おもうこと2

数秘がなんで当たるのか
占星術がなんで当たるのか、
タロットが、ペンデュラムが、5円玉が、
なぜ自分のことを知っているのか。

それは「当たるという前提でそれを採用」
しているだけのことだから。
別に真の意味で当たっちゃいないんです。

人生自体、壮大な仮説でできていて。
人は、知ろうとするけれど、実は何も
知らないということを知るに過ぎない。
完全に知る事なんておそらく永遠にない。

無知を知る。ただこれだけなんだと思う。

そのための手立てが欲しいという人も
いるし、必要ないっていう人もいる。
私の彼は「数秘の必要はないんです」と
言うし、そんな前提を持つ数字でもある。

私は、数字を、必要ではなくても、好き。

数字は自由。
高度な分析も、正しい分析もなくて、ただ
自由に読めば自然に相手に届くんだと思う。
だってそれが伝える側の体感だから。
その時に必要なものとしてちゃんと届く。
それをただ信頼しようと思うかだけなんだ。
高度な分析も、ある意味、真に自分を
自由にしているかというだけなんだと思う。

だとしたら、いつもいつも、ただ自分が
正直に生きているかだけに尽きる。
ヒリヒリするほど無防備になるまで、
自分の皮を剥いて、本当の自分になる時に
世界を信頼できて、世界を信頼できるから
無防備になれるんだと思う。

こういう事を、ただの現実逃避だとか
ただのスピリチュアルな考え方だと
昔は思っていたんだけど。
これを知ると、現実そのものが整います。
スピリチュアルは魔法とかふわふわではなく
「高い精神性」であり、それを通して
自分が整う事で、現実が整うだけのこと。
だから、あらゆるものを手放して
世界を信頼して、自分でいる事を選べば

お金も仕事もパートナーシップも、
全て信頼できる状態に整ってしまう。
頑張って稼いで、幻想の数字を稼ぐより、
気を使って自分の想像の人間関係を築くより
実は一番リアルで現実的なんだなと思った。

じゃあどうしたら良いんだって思うけど、
どうもしなくて良い。
ただ、自分の現在地、何をどのように感じて
いるのかを知る事。自分が幸せだと思う
概念を取り入れてみる事。
それを知る事だけで現実は変わるから。
でも、知るというのは正解でもなくて、
こうだ、と決めることでもなくて、ただ
「そうなのかもしれない」で充分だと思う。

私は、自分が人と実は接していなかった
「のかもしれない」という世界を受け入れ、
じゃあ、人と接するというのをやってみよう
(やり方はわからないけどただそうしよう)
という意識になってみた。
(前記事のコメント欄参照)
そうしたら、そこには感動しかなかった。
人の温かさと、なんだろう、もっともっと
実は小さなことが世界を思うように作るんだ
ということが分かって、その瞬間から、
自分の使う言葉、想うことが変化した。

その瞬間、幸せな仕事の話が入ってきた。
早いでしょ、一瞬です。

潜在意識に聞いたら、それは実現すると。
でもそれすら「実現するかもしれない」
なんだけど、それだけで今ここ、幸せ。

それで良い。揺らいでいるのが自然。
揺らいでいることこそが、人の調和。
揺らぎながら進んで変化することが
宇宙との調和。
決めないことの方が現実化する。

だから、告知文でよくあるような
「この講座を受ければこうなります」
とか「このグッズを持てば幸せになる」
というのは、現実化しない。
買う自分の問題だと言うし、私も昔は
そう思っていたけれど、そしてそれも
間違ってはないけれど、そういう意識で
売る側の言葉に呼応している以上、
買う側の現実化も期待できない気がする。
私もたくさんの体感を通して、わかった。

ほんとうに、自分の中にしか答えはないし
実は答えすらなく、ほんとうは、
答えに近い、可能性しかない。
でもその可能性が、何より一番現実化させる
というパラドックス。


■ お問い合わせ、お申し込みは、こちら からお願いします。

[PR]
by 4cubes | 2017-12-24 21:46 | 潜在意識 | Comments(0)

一元的視点の世界、物理化学の視点での引き寄せ、現在個別対応のみ承っています。


by のりこ