お金の講座のお知らせ

【迷子メール】

セッションお申し込みのAさま。
こちらのメールが届いていないのか、お送りいただいたものがこちらに届いていないのかわかりませんが
何度かお返事しております。メールの記載の番号にお電話を頂けるとありがたいです。
どうぞよろしくお願いします。


【お金の講座のおしらせ】

潜在意識を上手に使うことで、具体的な願いを叶えることが可能です。
例えば「お金がほしい」と思っているはずなのに、思うとおりにいかない、
入ってもすぐ出て行ってしまう、いつも足りない、いつもギリギリ。
もう少し余裕が欲しい。そこにはどんな潜在意識があり、
どんなふうに書き変われば、お金が入ってくるようになるのでしょうか。

「お金が入ってくる!」と信じる事でお金が入ってくる、というのは本当?
金運財布とか、徳を積むと良いとか、パワーストーンとか、あれって本当に効くの?
どっちを買ったらよいの?どっちを選んだらよいの?
お金があったら家族はもっと平和なのに、という考え方の罠。
あの人は意地悪なのに、お金には困ってない、ずるくない?それってどういう事?
大金持ちになりたいわけじゃないけど、お金の心配しないですむくらいの生活がしたい。

色んなお金の疑問をクリアにし、あなたの、お金に対する潜在意識(思い込み)を知り、
書き換え(もちろん書き換えの時間には個人差があります)て、
お金が自然にめぐる、お金も心も満たされる、持続性のある暮らしを手に入れませんか?

潜在意識の基本的なお話と、それをお金に特化して暮らしに活かす方法の講座です。
可能な限り抽象的な言葉を使わず、きっちり日常的に使える方法をお伝えします。

 ● 日時 5月17日(火)13時~16時
 ● 場所 吉祥寺
 ● 代金 お1人様 15000円(お飲み物代込み)
 ● 人数 先着5名様まで(最低3名様集まりましたら開講します)
 ● テキストつき
 ● お金が入ってくる秘密の(←怪しい)お土産つき


お申し込み、お問い合わせは こちら から。

お時間は3時間を予定しておりますが、話によっては過ぎると思います。
お時間に余裕をもってお越しいただけたらと思います。
今回、潜在数秘術は入れません。
潜在数秘術や潜在意識について全く知らなくてもわかりやすく受講していただけます。
受講者の方でもし潜在数秘術を受けたい場合は、別料金で午前中に1名様のみセッションお申し込み可能です。(10時~12時)
現在、対面セッションをお休み中なので、対面希望の方はご検討ください。

講座は初めてなので金額的には相当控えめですが、エッセンスはたくさん。
お金に関してもそれこそ色んな情報が世の中にはありますが!
どれが良いのか、どれが効果があるのか、どうやって選びますか?
選んだとしても続かなかったり、続けて行かなきゃいけない事にそもそも無理があったりする。
そうじゃなくて、1回手にしたらずっと安定していきたい。その根本をお伝えします。
人生のプラチナルールです。

「お金」というと「サクセス」「ビジネス」「野心」みたいなものを感じがちで、抵抗があります。
私はその世界じゃないから~と思う。でもそんなに単純に考える物でもなくて、
「お金がある=ギラギラした生活」と「お金にフォーカスしない=自然体の生活」という二択でもないのです。
私は普通に、お金が好きです。というか、お金が好きじゃない人なんていないと思います。
この社会に生きていくのにお金は不可欠です。
人生お金じゃない、それはそうです。でもそれは「お金だけじゃない」という意味です。
お金を否定して良いという意味ではないんです。必要だけど何となく見て見ぬふりをするものでもない。
家族仲良く、身の丈の生活があって、心が豊かで、自然に添った無理のない豊かな暮らしを描いていて、
それを上手に循環させるツールとして、お金というものがある「だけ」です。

私は、S1という魂の望みがあります。
「私!」という存在が満たされること、オリジナリティのある物を作ることやそういう暮らし、
もそうなのですが、S1には「種を蒔きたい」という性質があります。

自分が蒔いた種で、まわりの人が成長したり豊かになるのを見るのが好きなのです。
種を蒔くだけなので、育てるのはその人自身です。
未来の可能性を作っていくのはその人で、その人の自由なクリエイションなのだから、
そこに、介入したいわけじゃない。
でも、最初に種は必要で。エネルギーで満たされた豊かな種を蒔きたいという思いがあります。

潜在数秘術も、まずは数字で自分を知ることができる、というところまでのツールです。
そこから先はその人が自由に作っていく事ができるし、また、作らなきゃと意識して思わなくても
数秘術を知ると自然に見えてくるというところが、誰かの作為がなくてちょうど良い自然な塩梅なのです。
そこから先に行こうとするとコンサルタントとかカウンセラーとかになっていくのですが、
もちろん、きっちりと線引きをする事はできないにしても、
私は、お節介とか深入りではない方法で、その人の豊かな人生のお手伝いがしたいです。

型紙もそうです。
エネルギーを蓄えた状態で素材だけを提供し、その人に自由に作ってほしい。
その自由度を守りながら、その手前までをしっかり作り込む。
自分の役割が見えてきました。

そろそろGWですね。サンプル縫ってテキスト作って、充実の引きこもり予定です。


[PR]
# by 4cubes | 2016-04-27 10:49 | 潜在意識 | Comments(0)

ゴールデンナンバー

先日は潜在数秘術の非公開講座、ゴールデンナンバーの講座がありました。

LPやD、Sなど8種類で見る潜在数秘術ですが、それとは違う
新しいナンバーです。
マニアックすぎるので、セッションで使うかはわかりませんが
興味がある方にはお話できると思います。

「ゴールデンボンバー」と一瞬間違えそうになるゴールデンナンバー。
どういうものかというと、心と体と思考のバランスが最高に良い時、まわる時
つまり、何もかもがうまくいくとき、
どういう状態、領域になるかを示す数字であり、またその状態になるためには
どういう数字を意識すれば良いかという見方もできます。

単純で単発の個人の悩みや願いなどの「個」のエゴを超えた先の話になるので、
自分の才能をフルに活かしたい、活かしきりたい、というような段階になれば
もしくはそうなりたいと願うような場合は、見ていくとおもしろい数字です。

ちなみに私のゴールデンナンバー(GN)は、
3という数字の性質は、「ワクワク、楽しい、喜怒哀楽、表現力豊か、思いつき、
短絡的、非論理的、子ども、ピュア」のような感じ。

私は3を持たないし、LL3でもあるので、3の概念を知らない。
でも、超自然体で色々とすべてがうまくいくとき、私は「3」になるわけです。
もしくは「3」の状態を意識的に作ることで、そのゾーンに入りやすくなる。
新しい概念はとても面白く、確かに、何だかわからないけれどもすべてがうまくいっている時
LP4の秩序や、D7の落ち着き、がどこかへ飛んで、確かにとっ散らかってるんだけど、
なんかもの凄く楽しくて、幸せ!!!という感じ、多くはないですが、これまでにもありました。
あれが3なのかー。

また、私が3の領域にいる時、
例えば私が、落ち着きがなくなってめちゃめちゃ喋っている時、超楽しそうにしている時、
その時の発信は良いエネルギーとなってまわりに伝染し、皆を自由にし、解放します。
めちゃめちゃ子どものようなテンションでデザインについて話す時は、自ずとパタンナーに伝わり、
結果的にスムーズに形になるので、あれもそうなのかな、と振り返っています。

これが、人によって違う数字となるわけなのですが。

また五大元素との組み合わせで、ゴールデンナンバーに至るまでの道筋をもっとスムーズにしたり、
どこに引っ掛かりを感じやすいのかなどを明確にしたり、
とにかく色んなことが見えてくる、とても面白い学びとなりました。
でもほんとにマニアック。深い。

学びで気づきがあると、その瞬間に、私の中の潜在意識も書き換わります。
価値観が変わります。
私は4とか7とか1とか、親和性のある数字の組み合わせばかりなので、
自分の内面の葛藤が少なくて快適ではあるのですが、こじんまりとまとまっている感じでした。
それで理解し、納得もしていましたが、自分でも意識していなかった、
違う性質を持つ数字の側面があるとわかり(断片的にも見えていても、あるとは思えていなかったし)
そこが、どういう時に現れるのか、現せるのか、もわかって、
より自分を使う、活かしきる、という事に向き合えると思いました。

最近の私のテーマは「検体」
自分を使って人体実験していきます。

[PR]
# by 4cubes | 2016-04-24 10:51 | Comments(0)

お金の話

a0352853_10100550.jpg


先日お客様より「お金って、どうしたら入ってきますか?」というご質問が。
数秘術やっていて、初めてに近かったかもしれません、お金のご質問。
その方も、やや遠慮がちでした。
でも下世話だろうがいやらしかろうが、おそらくお金の話に興味がある人は多いと思う。

潜在数秘術とお金も関係性はあります。
どういう仕事をすればまわるのか(結果としてお金になるのか)とか
自分をより活かしていくという方向でお金の話は出てきます。
それに潜在数秘術は潜在意識と関係性が深いので、思い込みから
お金のブロック(お金が入るために邪魔をしているもの)を知り、そこからのアクションもあります。

でもここでは単純に数字とか関係なく「お金欲しい~~~~!」という場合の話。

お金が入ってくる方法についてネットでは色んな情報が溢れています。
本当にいくらでも溢れています。
わざわざ私がここで書く事もないくらい、素晴らしい情報がありすぎる。
でも、不思議ですが、無意識に受け取ろうとしない人には、その情報が目の前に見えていても
引っかからないんです。
全部は知らないですが、分析や実験が好きな私は色々と実践しました。
お金に関する講座にも行きました。
教えてもらった事や自分で調べたことを実践もしてみました。
そこでわかったこと。

どんな方法かはまったく関係ない。
「~をしなくてはならない」に振り回されなくても、
正解を知らなくても、自分の心ひとつでお金も手に入る。
お金に限らず、すべての事に同じ事が言えるのですが。

潜在意識(思い込み)を変更するだけ。
それだけでお金に困らなくなる!

具体的に言うと、お金が入ってくる心の準備をする、だけ。
本当にこれだけです。でもこの「これだけ」がなかなかできないのですよ、だって
無意識(自分が意識できない事)を変更するのだから。

でも、これだけなんです。

だとすると、だったらできるんじゃん?と私は考えます。
さらに「どうしたらできるか」と考えます。(作戦得意なD7)
誰に左右されることもなく、今どんな仕事をしていても、していなくても、
今お金がなくても、自分のこの体さえあればできるんだから、凄い事だと思います。
本当にこの世に生まれて良かったーーーー!と思いますもの。

じゃあなぜ、色んな「方法」とかお金が入ってくると謳われているグッズがあるかというと、
それらは、その「もの」がお金を運んできてくれるのではなくて、
潜在意識を変更するためのサポートとなる役割があるのです。

で、最初のお客様のご質問に戻りますが

「お金って、どうしたら入ってきますか?」

この言葉、特に変な感じはしませんよね。
この方に限らず、どうしたら入ってくるんだろう?と考える方は多いと思います。
でもこの言葉や、この考えの裏側にある本音は

「お金は、どうにかしないと入ってこない」という前提です。
その前提から、ご質問の言葉が出てくるんです。

無意識に
頑張らなきゃ入ってこない。
出世しなきゃ入ってこない。
ただボーっとしているだけでは入ってこない。

そして
「思うように入ってこないのは、頑張りが足りないからだ」
そこで「私って駄目だ」「諦めなきゃ」というような気持ちの在り方になってしまう。

更にお金が入ってこなくなります。
あ「お金が入ってこない」もですが「入ってもすぐ出て行ってしまう」も同じです。

お金がない時、無意識は何を考えているかというと
「お金とは、そんなに簡単には手に入らないものだ」という思い込みか
「お金いらない」と考えているか
大きく分けるとその2つだと思います。

「そんなことありません私はお金、欲しいです!」と思いますよね。
そう、その通りなのですが、頭ではそう思っていても、実は無意識ではそう考えていない場合があるのです。

例えば「お金があったら暮らしが贅沢になって、子どもの教育には良くない」と
無意識に考えていたとしたら、現実は無意識に忠実ですから、良い教育を叶えるために
お金は入ってこないのです。
「お金があったら働きたくなくなって人間として駄目になる」と無意識に思ってたら
無意識は「お金がない立派な人間」を叶えてくれるんです。

お金、欲しいのに欲しくない、というような矛盾した心の在り方では
お金が入ってくる準備ができているとは言えないので、お金は入ってきません。

じゃあどうしたら良いかというと、お金も豊かでローンや支払いに振り回されず、
それでいてダメな方に流されず、いつもみんな笑顔でニコニコ。という前提を作ればよいのです。
「そんなのむ~り~」と思いますか?
もちろん思うのは自由で、勝手に上がってくることで(その「勝手に」の前提を作るのはあなたですが)
全て理想通りなんて一見「難しい事」のように見えることは確かです。
ですがそう思う時のあなたの前提が「無理」のままなら、理想的な暮らしを作ることは無理だという現実が
漏れなく続いていく事になるのです。
だから「無理」と決めつけず「無理に思えるけれどどうやったら無理じゃなくなるだろうか」と考えることで
本当に現実を変えることができるのです。
2回言いますが、本当に現実を変えることができるのです。

「無理!」って心の奥で思いながら「お金たくさん!」ってそもそも矛盾した話ですよね。
欲しいんかい、欲しくないんかい?ってことです。
そこは、潜在意識はちゃんと突っ込んでいます。
そこの矛盾が取れない限り、願いが叶うのは保留になります。

潜在意識の変更って、難しく思えてきたでしょうか。
でも、これを知らず、お金に対する無意識の前提が「お金は簡単に入ってこない」のままだと
一生「お金は簡単に入ってこない」ままなのです。
いくらお金の講座を聞きに行っても、お金欲しいと神様に祈っても、
満月にお財布をフリフリしても(という方法があるようですね、私は、やったことないですしやらないですが)
もっと根っこにあるところを見つめない事には、何も変わらないんです。

自分の無意識が何を考えているのか、本当は何を望んでいるのか、
「まず知る」という事が大切です。
知らないと、知らず知らずチグハグなことを願い続けて、ずっと叶わないという現実がやってきます。
時間に限りあるこの世界では、少々もったいない事のような気もします。

お金の話についてのお茶会やろうと思います。
お茶会1回で全部伝えられない気もしますが、今回は「どうしてそうなるのか」よりも
「暮らしの中でどう考えて何をすればよいか」にフォーカスしようかな。
5月中旬、吉祥寺で。
潜在数秘術ミニセッションは入れない予定で目的を絞ろうと思います。
興味がある方は楽しみにしていてください。また告知します。

あと余談ですが、ご質問の多い方は、読むだけの方よりも願いを叶えやすくなります。
「お茶会かぁ、時間が合えば、安かったら行こう」というスタンスの方より
「その日仕事あるー、お金もピンチ。でも何とか都合つけて行こう!」というスタンスの方の方が
願いを叶えやすくなります。
別に、実際に参加するかしないかは別です。実際どっちでも良いんです。
(どうしてだかわかりますか?)
それよりも「心が前のめり」という事が、現実を変える具体的な力になります。
質問以外にも、参加表明とか、想いをアウトプットするってとても大事なのです。
例えばブログ書いている私のためにとかじゃなくて、
これを読んでいる、現実を変えたいと思っているあなたにとって!
とても大切な事なのです。ほんとですから。

AさんとBさんがいます。
どちらも同じくらい「お金がほしい」と思っている人です。
単純に、Aさんは質問が多い人、Bさんはあまり質問しない人とします。
質問の多さは理解度の問題ではなく、心の在り方です。
ではAさんはどうして(どういう前提があって)質問が多くなるのでしょう。

ソーイングで例えます。
AさんとBさん、ワンピースを作るために2人で生地を買いに行きました。
帰りに2人でお茶しながら、買った生地を目の前にして、
Aさんは頭の中で完成させたワンピースを思い描いています。
Bさんは目の前の生地を見つめるだけです。
Aさんはリアルにワンピースを描いていますから、
「どうやったらきれいに縫えるかな。あのポケットどうなっているのかな。」など
完成したワンピースを前提に、あれこれ妄想します。そこにたどり着くために自分ができる事、
あるいはできない事が自然に頭に浮かび、それが質問につながります。
Bさんは生地だけ見ているので、当たり前ですがそういう疑問はわいてこないんです。
どちらが素敵なワンピースを完成させるでしょうか。

お金に戻ります。
AさんはAさんの中に「お金が入ってくる」という完成図が浮かんでいるので
そのためにどうしたらいいか考えるし、わからないところは人に聞くので
結果的に「質問が多くなる」のです。
Bさんは「お金が入ってきたらいいな」という思いはあっても、
お金が入ってくる完成図がないので、何をしたらいいかもわからないし、質問も生まれません。
質問が多ければ、お金を得るための具体的な行動となりますから、
お金が入る方向にすべてが向かうのは、もう必然なのです。

Aさんは無意識に「お金が入ってくる」という前提で、無意識にそのための行動をやります。
質問もしかり、もっと目に見えない部分でも
無意識が「お金が入る」行動をさせます。びっくりするほど忠実に。
もはやお金が入ってくるというよりも、お金が入らない理由の方がすっかりなくなります。

イメージしたら願いが叶う、というのはこういう事なのです。
不思議でも何でもない話です。
潜在意識って、自分の中にあるものなので、魔法でも何でもなくて
シンプルに説明がつくのです。

[PR]
# by 4cubes | 2016-04-23 10:10 | 潜在意識 | Comments(2)

今何をするか考える時

熊本地震で被災された方に、1日も早く穏やかな日常が戻りますように。

普段だって、少しの個性の差こそあれ、人は皆同じようなことを考えているもので
価値観も、それほど大きくは変わらないだろうと思っていても、
同じ家で、同じものを食べて、同じ時間を共有している家族だってそれぞれ全く違う価値観を持っているのですから、
違う土地で、今、自分が想像もできない状況にある人の本当の気持ち、欲していることを
どれだけ想像しても、本当のところはわからない。
だから「想い」はあっても何をしてよいのかわからなくなり、
逆に動けなくなってしまっている場合も多いのかもしれません。
充分な支援ができないこと、または普通に日常を送って良いのだろうかというような罪悪感、
九州に住む人を想い、また自分や家族の事を考えて不安になる。
わからないけど心がざわざわする。

そういう私自身も確かにいて、立ち止まりそうな時、やはり自分に戻るようにしています。
「どうしたいか」「どうしようと思うのか」
でもそれも見えにくい時は少し先の「未来の自分」を基準に行動します。

少し先の自分だったらどうするか。
義援金を送っているのか、原発へのアクションを起こしているのか、自ら物資を調達して届ける段取りをしているのか
その全てか、または何もしていないのか、祈るのか、その時の自分がしているであろうそれを、今、何も考えずにやります。
仮に「少し先の私なら、すぐに義援金を、信用できるしかるべきところへ振り込んでいるだろうな」と思えば
今それをするのがごく自然です。
「今」の自分が何か行動しようとすると、どうしても「正解」を求めそうになるし、自分の意思ではないところの
事情やまわりの様子、今の現実的な生活と照らし合わせたりして、判断が鈍くなったり初動が遅くなる。慎重になる。
それでいて「何かしなきゃいけない気がする」というような追い立てられるような気持ちとか。
少し先の自分はこれから来るので、余計な情報がないこともあってニュートラルに冷静に見る事ができる。
少し先の自分はとても幸せなはずだから、その時の自分を基準にすれば、今の自分の判断も信じられる。
今の自分との親和性もあると思います。

私は、自分の目指す社会貢献があるのですが、今は微力でも、いつもそれに沿って行動するようにしています。
それがある事で常に迷わず行動できるので、私にとってありがたいトリガー(引き金)になっています。


[PR]
# by 4cubes | 2016-04-19 08:09 | その他 | Comments(0)

お子さまの数秘

前に書いたことと重複するところがありますが、
お子さまの数秘は、小さなころは魂だけで生きているという事から基本的にSで見ます。
が、最近のお子さまは、小さい頃から、それこそ1歳や2歳でもLPやDの傾向が早く出てくる、
それは、魂(S)が求める前に、刺激や思考(LP)が入ってきて、頭で物を考えるのが先になるからです。
また、五感で感じ切る前にアウトプットを求められたりする場合も、影響するかもしれません。
小さなころからスマホやタブレットを、親が仮に与えなくても、外に出れば
病院の待合室でもファミレスでも、タッチパネルや順番表示用のモニターなどはありますし、
特別な日でなくてもケーキを食べたり、何かと貰ったり、クーポンでサービスされたり、
親や子どもが喜ぶための演出が華やかだったりと、世の中全体が豊かになって今の状態になっている。
生まれた時から色んな刺激にさらされているのは、もちろんそれが悪いという事ではなくて、今の時代の標準です。

求める前から色々な情報が入ってくると、魂(S)より思考(LP)が働きやすくなります。
「わかる」「できる」事は増えやすいですが、「したい」事が本人からも他者からも見えにくくなるので、
心の望み(S)が置いてきぼりにならないように、意識して「見えてないけれど本当は何がしたいのか」
「本質で何を求めているのか」に注意を向ける必要があるかなと思います。

大人も「わかる」「できる」事が、イコール自分の望みでもあると考えている人は多く、でもどこかで
違和感を感じながら生きている場合があります。結局、魂の望みを無視することはできないんです。

ちょっと話は変わりますが。

息子の話ですが、言葉はとても遅く、3歳手前でようやく話し始めました。
話せないというよりは話す気がないという感じだったので、放っておいたら彼のタイミングで話し始めました。
このあたり、3歳前ですでにLP7の性質が見られます。
小学校低学年で教材を取るようになりましたが、国語だけは断固拒否。
「人の気持ちを抜き出す」ことに違和感を感じているようで、どうしてもやりたくないと言います。
国語こそすべての基本だと思っていた私は当然困惑しました。
中学3年になりましたが、基本的に変わりません。
彼の基準で納得しないと、解ける問題でも解かないというこだわりがあります。
証明問題は、証明したくない(証明する意味がわからない)とか、
問1)を解いて、あとそれをアレンジするだけなのに、
次の 問2)は「や、これは今ちょっと違うから」と言って解かない。
公式に当てはめるだけなのに「まずはどうしてその公式になるのか」が納得できないから解かない。
徳川15代将軍は、納得できた3代目と5代目と15代目だけまず暗記する。納得いけば他の将軍も暗記する。
(社会的な功績を自分なりに感じられるかどうかが基準のようです)←このあたり平和好きなS22ぽい。
きちんと解いたら、1教科につき20点ずつは上がるんじゃないかと思うほど。

学力は高くないです。天才肌という感じもしない。
そして受験や定期考査にめちゃめちゃ不利な考え方です。
先生にも理解されにくいと思います。

我が家は家庭教師をお願いしていますが、学力も人間力も申し分ない優秀な学生さんで、彼にも合っていました。
というか、↑のようなタイプですから、そもそも塾は難しいと思います。
家庭教師の先生も、息子の性格とか癖などを的確に見て、彼のこだわりを否定せず
それでいて、中学生としてやっておくことについてはできるようにサポートしてくださっています。
受験に適した部屋の中の配置とか、テキストの扱い方とか、部活との両立の仕方だとか、
目の前の学習以外の、根本的に大切なことも沢山教えていただいています。

私は彼をLP7っぽいなぁと思いますが、後出しじゃんけんみたいなので、本当にLP7の性質であるかはさておき
「彼がLP7だからかもしれないな」と思う事で、正解かどうかは関係なく私は安心します。
良い意味で諦めて、少なくとも今この瞬間は、心から彼を見守ることができる。
LP7だと知らなかったら、彼を到底理解できない。できないから心配。時には怒りになっていたかもしれません。
数字を知る前は、彼が勉強をしないのは「楽な方に逃げている」からだと思っていましたしね。
それでも放っておきましたが、やはり理解できる、知るという事で、彼自身は何も変わらないのに
私の心の在り方はずいぶん変わりました。

彼のSは22です。やたら視野の広い事を考えて私の想定におさまりませんが、得意な事(LP)を活かして
魂(S)を満たしていってほしいなと思います。


[PR]
# by 4cubes | 2016-04-13 08:56 | 数秘 | Comments(8)

心の取扱説明書である数秘と、心の仕組みを知って、ほんとうの自分を生きたいと思う人の、心のお手伝いをしています。


by のりこ
画像一覧