思考が現実化する話

昨日、思考が現実化するってこういうことか
という新しい体感があったせいもあるのか
今日セッションで「思考が現実化する」
について、話が上がる気がしていたのですが、
本当にクライアントさんが、
その話をされたので、驚きました。
そんな流れなかったのに。
フォーカスしている事が見事に現実になる。

「思考が現実化する」というのは、
「イメージが現実を作る」といった方が
私にはしっくりくるのですが、もっと言えば
イメージが全てを作っているんですよね。
あらゆる全てを。
自分の目も耳も、自分の意識が作り出した
ホログラムです。痛みを感じることや、
喜びを感じたりするという肉体を作り、
目の前に「体験」とそこからの「気づき」
という世界を作るため、他人を登場させる。

で、思考が現実を作るのは本当にそうだけど、
なぜ「宝くじを当てたい」と思っても
当たらないのか、仮に「宝くじに当たる」
と思っても当たらないのか。
当たると、潜在意識レベルで思えていない
という言い方もできるけど

そもそも「思考が現実化する」という事
そのものを疑っているからなんだと思う。
イメージが世界を作るということが
信じられてない、だからどんなイメージしても
宝くじは自分次第でどうにかなると思えないし
宝くじに限らず願いも叶わないけど

宝くじって、買わないと当たりませんよね。
当たる券がわかって買う人もいない。
当たることをリアルに想像すれば当たる
っていうのも、当たった事ないから
当たった自分をリアルに想像できない。
だって体感ないもん。

それで、実際に当たった人に会ってみると
「宝くじって本当に当たるんだ」という
自分なりのリアルさが生まれるので
当たりやすくなったりとかね。

でももっと違う表現もできて。

私がエネルギーを感じられるようになった
というのは、いきなり開眼したわけでも、
特殊能力が開花したわけでもなくて、
「自分なりにエネルギーを想像できたから」

です。これだけ。
できるかどうかはともかく、エネルギーを
感じてみようと思って、そうしてみただけ。

だって、エネルギーを感じられるかどうか
なんて、自分の感覚でしか確認しようが
ないわけです。
自分でそう感じるかどうか、だけが判断。
だから雑に言えば「なんかそんな気がする」
に過ぎないってことなんです。

エネルギーを感じるという思考をしたから
それが現実化して本当に感じられるように
なった、というか、そう自分で思えるように
なった(という現実が起こった)
ということなんです。

なかなかズバリ思い込みの世界でしょ?

でも、エネルギーは見えないから
何とでも言えるかもしれないが、
宝くじはそうはいかないと思っている場合。
宝くじはそうはいかないという現実を作る、
そのために必要なイメージを、あなたが
今している状態であるという事になります。

それは「当たるという理屈を知りたい」
みたいな状態を表していて、つまり今は
「当たる仕組みはわかりません」であり
当たらない現実を作ります。
すでにそうイメージしている。
だから、心のどこかで少しでもそう感じる
自覚があるなら宝くじは買わないのが懸命。

だから、当たる当たらない気にしないで
買う人の方が、当たりやすいわけです。
「当たらない」というイメージを
していないから。
「当たる」って確信するよりも、
「当たらない」って確信してしまわない方が、
結果的に当たるんだと思います、個人的には。

私は宝くじは楽しくないので買いませんが。

セルフイメージが現実を作ると言うけれども、
セルフイメージがわからないとか、
セルフイメージを上げなくてはとか、
現実を作るのが目的のセルフイメージなのに
現実作る前に、そっちが気になってしまう、
という状態になっていたりする。
セルフイメージという段階を作ってしまう。

それを取っ払って、とてもかんたんな方法が
あります。とりあえずセルフイメージは
横に置いておいて。

着ぐるみを着るんです。

宝くじを当てたいなら、宝くじが当たる
着ぐるみを着れば良いし、
美人になりたいなら、美人の着ぐるみを
着れば良いって事です。

願いが叶わない、イケてない自分の着ぐるみ
脱いで、そっちに着替えてみるんです。
よいしょって。

でも宝くじを当てる着ぐるみって、
どんなのかよくわからないから、
高額当選者の話をネットで拾ったり、
会えるなら実際に会ってみたりする事で、
その着ぐるみをよりリアルにしていく。
成功者になりたいなら実際に成功者に
会いにいくって、要はそういう事。
どんな着ぐるみなのかという情報を
自分なりに体感でゲットする意味なのです。

私は「エネルギーを感じる」という
着ぐるみを着てみたんです。
ファシリテーターのモニターをした時は、
「初心者」という着ぐるみを着たんです。

話、わかりますか?

昔は「より伝わりやすく」を心がけて
頓珍漢な事は書かないようにしたけれど、
それは「伝わらない人」をたくさん創造する
行為でもあったので、とりあえず真実なんで
どう思われようとこのまま書きます。

だって、イメージで現実はできているから。
自分が何をイメージするのかだけだから。

でも、イメージを現実に創造できない場合、
潜在意識が「それじゃない」と思ってるって
事かもしれないので、本当にそれが望みなのか、
について言及すると良いわけですね。

セルフイメージなんてね、いや、大事だけど、
それに関わっても関わらなくても関係ない、
セルフイメージなんて、測れるもんじゃない
視覚化もできないもんなので、つまり

それすらイメージで作り上げているわけです。
何かの目的があって。

セルフイメージが高いんじゃなくて
セルフイメージを高いと思っているかだけ。
で、自覚しているかどうかすら確認できん、
どうでも良いかって思うに至り。

なんしかやってみる。

という事のみが、残ったんです。
「決める」そんで「やる」で、勝手に加速する。
って願いを叶える肝になる法則ですが、
まあやったらわかるって。というような。
もうほんとこれ。

今日も「数秘って壮大な仮説」という事を伝え
クライアントさん「前に進むために仮説は必要」
とおっしゃってくださいましたが、まさにそう。
イメージングで仮説を作り、進むんです。
そうすると、その仮説前提の世界ができあがる。

だから、望ましい仮説をする方がお得。
良いイメージをするのが良い現実を作ります。
良い着ぐるみ着れば、その着ぐるみ前提の
現実が作られていきます。

世界ってすご!

15日、飲み会の場所、決めました。
本日か明日までに場所の連絡しますね。
連絡が来なかったら、連絡くださいね。


■ お問い合わせ、お申し込みは、こちら からお願いします。

by 4cubes | 2017-12-06 19:12 | 潜在意識 | Comments(0)

一元視点で物を見つめ、物理化学の視点での引き寄せ、人の性質の分析解析を得意としています。、現在個別対応のみ承っています。


by のりこ
画像一覧
更新通知を受け取る