ビジョンが見えた話

ここのところ色々壊れてきていて、
(人格が崩壊したわけではなく、物事が
新しく動き始めているという意味合いで)
昨日はセッションだったのですが、
ほぼ「(私の!)事業計画と打ち合わせ」
でした。
数秘のセッションなのに身もふたもない
数秘はいらない、を知るために数秘を
やってきた事と、その上で数秘を活かす、
って事がわかった日。

人生って面白いねー。
そしてそれを面白がれる人といる幸せ!
意味のないことの先に、意味は現れる。
そもそも意味というものは、
意味のない事の先にしか生まれないのだろう。

いつもただ、まっさらで生きる。

自分でも気づいていて。
ここ最近の、あの日を境に、
手に取る本がガラリと変わった。
選ぶものが明らかに違って、本だけでなく
多分無意識レベルで、会う人も、行く場所も
今日着る服の選び方も、買う食材まで、
それ以前の自分と違うという自覚がある。
まさに「そうなった」としか言いようがない
くらいに、ある日突然。
でも、握りしめていた大きくて怖いものを
手離したから、こうなることはとても自然で、
ああ、あんな大きいものを私は手離したのか、
と、不思議な気持ちになる。

手離すっていうのは、一番怖いと思っている
事をすることだ。
今もし悩みがあるとすれば、あるいは、
悩みがないのにどこか晴れないとしたら、
それは、その怖いことの先にある目的のため、
かもしれないし。
私はそうだった。
いちばんいちばんいちばん大事で手離せない
と思っていたスタッフを手離した。

「今やっている事は自分の仕事じゃない」
「本当の自分の役割をやりなさい」と、
明確にわかるような状況証拠ばかりなのに、
2人に嫌われるのが怖いという気持ちが強く
何も動けなかった。
それでいて自分をごまかす事もできないから
目の前の仕事をする事もできない。
そもそも2人に、何をどう言えば良いのかも
わからなかったんだよね。
「なんか今の仕事、違う気がするんだけど」
と言ったところで「で?」しかないだろうし、
「じゃあその先は?」と言われるだろう。
私がそう言わせるに違いない。
本当にやりたい事が私自身わかっていなくて、
これじゃないという事だけはわかっていても、
どうしようもなくて。

だから、スタッフを手離しました。
(解雇じゃないよ)
2人に嫌われても良いって自分に許可した。
ついでに、彼と別れる事も許可しました。
何でって言われたらあれなんですが。

自分にもし揺るぎないビジョンがあって、
それを達成するために、恋愛や親友を
手離す事が条件だとしたら…と考えたら、
号泣しながらも「…手離せてしまうやん」
って思ったから、彼も手離しといた、的な。

そうしたら。
ビジョンが見えたんですよ。
これかぁぁぁ!
本物が目の前に現れたら、根拠はなくても
「あ、これだ」ってわかるんだという事が
わかりました。
壮大すぎてビビりましたが。

でも、ビジョンを作る人と、人のビジョンに
ついていく人っていうのがいて、だから
全員が張り切って使命使命って言わなくても
良いのかもしれないとも思う。
私のビジョンについてきたら人生変わるし、
勝手に幸せになると思うので、そっちの方が
純度が高い事もわかったし、
ひとまず通常セッションはあと少ししたら、
やめると思います。でも人とは繋がるつもり。
私が知っている事、数秘も、必要なら
人生を良くする方法も、全部伝える機会は、
対面でも集団でも作っていくつもりです。
お金を介するのをやめるってことかなあ。
自分でもわかってないけれど。

で、こう書くと「どんな事するんだろう」と
思うかもしれないし、すぐに動き出すと思う
かもしれませんが、文字どおり、ビジョンしか
ありません。何も決定していません。
どこから手をつけて良いかもわからない状態。
人脈もゼロ。私の能力ゼロ。
それでも進む道が見えたら後戻りできない。
というそれだけなんだけど。

ただ。

普通の顔した天才がいっぱいいるって事が、
すでにわかっているので、そういう人を
いっぱい連れてきたら何とかなるよね。
って、昨日、爪隠しっぷり半端ない脳ある鷹と
密談してました。
(セッション受けにきてくれたクライアント
さんなんだけどね)


■ お問い合わせ、お申し込みは、こちら からお願いします。

[PR]
by 4cubes | 2017-11-29 08:53 | 潜在意識 | Comments(0)

一元的視点の世界、物理化学の視点での引き寄せ、現在個別対応のみ承っています。


by のりこ