出ていく方にだけこだわる

<自動的にお金も心も貯まる方法>

何に時間とお金を使うと無駄になって、何に使えば無駄じゃないというのは、人それぞれ違うから、それぞれ自分の基準に照らし合わせる必要があります。
外側に答えを探しても、その答えは自分には合わない場合が多いと思う。
心地良いかどうかなんて、やってみないとわからないこともあるし。

視点が変わると、我慢だと思っていた事が我慢じゃなくなったりするのが不思議。例えばコーヒーSサイズが100円、Mサイズが150円だったとして、たった50円を自分にケチりたくなくて何となくいつも150円のを買っていたとして。自分の心地よいポイントがわかった途端、Sサイズで満足できる時はケチる感覚は全くなく気分に合ったSサイズ、Mサイズ飲みたいなーって気分の時はMサイズを買う。そうすると、何度かの差額分の50円×数回、は、自然と出ていかなくなる。

Mサイズにしたいのに我慢したとかでもなく、ただ「ちょうど良い」に従った結果、結果的にお金の無駄使いを減らすわけです。
で、この50円が、大した金額じゃないと思いがちなんだけど、人ってたぶん、1日30回くらい、この「大したことない金額」の流出を許しているんです。
本当に欲しいわけじゃないけど買った洋服とかバッグなどがあれば大打撃。
月に5万円近く、無駄なお金が出ていっている、かもしれない。

それで、だからといって「だったら節約だ」なんて節約しようとすると今度は「我慢」になるわけです。数字だけを追っていくら増えたって喜ぶと、減った時が反動で辛くなる。減らさないように躍起になるし、少しでも消費に安い方を求めて、心の豊かさが遠ざかる。だから節約って続かないんだけど、逆に続けられる人は無理したりギスギスしたり、人に優しくなくなったりするわけです。
大事なのは、「自分の心地良さベース」で過不足なくお金や時間を使うことです。
自分が普段から、何を出ていくことを許してるのか、を知ることで見えてくる部分です。

心とか、時間とか、全部同じです。
これがわかって私は、好きなことをするんじゃなくて、嫌なことをしない、だけに絞りました。なんでも受け取ることにしたので、自分の好きなことにこだわるあまりに「受け取れない」事がないように。
<人からもらったバッグや洋服で、好みではなくて使えないと感じていたものも、最近は出してきてそのまま使うようにしています。洋服は衿ぐりとか好みに合わせてお直ししたりもしていましたが、それもやめました。

少し前、彼に、うちの母がシャツをお土産としてプレゼントしたのですが「好きかどうかわからんけど」という言葉に対して彼は「それが自分の好みであるかは関係ない」と(言葉にはしませんが)そう考えています。
単にその人の気持ちに答えようとして、好きでもないものを着るのとは少し違って「少なくともその人が自分に似合うと思ってくれたものなら、似合うんですよ」と心から思っていて、自分の価値観をそこに使わないんです。自分を想ってくれる人が言っているそれを丸ごと信じる、これも受け取るですね。普段自分で選ぶものにはこだわりがある彼だからちょっと驚きましたが、なるほどとも思った出来事でした。(私は以前は、好みでなかったら「気持ちだけ」受け取って使わないとかしてたから…)
もちろんケースバイケース。好きじゃないもの無理やり食べるとかそういう極端な話はまた別です。

何が出ていくかにはこだわりますが、何が入ってくるかはお任せ。
心地よいと思えることにエネルギーをどんどん使っていれば、それに合ったものが入ってくるし、思ったものと違うものが入ってくる時も、自分の視点でそれはいくらでも良いものとなり得るのだから。


■ HP
■ お問い合わせは こちら からお願いします。

[PR]
# by 4cubes | 2017-08-06 18:52 | 潜在意識 | Comments(0)

出て行く方を意識する

お金持ちって、いくら入ってくるかより、いくら出ていくかに意識が向いているし、心が豊かな人も、彼氏とか愛とかお金とか時間を得る事よりも何に自分の持っているもの(お金とか時間とか愛)を使うか、に意識が向いているんだけど。

体感するとこれがよくわかるし、体感していないと本当に理屈だけでわかってたんだなーということもよくわかる。でもとりあえず出て行く方に意識を向けながら学んだり感じたり発見していくことで、いつか「こういうことかー!」がわかるんだけど。

体感として感じるだけでなく、理論や理屈で説明できないだろうかと。
お金で言えば、資産となるものにお金を使う割合を増やすと、それが次のお金を生んでくれるからただの支出で終わらないけれど、ただの支出ばかりにお金を使うと、お金が足りなくなるから、すごく働かなきゃいけなくなる。
しかも働いた分には税金がかかるし、支出にも税金がかかる。
使うために働いてるのに、働いたわりには残らなくなるんです。
なんだかすごく無駄が多くなるわけです。疲れそうでしょ?

心で言うと、幸せだと感じられるもの(資産)にお金や時間を使うと、良質なエネルギーを生むわけです。活力と言えばいいかな、次の幸せの燃料となる。
ただ「使う」だけで燃料が生まれるのなら、補充をあくせく頑張らなくても自然に豊かになっていく。でもこれが、自分を幸せにしない事にお金や時間を使うと、エネルギーを生むどころか垂れ流し状態で消耗する一方で。
そのためにエネルギーを補充しようとするけれど追いつかなくて、そのうち支出の方が上回ると、負債(ストレス)になっていく。
負債を埋めるために何かを補充する人生になるわけです。
ずっと借金返済の人生を送るようなものです。

エネルギーを限りあるものと考えると、ケチケチ使わなきゃいけなくなるけれど、エネルギーは生み出すことができる。自分で発電すれば良いんです。
それが愛や幸せ、感謝の感情。要は好きなことして自分を喜ばせるってこと。
でも出ていく方もあるし、無駄に消耗する出て生き方もあるから、何に出ていっているのかを見る必要があるのです。
お金持ちが、出ていくお金に目を向けるのは、無駄に出ていくお金がないかを見るためです。効率とか合理的という意味ではなくて、自分を消耗させる(本当の意味で無駄な)お金が出ていっていないか、という目で見ていると思います。
そして節約でもない。私の彼なんかは人をとても大事にし「そこまでやる?」と人に言われようとも使うところには使います。ちゃんと自分の持つものなどにはこだわりがあるし、良質のもの、技術のあるものにも敬意を払い、そこにお金を出します。
でも、出さないところには1円も出しません。
頑固っていうよりも、生き方が決まっているから基準が明確であるというだけです。
節約しないけど無駄使いにもならない。(←これ幸せじゃないですか?)これがわかると心地良いことだけにお金を豊かに使いながら、お金が貯まるマインドになっていきます。

ここんとこ、1日家にいるときは、2時間「ミナミの帝王」観て(U-NEXTの無料動画)、2時間簿記の勉強して、1時間読書して、残りの時間でブログを書いたり仕事をしています。
時間って結構あるもんだなぁと思います。
英語はちょっと中断中。
やることが決まるとちゃんとやるし、ちゃんとやるためには、それが好きであるかが重要だし、となると自分は何が好きでどこに向かっているのかを明確にする必要がある。つまり自分を知る。
いつもそこに戻ります。
LP4だからコツコツが得意ですが、もちろん目的がないとやりません。
目的を達成するための手段として、LP4を使うだけです。簿記の勉強は、参考書を丁寧にくまなく理解で埋めていく方法。つまづくと必ずそこを理解してから次に進みます。
D7なので「なんで?」が出てきたら、そこで探求が始まってしまい、なかなか進まないのですが(試験に直接関係ないことでも知りたくなってスルーできない)下手したら出版社に電話しちゃうくらい。
習得までの時間は長くかかる方だと思います。

LP6、D8の母は会計士で、私の疑問に答えてくれます。(←頼られるの好き)
「明日あんたと同じ参考書買ってくるわ。そしたら何ページの何ってお互いに見れば一目瞭然やん」って、そこまでせんでいいーーって思いますが、とても彼女らしい。
そして私の疑問を(会計士的には)「気にせんでええ」と言ってきますが「(私が!)気になるの」と言って、噛み合わない長電話が始まります…


■ HP
■ お問い合わせは こちら からお願いします。

[PR]
# by 4cubes | 2017-08-06 13:36 | 潜在意識 | Comments(0)

つまり強くなるっていうこと

<カミングアウト>

生まれつき性格が強いとか弱いとかそういうのは実は幻想だし、形のないものなのに、形があるように感じるだけのことなのですが。

そういうことは置いておいて必要なのは、自分で自分(あるいは自分にとって大切なもの)を守るって決める事なんだと思う。
自分の、カッコ悪い部分も、ぶつかって心が折れる時も、臆病で前進できない時も、お金を持っていない時の自分も、良質のパートナーシップが築けていない時も、何かにつけてうまくできない不器用な自分も、丸ごとそのまま受け止め、その後の面倒も見ることができる強さを持つこと。
これができることで、全ては回り出す。

混乱しやすいのは、誰かを頼ってはいけないということではないし、自分の責任とするけれど自分を責めることとは違うし、世間や助けてくれる人に背を向けて、弱みを見せずに頑張ることでもないってこと。

自分の中に起こる感情は全部自分で引き受ける。
そこを人に頼った関係性にしない。
その上で、現実的に物理的に困ったことは助け合うし、パートナーとなら素晴らしい時間をクリエイトするし、親子ならかけがえのない時間を共有する。

そう、そうなのです。
でも最近まで、できていると思ってたのにできている風だったようです。
大阪で、私は私の中にあった「依存」に気づきました。
書くのは恥ずかしいけれど、これは大事だと思う。

なんか抜けられない人、微妙な依存にハマっている場合があると思います。
(私と全く同じパターンじゃないかもしれませんが)

ーーーーーーーーーーーー

私、普段は自分の仕事で普通に生活しているし、でももしも何かあれば、周りの人との関係性も良いので相談もできる。性質的にかっこ悪い自分も見せられる、という部分もある。一見なんの問題もなさそうじゃないですか。
でもだとしたら、どうして自分の商売は、人間関係ほど安定しないのか。
それについて、大阪で受けたお金の講座を聞いているうちにわかりました。
私は、何かの時には、彼ら(自分の周りにいる優しい人たち)がいるからなんとかなる、というように、その人たちを心のどこかで「保険」にしてたんです。
(文字にすると痛いのなんの)
もちろんそんなつもりないし、自分で稼いで自分で生活してて、自分でも全く気がついていませんでしたが。
実際に何かあっても、物理的には頼る前に自分でなんとかしますよ、でも。それでも。
どこか、どこかで心が安心しきってるんです。
「ダメな自分でも大丈夫。(彼らがいるから)」って、大丈夫をそこで使うな自分ーーー!!!
実際に頼る頼らないの話ではなくて、自分自身にどこか緊張感がないというか、どこかで「何とかなる、ほら、頼れる人いるし」と保険を作っておいて安心して頑張る、みたいな。
本当は「何とかしてもらえる」でも「何とかなる」でもなくて「(その時の自分が)何とかする」でなくてはいけないんですよ。(それが自分への信頼です)

頑張るのが得意で頼るのが下手な人は、誰かに頼ることが「その時の自分が何とかする」になるのですが、私のように人間関係良くて、頼ることの気持ち的なハードルが低い場合は「ちょっとは自分で頑張れ」なんです(笑)
いや、実際は頑張るんですけれど、気持ちの上での話です。
この意識が現実とバランスを取るのだから。

これ、自分で、なっかなか気がつけない部分で。
実際、普通に生活してるから、周りとの関係性も一見良いからそことは向き合わないし、考えたこともありませんでした。
現実にわかりやすく「問題」として表れない時、心の仕組みだけでは、見えてこないし気づきにくいんです。でも微妙にズレている感じもわかる。
それを、お金の仕組みに置き換えたら一発でした……(お金を誰かに頼ってるわけでもないのに不思議すぎる)
そしてこの事を彼に話したら内容も気持ちも理解してくれて「そこまで向き合う人はなかなかいません。そうしなくても生きていけますから」と。だってそもそも我々の生きている社会が依存体質だし「気がつかないように巧妙に作られている」側面もあるんでね。
でも私は、世間はともかく自分のズレがどうしても気持ち悪いから放っておけないわけで。
彼に「私を見てて、どこか依存というかズレを感じることはあった?」と聞く(←どこまでも自分をえぐる)と「全く」という返事でした。ふーんそうなのか。

それにしても、どっか甘かったんだな、私。
だって、本当にダメで良いんだもーん、って言えるのは、誰かになんとかしてもらえると思ってるということだから。なんとかしてもらえなかったらのたれ死んでも良いんだもーん、まできたら、それは勇気なんかじゃなくて、ただの開き直りでしょ?
ダメで良いと自分で認めるのとはまた違うんです。現在地を自分で認めるのは、次に繋げるためだから。
私の周りの人たちが私に向けてくれる愛を私は「保険」じゃなくて「お守り」にするべきだったのです。
それがわかった時、ずっと知りたかった、でもないことにしてた経済学について繋がって、学びに火がつきました。

ちなみに、少し前に私は「お金について知りたい」という願いを放っています。
完璧に現実化しています。
こんな形で現実化してる。面白いもんだなぁと思います。

自分の現在地が正確にわかると、その瞬間から世界は違って見えてきます。
「決める」でも変わるけれど「理解」でも変わるわけです。
彼とは今日、主婦がママ友をディズニー株で騙して…の事件の考察に熱中しました。あれほど人間の心の部分をわかりやすく映したものもない。そして、推測ですが、騙した側の彼女は用意周到なんかじゃないよねって。
そして、これまでの時代と違いこれからは、お金のリテラシー必須。
知っているのと知らないのとでは、人生に大きな差ができることも疑いようがないと思う。勉強勉強じゃなくてね、自分の暮らしがどんな風にできているかを知るっていうことだけなので、その意識を作ることと合わせて、楽しめるんじゃないかなと思います。

お金のブロック、外していきましょう!


■ HP
■ お問い合わせは こちら からお願いします。

[PR]
# by 4cubes | 2017-08-04 23:24 | 潜在意識 | Comments(0)

ワクワクの正体

ワクワクって何だろうなぁと、この、わかるようでわからない言葉をずっと考えてきて。1つは、この言葉の解釈が人によってものすごく大きく違うという「曖昧さ」を持つ事、という事は、非常に自分にとって都合の良い受け取り方をしてしまいがちになる言葉でもあるということが言える気がする。

ワクワク(自分が心地良いと思える事)ってとても大事。そして2種類あると気がつきました。
1つは、瞬間的なもの
もう1つは、継続的なもの。

おいしいもの食べることや、非日常の体験、誰かと会うこと。そういう事ってとってもワクワクするし、目に見えて楽しいことがわかるから、ワクワクのイメージってこっちだという人も多いかもしれない。

もう1つは継続的なもので、愛されていると感じること、平和で穏やかな毎日、呼吸ができる、食べるものが買える、のように、もはや当たり前になっていて気づかないほど心地良さが続いている状態。心が安定していて、幸せがフローになっている。
よく「ワクワクをイメージしてください」っていうワクワクは、本質的には実はこちらのことを指します。

もちろん人生の刺激として瞬間的なワクワクも必要なんですよね。
本能的に求めることもあると思います。温泉行きたーいとか、おいしいもの食べたーいとか、会いたーい、とか。
でもそれは、基本的にはお金の仕組みで言うところの「消費」「支出」で、その時の感情と交換して終了します。
それだと幸せな思い出だけが残って、思い出に執着しやすくなる。あの味が忘れられないみたいな。なんどもいうけどもちろんそれもなくてはならない。
ただ、順番とバランスなんです。

人間は、先に、継続されているベースの幸せが必要で。
愛されて安心して暮らせる、それがまずあって、その上で時々おいしいものを食べたり、旅行したり、エキサイティングを楽しむ。でも先にこの瞬間的なワクワクばかりにエネルギーを使う人が多いし、使った割には残るものが少なく、それでも次のワクワクも幸せも作る事は作るんだけど、継続的な幸せにするには時間もお金もかかるし、非常に効率が悪いということに気づきました。

で、単なる消費でももちろん時には良いけれど、継続的な幸せを作るための「手段」として、瞬間的なワクワクを使うこともできる。それはその時限りのワクワクにならないから、そんな風に使えば良いんだと。
講座への参加とか、学びとか、新鮮な環境に飛び込むとか、それこそこれまでと同じ旅行でもおいしいものでも、ただ消費するんじゃなくて、これまでと違う視点で見つめてみるとか、そんな風にエネルギーを使うと、消費しながらでもこれまでに得られなかった得るものがある。
得るものは資産として、そこから何かに発展するかもしれない(運用できるかもしれない)
自分の持つお金、時間、エネルギーを、ただの消費にしてしまうのか、資産にするのか、というやつです。

こんな風に書くと、心のことを凄く無味乾燥に捉えていると思われるかもしれないけれど、仕組みはほんと同じです。
だって、心のことも、お金のことも、ベースが「人間の思い込み」にあるから、形は違えど同じように現実化するわけです。

どうして心がフラットである必要があるのか、という質問を少し前に頂いた時、私は「自分を俯瞰して現実を正確に見るため」のように書いたかもしれませんが、もちろんそれもあるけれど、継続的な幸せというのは非常にフラットな状態であるからです。
フラットが一番、無駄なエネルギーが少なく消耗せず、余力があり、本当に楽しいことに持っているものを使えるからです。
「愛されている」状態は、それがずーーーっと続いていても、瞬間的なワクワクのように疲れたりしない(反動がこない)と思いますが、逆にそれがベースにあったら安心して冒険もできますよね。
だから、いつもフラットな(継続的幸せと同じ)状態でいる必要があるんだと思います。


■ HP
■ お問い合わせは こちら からお願いします。

[PR]
# by 4cubes | 2017-08-04 09:38 | 潜在意識 | Comments(0)

陥りやすいこと。

<何もしなくて良いんだけど、何もしなくて良いわけじゃない。>

これ、みんな凄く考えることだと思う。
嫌なことをしないって事は何となくできても、でもそれだけで至福の幸せには繋がっていない。今から何か資格とか取って起業とまで思わないし、でも仕事はしないとなーとも思うし、もっとお金の安心は欲しいし、という感じなんだと思う。
(私もこの視点だったからわかります)
ほんとうに好きな事もよくわからないし。
何でもできそうで、身動き取れない。
本当は自分を活かし切りたい。そこまでは思って、そこで止まってる。

ここ、疑うところです。そもそも視点が違う。
でね、ここを文章で説明できない。書いても、それを読んだ人が自分解釈だと視点は切り替わりません。たいてい言葉で言うと同じことになるけど意味合いが違う、という事だから。
講座でも習い事でも学校でも何でも良いけれど、いつもと違う価値観の場所に身をおいて、そういうところから「自分が見つけていく」これだけ。
だから講座などに参加する時には「教えてもらおう」じゃなくて「自分で見つけよう」という視点がまず必要になると思う。そこからもう始まってる。
お金を振り込んだ時点で変化が見られる人っていうのは、払ったから何とかしてもらえるだろうじゃなく「自分から取りに行くぞ」という視点に切り替わってるから現実が変わるっていう事なんだと思います。

そういう諸々をめんどくさいと思うと、お金に困らない専業主婦になりたかったり、ご主人に稼いでもらいたくなったりするんだけど、その視点は依存だから、残念ながら豊かにはなれないのです。(依存していると、もっと依存するために不足が多いという現実を作るからね。少し前の私ですね。イタタタタ)
そして自分が依存していたら、なんと子どもももれなくそうなります。

嫌な事はしなくて良いから、嫌なことってなんだろうってハッキリさせればさせるほど、逆に好きなこともハッキリしてくる。
履歴書を書くのがどうしても嫌だ、ということをすごくハッキリさせた私は、じゃあ何だったら楽しくできるんだろう、という発想に自然に切り替わりました。
もっと細かく言うと、子どもが0歳の時に、数年後この子が幼稚園に入ったら私もレジのパートなんかをするのかも、と想像して、履歴書書いて出して、何人かの同じような主婦が面接して、向こうの都合で落とされたり採用されたり……そこで、それは凄く嫌だ、と思ったんですね。
起業しようと思ったわけじゃないけれど、幼稚園に入るまでには、履歴書出さない、少しでも割りの良い仕事獲得レースとやらに参加しないで済む自分になれるように、何かのスキルを磨いておこうと思って。
そこで自分の持っている、ちょっとかじったHPの知識と洋裁、を活かした方が近道になるかな、と最初は修行のつもりでやり出したんですよね。
で、それが結果的に起業になったし、得意なことから入っているので軌道に乗りやすかったなと。現金化は下手な方ですが、それでもありがたい事に長く続けられています。

でも、ここまで書いても、起業するかどうかって関係なくて。
「やっぱり起業かー」と思った人は大きな落とし穴。
自分をブランディングすることで、自然と向こうから必要とされるし「お願いだから履歴書書いてうちにきてください!」って言われて書く履歴書なんてそれこそ最高。
(そういう人こそ表立って言わないだけで、主婦でもいっぱいいます)

そう言うと「そういう人は何かしらの才能があるから…」ってお決まりの。
そういうことにしておくほうが都合が良い人はそれで良いと思います。
そもそも才能って、もとから持っているものではないのだ。実体ないでしょう?
私のこの、どうしたって履歴書書けないというのが、人間スキルのなさにしか見えないこれを、才能とは呼べないこのガラクタを、私は「才能にしてみた」んです。

この、どうにも動かしがたいこれが才能だとしたら?

じゃあどう活かせば良いの?と自然になりますよね。
才能ってそういうカテゴリがあるわけではなくて、持っているものの視点を変えることで才能にすることができる。ただそれだけです。才能と呼ぶのは結果が出た後です。

才能を、生まれ持った類稀なる能力、と定義し、それが自分や我が子にはない、と今見えている側面だけで決めてしまったら、そこで人生は終了だと思う。
自分を活かすことなく終わる。
この先何十年も。
そんなのあまりにも嫌じゃないですか?
私はそこを諦めるなんてできないから、才能を探すよ。持っているもの、あるいは持っていないものをどうにかして活かす。それに適した仕事がないなら、仕事を作る。
人生のルールなんて自分で作れば良いと思うもの。
「子どもの潜在能力を引き出す」というのも、引き出すのは自分ですから。引き出す力がなければそれまで。潜在能力ってスポーツや勉強とは限らないし、案外「そこ???」というようなものだったりするから。

自らガシガシ進むタイプじゃない人は、この人にならついて行きたいと思える人に出会って、自分が何ができるのかを伝えるのが良いと思います。
もちろんその2つだけでもないけれど。


■ HP
■ お問い合わせは こちら からお願いします。

[PR]
# by 4cubes | 2017-08-03 12:45 | 潜在意識 | Comments(5)

成績が悪い・勉強好きじゃない、そんな子とお母さんの本物の幸せを、こころのテクニック・潜在数秘術・不安を取る技術で助けます。


by のりこ
画像一覧