてしまうのか、
じゃあ「どうすればそういう状態を作れるのか」
と考えるのかで、違ってくるんです。
私も1日のうち6割以上を、望む自分の姿に
繋がるように設定しました。

ところでもう何十年も頑なに出さなかった
おでこを、出しました。
「人生の流れが変わるから」と
◎◎先生がそう仰るから。
私は、信頼できる方だと思える人が言うこと
であれば、一瞬でやります。
おでこ出すなんて何十年、恥ずかしくて絶対に
できませんって感じでしたが、
その場でぐいっとあげて、
次の日に美容院に行ってきました。
決める前の自分の肚はどうだ?っていうのは
ありますが、私はまずやってから決めます。
そして、するなら一番純度の高いタイミング、
つまりすぐやるようにしています。
しのごの言わない。
思考の横槍を入れさせない。

でないとその後に、前髪を上げることで、
人生の流れがどう変わったか、変わらないか、
見極めることが困難になるからです。

理科的実験って、薬剤の量はきちんと計るし、
不純物が少しでも混じると、結果が正しく
出ない、それと同じように、心の状態も、
正しく結果が出るように、不純なものが
混じらないようにあらかじめ整える必要は
あると思う。

もうすでに、おでこを出す前と違っている!
わかります。


■ お問い合わせ、お申し込みは、こちら からお願いします。

[PR]
by 4cubes | 2017-10-19 15:22 | 潜在意識 | Comments(0)

ひとりごと

少子化の影響で、人口がどんどん減ると、
当たり前だけど税収が少なくなる。
消費が少なくなって消費税も少なくなり、
物が余るようになってくる。
仮想通貨の普及も、税収を少なくする。
たくさんの人がいるからこそ成り立っていた
年金や保険の制度や仕組みが使えなくなる。
コミュニティも、変わってくる。

これから先の世の中は、どうしたって
新しい仕組みにならざるを得ない。
これは不安を煽るという話ではなくて、
作り変える時期に来ているという事は、
皆が幸せになれる方法を模索できる
チャンスでもあるし、だからこそ、
明らかにしてみるということなのですが。

私は本当に難しい事はわからないです。
でもこの流れの中で、自分がどうあるか
については、なんとなくわかる。

好きなことしようって言うけれど、
じゃあそれはなんのためにするの?
自分を生きるため、はもちろんだけど、
それがこのタイミングなら、これからの
新しい仕組みの世界とも、ハマるはず。
自分を生きることが、これからの社会を
助けることになるんです。
自分を生きると豊かさが増えていくので、
人口の多さでカバーしていた豊かさが、
別の豊かさになり、人を幸せにできるから。
これまでの豊かさは有限だったけど、
無限の豊かさを実現できる世の中に
いま、変わろうとしているんだなと思う。

少子化そのものが問題なのではなくて
(税収の面で不都合が生じるけれど、
新しい幸せの概念ができれば、人口の
多い少ないは豊かさとは関係なくなる)
何かをコントロールする必要は、
本当になくなっていくのがわかる。

自分が本当に生きたい生き方を選びつつ
地に足をつけている、そういう生き方が
できるようになっていくんだなと感じます。


■ お問い合わせ、お申し込みは、
こちら からお願いします。

[PR]
by 4cubes | 2017-10-16 19:19 | 潜在意識 | Comments(0)

お金のこれから

西野亮廣氏の「革命のファンファーレ」
やっと読み始めています。

彼が言う「お金は信用を数値化したもの」
の意味は、これからは本当に誰もが
知っている必要があるなと思っています。
お金を「現金」だと思っている限り、
沢山あると幸せ、あるいは「あればいいって
もんじゃないのはわかるけどそうは言っても」
から抜けられないんじゃないかな。

変化のスピードが速い今の世の中で必要なのは
知識を増やす事じゃなくて(例えば仮想通貨は
何だ、どういう仕組みだって学ぶ事じゃなく)
変化に乗れる「感覚やセンス」を身につける
事だと思う。

全ての人が。

なぜかというと1つは、数年でガラリと
お金の状況が変わるというのに、
しかも学校ではそれを教われないわけだから、
子どもたちにお金の感覚が身につかないまま
(親の古い価値観で教えられた、今使えない
情報のまま)社会に出ることになる。
働いたら入ってくる、というこれまでの概念
のままいくと、苦しくなっていくと思う。
だから、親がそれ以外の世界を知ることで、
子どもの世界が開けていくと思うんだ。

そして、安心して人生を暮らしていきたい、
皆が持つ望みにとって必要なのは、お金の
呪いからの解放だっていう事。
お金に縛られている限り、生きづらくなる
一方なんだと思う。

「お金と繋がる、社会と繋がる講座」は、
想像もできないような未来の話ではなく
(それはそれで追々大切になるのですが)
今の感覚で取り入れやすいところを扱うので、
ガラッと変わる概念に移行する前にちょうど
良い内容になっていると思っています。
(だから来てって話じゃなくて、自分の為に
これをまとめておいて良かったなと思う。)

型紙を無料にしたいという先日の話だって、
これは私だけの話じゃないんです。
これからみんなそういう感覚になっていく。

情報はすでに無料の時代になっていて。
豊かなものがたくさんあって。
商売して、あるいは給料をもらって、
生活を立てていく、そんな現金の果たす
役割が、少しずつなくなっていくんです。

そういう事は、机に向かって学ぶという
種類のものではなくて、感覚として
身につけていくものだから、
私のように勉強嫌いでもできるわけです。
でも、これまでのお金の概念がしっかりと
染み付いてしまっているので、そこを
変えていく必要はあるんですね。
そのための情報や時間、向き合う姿勢は
必要なんじゃないかなと思います。

話は変わるのですが、夢で
「自分フォルダを作れ」って言われて。
PC上にフォルダを作って、自分の好きな
写真とか言葉とか、そういうものを
ストックしていくんです。
そして、足すだけじゃなくて、そんなに
ワクワクしなくなったものは削除もする。
そうやって上書き更新していくんです。

夢に出てきたからって、なんか凄い
お告げだとかそういうわけでもないけれど
確かに私は好きな記事や写真を切り抜いて
保存し、それも時々見直して、足したり
引いたりしているので、それに近いかな。

自分のことが良くわかるようになります。
「ピンクは好きじゃないけど、あーこの
この感じのピンクは目が離せない」とか
そういう風に、同じピンクでも、
体感を伴ったり伴わなかったりするので、
そういうところも、響いたものは
ストックしていくと、微細な自分の感覚も
わかってくるし、この差が大きいんです。

例えば一昨日、私は、英語の教材を買いに
行ったのですが、その感覚がわかっていると
必ず続けられる1冊を探し当てられます。
でも「私、映画が好きだから」くらいだと
映画で英語を学ぶという趣旨の、
数あるテキストの中から、これという
1冊を絞れなくなります。
その1冊が微妙に違っていたら続けられず
「あーやっぱり私に英語は無理」になる。
だから最初に自分を細かく知ることや、
目的を明らかにすることが大事なんですね。

息子が、ドリルの文字の色やフォントにまで
こだわってきた理由がわかる気がしました。
彼は「目的と自分の好み」がはっきりすれば
勉強します。でもはっきりするまで動かない。
でもこれ多分、みんな本来そうなんです。
損得勘定で何かを優先するために、どこか
ごまかしたり妥協したり我慢したりするけれど
息子はそれができなかったし、自分にそれを
許さなかっただけでした。
息子が中学生の頃、家庭教師の先生は、
そこに一番時間を割いてくださいました。
普通にドリルを渡しても「どうして先生は
このドリルを選んだんですか?」から入るし
納得できないとテコでも動かないです。
先日お会いしたときに仰ってましたが
「ゆうとくん、私が教えている間、
テクニックで解く問題はただの1つも
やりませんでした。」
あー…
先生は教育関係のお仕事に進まれたのもあり、
息子の事を「転機になりました」と仰って、
肥やしにしてくださっていました。
ありがたい事です。

私が歯医者さんに行く目的をはっきりさせた
そうすると歯医者が楽しくなったように、
目的をしっかりと持つと、必ずなんでも、
実現していけるんだなと思います。

人に合わせたり、優しさから遠慮するという
自分発信ではない性質だったとしても
自分が一番嬉しくなる目的を持っているか
どうかで、未来は全然違ってくると思います。


■ お問い合わせ、お申し込みは、
こちら からお願いします。

[PR]
by 4cubes | 2017-10-16 14:34 | 潜在意識 | Comments(0)

心の取扱説明書である数秘と、心の仕組みを知って、ほんとうの自分を生きたいと思う人の、心のお手伝いをしています。


by のりこ