映画「コスタリカの奇跡」(ネタばらししています)

戦争や平和について私も思うところはあるけれど、道徳的なことを押し付けられるのは嫌だし、精神論や理想論に終始するのも好みじゃない。
だからこの映画が気になった時に、同時に警戒する自分もいた。
戦争ものに触れるときはいつもこの感じがあって、本当のところどうなのか「確かめる」ような気分で行くことが多いんだけど、今回は、コスタリカにずっと関心があって旅するつもりでもいたらしい彼にとってもツボだったようで、一緒に渋谷まで行ってきた。12日に公開されたばかり、お盆、平日、雨、混み具合よくわからなくて行ったけどほぼ満席。

コスタリカは1948年に軍隊を持たないと決めて、それを守っている国。
もちろんそれだけではすまなくてアメリカからの圧力や隣国からの攻撃だって何度もある。けれども「持たない」を決めて、ブレそうな時期や圧力に屈しそうな時もありながら、今日まで国民の幸福にフォーカスしてそれを守り続けてきた。
そんな理想的な国だけどそれは「めったにない奇跡」なのだろうか。
でもこの映画見たら、コスタリカは、とてもシンプルに当たり前のことをしているだけだという事がわかった。

一番大切なもの(国民の幸福)を守るために、静かにNOを言い続ける、地に足つけて交渉し続ける、世界を信じること、それだけだった。
「そうは言っても軍隊を持たなくて、他国が攻撃してきたらどうするの?」っていう当然生まれる疑問がある。攻撃したいわけじゃなくて、自国をいざという時に守れるようにするために軍事が必要なんだっていう考え方は、一見正しいことのようにも思える。
でも攻撃してくる相手に対して軍隊で守る事は、それは当たり前に戦争を意味するし、人が死んで、福祉や教育どころではなくなって、幸せからどんどん遠ざかるのは目に見えている。
本来の目的(国民の幸福度を上げること)を果たせなくなる。

コスタリカは、軍隊を廃止した時に軍事に当てていたお金を福祉と教育にスライドし国力をどんどん上げていく。攻撃してくる相手には、国際法で守っていた。そのために普段から多くの国を訪ね、心を尽くして繋がりを持ってきた。

そしてこれ「我が国の1年の軍事予算は、アメリカの戦闘機1台分でしかない。軍隊で国を守ろうとしても、小さな国にとってそれは全く意味がない。」

精神論でも感情論でも哲学でもなく、ただの事実。
「軍隊は良くない」じゃなくただただ「非効率だから必要がない」コスタリカにとって明確な事実があった。
この、ただの事実を明らかにして、どうしたいかを考え、軍隊を手放したんだ。
元大統領のフィゲーレス氏は哲学者ではなくて、自身も実際に武器を手に持って戦ったことがある人。それも体感した上で、たくさん考えて考えて、善悪ではなくただ国民の幸福という目的に対して軍隊は「違う」と感じて「変えた」んだ。これだけ大きなことを丸ごと選びなおす事に、ただただすごい!っておもった。鳥肌が立った。
「まあこれぐらいで良いだろう」じゃない。99.9%でもなくて、100%。
100%じゃないと現実は動かないから。

それを勇気を出して決めるという事は、たぶん自分の大事な人とか、目の前の利益とか、楽に生きたいとか、なんだかわからないけどいろんな抱えているものを、全部失う覚悟だよね。
それでもフィゲーレス氏は自分の中で、これしかないって確信したんだよね。個人的なメリットもデメリットもとうに超えて、かといって「誰かのため」でもなく自分の中の真実がそうとしか言っていない、それにただ正直に答えたんだと思う。
だからこそ、そんな想いが伝わって、国民の支持を得たんだってわかる。

そういう人は「偉人」とか呼ばれて「私と違うから」で区別されやすいけど、映画を観れば心が震えたり、涙が止まらない人もたくさんいると思う。それは自分の中にも同じ気持ちがどこかにあるからなんだと思うよ。

この映画は、愛と恐れの仕組みを、とてもシンプルに教えてくれると思った。
平和は「愛」だし、戦争は「恐れ」の最たるものだと思う。
与えると入ってくる、っていうのがとてもよくわかる。
彼も「こう伝えれば良いのか。」って膝を打ってた。

自分の事なら、好きなことして嫌な事はしないで、暮らせるくらいのお金は生み出して、みたいなことも頑張ればできるし、自分の手が届く範囲にいる人たちを笑顔にすることだってできるだろう。でも世界平和に関しては、直接自分ができることって少なくて、そう考えたら考えるほど動けなくなってつまり「何もしない」になる人は、私も含めてとても多いんだと思う。

何もしないって「しなくちゃいけないと感じていることがあるにも関わらず」っていう前置きがある。どこかで気になってるんだけど、でもどうして良いかもわからないって私も思ってた時期が長くあったな。

ただ、そんな大きな事じゃなくても、自分の家で平和を作ることだったらできる。
大切な家族の幸福感を守るために、どうすれば良いのか冷静に考えることもできる。
これは我が家の場合だけど、息子を見張ることをやめて、一切の決まりやルールは撤廃したら、彼自身は自由にやってるのに、彼を叱るようなことなんて1つもない、そんな不思議な事がいつの間にか当たり前になってた。
詮索はしないけど、会話は多いし、いつもお互いを気にかけている。
ごくたまに口論になるけど次の日に持ち越さないことをどちらからともなく徹底してるんだよね。想いを正確に伝え、相手の話を聞き、間にあるズレと気持ちと望みを確認していく。何か(完璧な着地点のような)作品を2人で作り上げているような気持ちになるときがある。
自分にも相手にも自由を許すと、無法地帯になるのではなく、自然な秩序と責任と平和が生まれるんだなーって実際にやってみて思った。人間がいじくりまわして頑張って作る、どこか無理のある平和じゃなくて、自然に「この人との間に穏やかな空気を感じていたいな」と思うことで生まれる平和。

一人一人の平和が集まれば、コスタリカのようにそれが新しい当たり前になっていくのかもしれない。一人一人の平和って、大勢でしか成し遂げられない何かの一部には必ずなってて、必要な存在でしかないんだと思う。
「人は誰もが意味があって存在している」なんだけど、実際はそんな綺麗なニュアンスじゃない「いや、君がいないとマジ困るんだってば」ってレベルで必要なんだ。コスタリカも、リーダーはもちろんだけど、国民の意識が何度も国の危機を救ってきたのは映画の中でも感じることだった。

映画を観ていると、現実的な平和の実現はとても簡単に思えた。
それは、無意味に楽観的になるということとは違うのだけど、つまり、本当にシンプルだってことを再認識したなと思って。
最近は本も、自分をシンプルにするために読んでる気がする。
ハウツー本も引き寄せも自己啓発も色々と読んできたし、色んな人のところに学びにも行って、明らかに自分の人生を変えてくれるものもあったし「理由は説明できないけど違う気がする」って思うものも多くて、なんでそう思うのかってずっと考えてきて、しぶとくしぶとく考えてきて、だんだんと自分の中で繋がってきたけど、そこからもっと削ぎ落としてシンプルになりつつある。

そんなことをただ明らかにしながら、嘘偽りのない、小さな幸せのモデルを自分の中で作ることにもっと集中しようと思った。


■ HP
■ お問い合わせは こちら からお願いします。

[PR]
# by 4cubes | 2017-08-16 10:18 | 潜在意識 | Comments(0)

在り方が変わる、賢いお金の使い方

<気がつかない無駄なところに、お金使っていませんか?>

多少違いはあっても、世帯収入ってそんなに大きな差はなかったりする。
収入同じくらい、支出も同じくらい。
だとしたら、みんな同じくらいの生活レベルだということになる。
パートに行けば収入が少し増えるかもしれない。節約すれば支出は少し減らせるかもしれない。少しでも時給の良いところ、趣味が実益にならないかしら、できれば子どもは公立で、出費は少なく心は豊かに。

でも、いくら頑張ってもそこそこだと何も変わらない。99.9%でも変わらないんです。なんと100%じゃないと現実はまったく変わらないんです。
ちょっと節約しても、ちょっと工夫しても、ちょっと時給が良くても、ちょっと勉強頑張っても、実は何も変わらないんです。

でもすぐには収入は上がらないのだとしたら、今すぐできる方法を考えてみましょう、それは支出の方法を変えてみる事です。
支出がないという家はないのだから、どっちみち出ていくお金の、出ていき方を変える事で自分のマインドも変え、収入や豊かさを作っていく事ができます。
普通のことのようですが、心の仕組みにしっかりと沿っています。
お金のことですが、お金の使い方が変わることで在り方が変わる人もいると思う。

少し前に書いた、気にもしないような、でも払う必要がない「大したことない」金額が出て行っている場合があるのでそれを見てみます。

●コンビニATMで出金する手数料
●使わないアプリなどの月額料金
●今すぐ食べたいわけじゃない、余分なちょこっと買い
●安いからと買うストック

金額的には大した事がないって思うかもしれません。
これが月に1000円だとしても、給料から1000円マイナスになるだけだから、生活に支障ないと思うかもしれません、数字だけの話なら確かにそうです。

それよりも食費や光熱費を節約したら月に数千円はお得だし、ポイントとかフル活用すればもっとお得、と思うかもしれません。数字だけの話ならね。

でもこれは数字で見ているだけでは見えてこない事があります。
払う必要のないお金を払っている場合はただの「無駄、浪費」で、払うお金を少しでも少なくという行為は「節約、切り詰める」です。たいていの人は、節約には目を向けるけれど、その前の「無駄」に無関心な事が多いです。
節約の前に、そもそも払う必要のないお金を払っていないかを見る必要がありますし、節約をするにしても、必要なところに出すはずなのに罪悪感があったり、出ていく金額だけを減らそうとする損得勘定の使い方だと、払った分の「恩恵」を感じられないので「消費」にもならず「浪費」になり、結果的にお金だけが多く出ていってしまうことになっています。

まず
●使わないところには使わない。
●使うところには気持ち良く使う
を徹底しましょう。
そのためには、明確なお金の使い方の基準が必要になります。

垂れ流している少額のお金自体は大した事がないように思えても、曖昧な考え方のままだと家を買う時などに「ローンに組み込んじゃえば良いからついでに車も買い換えよう」みたいな「ついで買い」をしてしまったり、100均で何かを買って失敗したなと思う時「どうせ100円だから」と、そこから学ぶことをしないで、なかったことにしてしまったりするんです。
お金持ちは、100円の失敗でもそこに、感情こそ持っていかれないけれどそれを糧とし、次から失敗しないように策を講じます。だから100円すら、無駄なところに使ったりはしないものです。
お金持ちは、入ってくるお金よりも出ていくお金にシビアです。ケチじゃなくて、必要のないところにお金を使わないを徹底しているということです。

1円を笑うものは1円に泣く
お金持ちはケチだ
といったあたりの言葉の、真の意味が見えてくる気がします。

お金の使い方の例。
例えば先日、本を買いました。
大阪で受けた講座の先生から教わった本、2000円くらいしますが、先生から教わったその高いモチベーションのまま大阪にいる間に読みたいと思ったから、そのまま本屋さんに駆け込んで定価で買いました。かなり昔の本なので、アマゾンなら1円で買うこともできるし図書館で借りることもできるけれど、ここでは「高いモチベーションを維持しながら読む」を最優先としたので、迷わず定価で買いました。

もしこれが普段何もない時にふと「読もう」と思ったのであれば、まずは図書館にあるかチェックして、借りられたらすぐ借りたし、待ち人数が多いのであればブックオフかアマゾンで買っていたかもしれません。この場合は「手に取って読む」事が最優先なので、そこ以外には無駄にお金をかけないんです。そして図書館に足を運ぶ事やブックオフを覗くという事も普通に考えに入れます。

まず最初に、買うものに対して「自分が必要とする目的」を明確にし、それを最優先とし、そこに最適な金額を過不足なく使う。必要なら時間も使う。この基準でいつもお金を使えば、迷うことは少ないと思います。
見えてこないなら保留します。
あと、お金を引き出すのは手数料がかからない銀行のみにしています。
どうしても急ぎならそれを最優先とし、手数料を払ってコンビニでも良いと思いますが、そこから「あらかじめ余裕を持って引き出しておこう」と学び、次からは余分なお金が出ていかないようにすると思います。それは「備える」という事で、必要な計画性です。(ちなみに「今ここ」っていうのは、何もかも行き当たりばったりで備えないということではありません)

ただ「かわいい!欲しい!」という気分を満たしてくれる物を買うのももちろん正解です。「欲しい!」を満たしてくれるからそこで大正解。それなのに、買ったものに対してその後に「本当にこれでよかったのかなぁ」などと思うと、せっかく「その時の自分」に投資したのに、わざわざそれをただの浪費に変えてしまうんです。
買う、買わない、という数字の増減は、本質的な意味を持ちません。

お金の使い方のヒントになればと思います。


■ HP
■ お問い合わせは こちら からお願いします。

[PR]
# by 4cubes | 2017-08-13 23:39 | 潜在意識 | Comments(0)

ご縁の深い、大切な人

ネットで「信じていた人から裏切られた」といったことを書いている人がいて、その人は以前も別の人と同じようなことがあったみたいで、でも家族とはいつも仲良さそうだったので不思議に思ったのだけど、家族とできている関係性が、友達になると、なんでできなくなるんだろう?

私は「友達」とか「彼」とか「家族」という分類をあまりしていなくて、みんな「ご縁の深い、大切な人」という括りになっている気がしてて。
例えば仲良くしている友人を「彼女は私の友達だろうか?」って考えた時に、私にとっての「友達」の定義は、よく遊ぶでもなく、まめに連絡取り合うでもなく、建設的な話ができて、信頼できる心地良い関係の人、つまり「ご縁の深い、大切な人」だった。
だとすると、彼も「ご縁の深い、大切な人」だし、母も「ご縁の深い、大切な人」だし、スタッフも、クライアントさんも、考えてみればみんなそうです。

ただ、異性で恋愛という感情を介していると「彼」になったり、生んで育ててくれた今も尊敬している人を「母」と呼び、志や価値観を共有しながら共に学んだり遊んだりする人を「友達」と、便宜上区別はするけれど、私の中ではみんな「ご縁の深い、大切な人」自分の人生に彩りを与えてくれる、素敵な人なんだなと思う。
つまり、付き合い方はみんな同じだよね。

だから、家族とうまくいっているなら、友達にも同じように表現すれば「友達とだけうまくいかなくなる」なんてことはないと思うんだよね。
みんな、心のどこかに「友達とはこういうもの」「恋愛とはこういうもの」「家族とはこういうもの」という定義を自分に都合良く作って、そこに当てはめようとするからうまくいかないんだと思う。
分けて考えるから、家族はうまくいって友達とはうまくいかない、恋愛はうまくいくけど職場ではうまくいかない、なんてことが起こるんだと思う。

その定義、間違ってないかな?って思う。
職場の人とは「深く仲良くなれない」って定義していたり、友達なら対等のはずなのに「自分の方が上」って定義していたり、彼を「(経済的にも心も)甘えられる人」って、どこかで決めていることがあるのかもしれない。

そしてその定義通りに現実が起こっていると思う。
友達と言いつつどこかで「私の方が上」だと思っているなら「バカにされた」とか「下に見られた」と思うような現実が起こると思うし、心を開かないで仕事すれば、性格悪い人とか困った人と仕事することになるだろうし。
あとは親からの愛情を欲しいと思えば思うほど確執という形になるし、友達が欲しいと思えば思うほど友達に裏切られる。執着すればするほど、それは課題となって厳しい現実で返ってくる。

ほんとうは、小さな子が、なんの見返りも求めず目の前の子に向かって「友達になろう」って言うように、大人だってそれだけで仲良くなれる。

優しくされたら優しくしよう、っていうのはすごく打算的で。
特にご主人とか、職場の感じ悪い人とか、先にこっちから優しくすると負けた気になったり、損した気になったりする人もいると思うけれど、私は逆で、相手を笑顔にさせたほうが(勝ち負けじゃないけれど便宜上使うなら)勝ち(価値)、相手が自分を好きになったら私の勝ち(価値)、と思ってる。
もう20年前につき合っていた彼氏、ホストだったんだけど、60人いる老舗のクラブで現役時代ずっとナンバーワンで、真っ先に相手を笑顔にさせる天才でした。どうしたらそれができるのか、なぜ笑顔がナンバーワン&売り上げ(現金)に繋がるのか、当時よく聞き出しました。それが今も役に立っています。
ホストと知り合った自分にもびっくりでしたが、そういう商売の本質とか、面白い学びになった時期でした。(ちなみに婚約までしました)

↑ホストと付き合ったことがあるって言いにくかったけど、面白い学びがあるんで、徐々にそういった引き出しも開けていきます。


■ HP
■ お問い合わせは こちら からお願いします。

[PR]
# by 4cubes | 2017-08-13 15:14 | 潜在意識 | Comments(0)

「ありのままでいい」っていうのは

<本当のところこういう事>

「ありのままでいい」という言葉がずっと言われているけれど、どういう意味だとおもう?そのまま受け取れば「今の状態でいいよ」って言われている気がするんだけど、ほんとうに今の状態でいい?それで合ってると思う?

もし今のあなたが、買いたいもの全部買えるほど裕福じゃなくても毎日暮らせるくらいはお金があって、時々嫌なことがあっても素敵な家族もいるしまあまあ幸せかも、と思えるなら「ありのままでいい」って言われて、なんとなく納得してしまいそうなんだけど、

例えば今、奥さんのいる人と不倫してるとか、結構な借金してるとか、自分の子どもを愛せていないと感じているとか、だったとしたら「ありのままでいいよ」って言われて、それで良いと思える?

そうすると、ありのままで良い=今のままで良い、って解釈は変だってことになる。
だってほんとうの意味は「今のままで良い」んじゃなくて「本来のあなたで良い」だから。だから「ありのままでいいよ」と言われたときに、あるいはそんな言葉を見つけたときに、反射的に浮かぶあなたの「ありのまま」っていうのは、現状の自分に対して思考が作った「都合の良い解釈」である場合があるので、その解釈そのものを、まずは疑った方が良いって事になる。

「ありのまま(今の現状)だから良いんだよ」って、現在不倫をしていることを正当化したり、これでいいんだと信じ込む前に「そもそも、私にとってのありのままって何だろう?」と考えることが大事なのだと思うのです。

浮気そのものの良し悪しではなくて、自分はほんとうは不倫なんてしたくないんじゃない?って考える事が大事じゃないかということ。
我慢してない?
嘘ついてない?
本当はどうしたい?

そういう意味で「ありのままで生きて良い」んだよって話なんです。

結局そこかいって話なんだけど、実は結局そこなんです。
本当の幸せのスタートとは、実はこの「結局そこかい」に降参すること。
どうにかして今の自分を見つめなくても、幸せだと感じられるようになりたい、って人はついつい思うんだけど「幸せを感じられる自分になる事=自分を見つめる事」だから、もうそこはどうしようもないっていうか。
そして、どんな事で幸せを感じられるのかがわかったら、あとはそれやるだけ。

自分をごまかして生きている人は、ごまかしながら生きてて幸せか?を問うて、自分にも人にも嘘をつくのをやめて、自分を甘やかしている人は、依存してて幸せか?を問うて、自ら負荷をかけて自立する。

つまり、今までやらなかった、避けてきたことすれば良い。
ここ読んでる人、たぶん、サボってる人、多いと思うから。
(別のとこ頑張りすぎて、肝心なところサボる、っていうの両方やってて混乱してる人も多いと思う)
自分からは動かないで、でもどこかでご縁を貰って、それが自分だけにしかできないようなミラクルな仕事で、充実して、お金にもなって感謝されて、なんか全部うまくいくーっていうのを望んでいる。
変なところに余裕と余力があるからなんだと思うけど。そして変なところで自分に許すのが得意=自分に甘い。
私もこれやってきたからよくわかるんだ。
そして今も、油断するとすぐその感じになるので。
(ありのままで良い=今のままでいい、に瞬時に変換しそうになる)

ということで。
そういう人にはお金の厳しさを教えてくれる「ミナミの帝王」がオススメです(関西圏以外の人には通じないのかな)それと「今やる人になる40の習慣」((今でしょ!の)林修 著)も良いと思います。


■ HP
■ お問い合わせは こちら からお願いします。

[PR]
# by 4cubes | 2017-08-12 19:07 | 潜在意識 | Comments(0)

動機

<簿記を始めたのにはもう1つ理由があって>

a0352853_00564165.jpg

大阪でお金の講座を受けた時、教えてくれた先生がとても素敵な人だったんです。
関わった人をとても大切にしていて(だからこそ、講座などを通じて会う人の数をご自身がフォローができるだけに制限しているそうです)丁寧でわかりやすく、内容だけでなく、そのお人柄に感銘を受けて。

この人には誠意を見せたいと思いました。
お金を払う払わない関係なく、私は素晴らしい人だと思えば思うほど「その人に見合うようになろう」とする性格のようで、この先生に少しでも釣り合うよう次に会う時までに簿記3級を取ろうと考えたのでした。(簿記と会計学を学ぶと良いという話があったので)
「ついていきますので何から何まで教えてください」というスタンスは、一見素直な感じがしなくもないけれど、すごく受け身だから。
それが悪いわけじゃなくて好みだけど、自分からもどんどんやる方が成長も早いと思うのと、私はおそらく、誰かに憧れたままでできない子でいるよりも、その人にとって素晴らしい何かを自分も与えられるようになるために、対等になろうと(少なくともそれを目指そうと)思うんだろうな。

簿記の本はすごく厚くて、ページ毎に複数の新しい用語と仕訳方法が書いてあり、何から何まで覚えることばかり。これを「取っといた方が良いから」くらいの理由で習得した人って、逆に尊敬!!!
好きでもないと全く入ってこない、好きでも油断すると文字がすぐ暗号になるwww

けれどもこれが、もちろん楽ちんというわけじゃないのですが、やろうと思えるんです。実際に腰が上がる。朝起きた時に「今日はどこで勉強時間を取ろうか」と考えている自分がいる。
簿記そのものが好きじゃなくてもこれが大事だという事はわかるし、理解すれば面白い世界が待っているというのも今の段階でも見えるから、だから出来るんだ。
そういう意味で英語はまだ目的意識が明確じゃなかったんだけど、諦めていない感じはある。

今回実家に帰った時に、ふと、気づいたことがあって。
実母は、私の友達やスタッフや彼などに会ったことがあるし、私を通して何かをプレゼントしたり、実際に会っていなくても関わったりした人もいるけれど、その人たち全員、私は「自分の兄妹だと感じている」ことに気がついて。
兄妹というか、私の母と縁がある=母の子が増えた、って当たり前のように感じていた自分にビックリしました。
つまりうちの母を一旦知ったら、あなたはもううちの母の子どもですよ、望めばいつでも愛してくれるから、何があっても安心して良いよ、って思ってるんです。

なんだこれwww

多分、私が高校生くらいの時にはすでに感じてた気がする。
産んだ親だけが親でもなくって、誰を親だと思っても良いと思うし、2人いても3人いても良いと思ってて、だから私も、離婚した元夫の義両親は当たり前に今も私の両親だと思うのか。
愛は減らないもの。
同様にお金も減らないんだけどね。

こう書くとうちの母はなんだか素敵な人みたいですが、不良で家に帰ってこない、いつも彼氏いっぱいでやんちゃばかりの母親でした。(20年くらい前に再婚して落ち着きましたが)
一般的に言われる親らしい事は、あまりしない人でした。
好き勝手に自由に生きて、どえらい事もやらかして(←衝撃的すぎてブログでは書けない)いわゆる波乱万丈で、わがまま、おこりんぼ、なんだけど。
母が、良い母親になろうとせず、母の本音を罪悪感なくいつも外に表現してたから、誰の顔色も伺う事なくそれを自分に許してたから、だから、全部まっすぐ届く。
大好きだーって愛も、まっすぐ届く。
彼女がいくら不良でも、困ったさんでも、私は、私が彼女に愛されていることに疑問を持ったことがないんです。何を話しても、たとえ怒ったとしても、愛を持って聞いてくれるとわかってるからなんでも話してきたし。

この母を、シェアしようとしてる私も私だけど。
面白いことに気がついたなと思っています。


■ HP
■ お問い合わせは こちら からお願いします。

[PR]
# by 4cubes | 2017-08-07 10:40 | 潜在意識 | Comments(0)

成績が悪い・勉強好きじゃない、そんな子とお母さんの本物の幸せを、こころのテクニック・潜在数秘術・不安を取る技術で助けます。


by のりこ
画像一覧