男性性と女性性2


男性性と女性性。
男性の中には男性性と女性性があり
女性の中にも男性性と女性性があり
バランスが大事。
でもそのバランスも、一定ではなくて、
必要に応じて男性性が強くなったり、
女性性が強くなったりするし、だから
いつも自分の心の声を聞きながら、
自在にバランスを取ることが大事で。

でもこればっかりは人それぞれだから
ブログでこうですと書けないところで。
言葉や行動に現れる事象から、導き出す
ということをしないと見えてこないから。

男性性が優位になりすぎて
女性性の声を聞いてあげていないのか、
(女性の多くはこれですが。拗ねる)
男性性が女性性に依存しているか、
(男性性マザコン気味。)
女性性が男性性に依存しているか
(女性の感情丸出しで仕事しない。)

いろんなケースがあります。
私は男性性が優位ですが、女性性に
やや依存していたですね。
もっと仕事ができるのにセーブしてた。
得意分野で、いざとなったらできるから、
だから今はそこそこでも大丈夫だし、
今はここまででいいやって、
自分で自分の限界を決めていました。
目的が定まっていなかったから、今は
全力出す必要がないと思ってたけれど、
目標が明確になれば、もっとできるし
だったらやれよ、って感じです。

目標を持つことはそれを軸に生きるから、
結果的に、目標に合わない色んなものを
手離すことになるのですが、
そうなると、手離すことは必要であると
捉えられるし、執着もしなくなる。

人間は、1つのものにしか
意識を向けられないから
目標に意識が向くようになると、
自ずと小さな我欲にこだわらなくなり、
今何をするべきか、何を手離すべきか
どうしたら形にすることができるのか
ふわーーーっと見えてくる。
クリアになる。
男性性、女性性のバランスを
どう取れば良いかも体感としてわかる。

ただ、ここまでくるのに私は、
自分を満たすことを飽きるほどやったし
おそらく誰もがやりきらないと、
抜けられないと思います。
綺麗事じゃなくて私は、自分のために
生きることに、飽き飽きしました。
だからもうそれは良いやって。
もちろん生活はあるんですが、その上で
欲求を満たすことはもういいやって。

婚活している女性は、男性性が強くなる
というパターンが多い。
活動的になり、ガツガツ獲物を狙ってて
つまり自分が女性じゃなくなってるんで
当然、結婚できないわけです。

結婚して「女性扱いされない」と嘆く人は
自分がそもそも女性性を捨てているから、
当然、女性扱いされなくなる。

子育ても妻も、女性性を捨てなくたって
できるのに、無意識に数字で物事を見て、
自分の全てを、子育てへの自己犠牲に何%、
嫁で何%って、分割しちゃってるんですよね。
で、妻という女性の自分の優先順位が
低くなって、女性性が失われ、
愛されないと感じる事象が起こる。
女性特有の病気になりやすくもなる。
女性としての幸せを感じられなくなります。
(浮気の原因はこのあたり。家の中に
女性性がないと、男性はそれを外に求める。
そもそも男性性は、女性性が弱いので、
女性性を出せる場所として家庭を求めるのに
その家庭が女性性不在だと…?)

キラキラ企業女子は、男性性が高くなりすぎ
オス化している人が多い。
確かに稼ぐには稼げる。
でも見える成果に心を奪われ、子育てという
女性の幸せを放棄し、外見だけ整えて、
稼げば稼ぐだけ、心は満たされなくなる。
女性としての幸せは無視される。

ちなみに私の場合は、どっちも強いんですよ。
女性性の望みを自覚しやすいし、無視しないし、
叶えてあげられる。そこはほんとそうで。
平たくいうと「我慢しない」のが得意。
ただ、その強い女性性の分、バランスを取って
男性性の持つ、厳しさ、緊張感、成し遂げる、
という男性性の望みも、引き上げないとダメ。
そうでなくては相対的に男性性が弱くなって、
成長しようという気持ちが削がれてしまう。
「そのままでいいんだよ」という甘い誘惑に
まんまと乗ってしまう。
本来男性性が優位なタイプだし、そこそこ
やるので、なんとかなってしまっていた分、
気がつくのに時間がかかりました。

ここんとこ、どこに参加しても何を読んでも
誰に会っても「男性性と女性性」ばかりで、
さすがに体感で一気につながりました。
それは私自身がもうそこでグズグズ
してられない、やるべきことがあるからだと
思います。降参しました。
下地が出来ていたので理解も早かったです。

女性性を上げる、と言っても必ずしも
女子力を上げるとか、女っぽくするとか、
キラキラするとか、そういう事ではないです。
休むこと、思考から離れて感覚的になる事
意味のないことする事、ちょっと我儘に
なる事、だったりします。
労ろうとする気持ちが大事って事です。


■ お問い合わせ、お申し込みは、こちら からお願いします。

[PR]
Commented by くどう ちはる at 2017-11-03 18:09 x
以前女性性が苦手なんですって、のりこさんにコメントしたことがあります。のりこさんからお返事をいただいたのですが、その時はピンとこなかったのですが。
今、月の満ち欠けや低気圧で調子が良くなったり、悪くなったり、大自然の中で生かされているのだなぁと思います。
ずっと四角い物や直線的なものが好きで、その方が気持ちが良かったはずなのですが、仕事を辞めて家事だけになった今は、曲線の方がなんか自然だなって思ったり、心が揺れる、流動的な方が滑らかで心地いいんです。
こういうことが、のりこさんがおっしゃっていた女性性なのかな?!と最近思っています。今の私は女性性優位なんですかね?
Commented by 4cubes at 2017-11-03 18:25
> くどう ちはるさん

流動的なもんなので、常に揺ら揺ら男性性寄りになったり、女性性寄りになったりするし、バランスを取ってると思います。
ちょっと直接話さないと何ともいえないけれど、趣味の問題とは違うので、流線型=女性性、でもないんです。女性性は理屈じゃないので、説明がつかないものなんです。

で、ちはるさんの今の状態は女性性優位でもないと思います。頭で理解しようとしている時は概ね男性性ですね〜。
Commented by くどう ちはる at 2017-11-04 10:59 x
コメントありがとうございます。
女性性、男性性について概念をまだわかっていないことがわかりました。知りたくてネットで検索してみたこともあるのですが、私はどうも何事も頭で理解しようとする傾向があります。
わかっていないことが理解できたので、もう少し時間をおいてみようと思いました。
丁寧なコメントありがとうございました。また、女性性、男性性をブログでつづっていただけるととてもありがたいです。
Commented by 4cubes at 2017-11-05 16:54
> くどう ちはるさん

今現在、知らないという事を知る、ということの大切さをわかってるって事がちはるさん素晴らしいですね!
「わかった風」になってる事って、無自覚に多いのが人間だから、私もたぶんそういう事があると思うので、いつも振り返りたいなと思いました。
ありがとうございます。

男性性と女性性のバランスを考えながら生活すると、やっぱり楽ですし、現実の調和も取れるので、また書きたいと思います。ありがとうございます。
by 4cubes | 2017-11-03 13:06 | 潜在意識 | Comments(4)

一元的視点の世界、物理化学の視点での引き寄せ、現在個別対応のみ承っています。


by のりこ