うまくいかない時の最強ツール

物事がうまくいかない時。
例えば、私、年末年始に陥ったのですが。

体感としてピンとこない事はやらない、
だから年賀状もお節もやらなかったし、
息子も留守で、お酒飲んで紅白見て、
好きなだけ寝て、優雅だった。
でも、それを自分で選択したはずなのに、
SNSに散らばっている、
「こんな年末、素敵だな」とか
「家族が揃ってるのもいいな」とか
本来ただの「いいね♩」で終わるはず
の他人の投稿を見るうちに、
知らず知らず自分の何かがすり替わって、
「私ももう少し何かやれば良かったかな」
とか「実はちょっと寂しいかも」とか、
ブレが始まる事があるんです。
はい、私もついうっかり陥りました。

まあそれを感じきっても良いわけですが、
あ、これはいかん、と思って、すぐに
自分を立て直そうとする時もあって、
昨日はお酒飲んでいい気分になってみたり
(その時は本当にそう思ったんだけど)
したけれど、起きても解消されてなくて
元旦から夢の話でいい気分になったのに
そこからまた戻ってきてね。
もー、最近、細かいことまで誤魔化しが
効かなくなっているということはつまり
注意深く見ていないと気がつけないくらい
違和感も細かく、でも鋭くなってるんで。
うっかりスルーしやすいんですけど、
結局はスルーできないっていう。

それで立て直しを図る時に、
「自分がネガティブだからネガティブな
現実を作っているのだ」とか
「あるを見よう」とか
「力を抜こう」とか
「コントロールしない」とか、
色んなキーワードを思い出すけれど、
このどれもが、正しくはあるけれども、
どこかで、自分に言い聞かせるような
形になっているのでは?という違和感を
感じてしまって。

どんな言葉なら自分を納得させられるか
心を落ち着ける事ができるか、
無意識にしっくりくる言葉を探して、
その通りに行動して、できれば早めに
何とかしようとしてしまいそうになる、
そんな自分を発見しました。

感じ切るまでゆっくりと感情に向き合う
ことを選択するのも良かろうと思うけど、
手っ取り早くなんとかしようとしたり、
まあ感じ切るっていうのも、途中で
思考が挟まって混乱する事もあるので
そればかりが良いとも限らないし、
その時々で違ったりもするわけで。

年末年始は時間がたくさんあったから、
これらの違和感を感じる言葉と向き合い、
ふとしたきっかけで起こる、
自分が望んでいない方への心の動きを
どう処置したら良いのか、ほんとうに
じっくりと考えてみたら。

自分の心が世界を作っている、
っていうのは、心の投影のことだけど、
ネガティブな自分がネガティブな世界を
作っている。で?
って事で、投影はもう最初の気づきの
きっかけでしかない。

ではではその他の、
「あるを見る」や「力を抜く」や
「コントロールしない」については、
それは全部、行動を表す言葉。
でも行動って、やれって言われたら
やりたくなくなるのと同じで、
やろうとすると途端にできなくなる。
だから、在り方が違っていると思う時に
行動から何とかしようと思っても、
本音では納得いっていないその言葉を、
早く心を落ち着けたいがために、
採用しようとしているだけだよねー
って、やっぱりそう思う。
人から言われたことを、心で納得して
なければ素直にその通りにできないけど、
自分が自分に伝える言葉だって同じだ。
頭で採用した言葉を心に伝えても、
心が納得しなければ、抵抗するのみ。
行動も、起こそうとすると起きなくて、
起こすことをやめた時に、起こる
ものだから。

だとしたらどうすれば良い?

もっと抽象度を上げて考えてみると、
「うまくいっていない時」というのは、
総じて「受動的になっている」のだから。

だから、在り方を変える時も
行動ではなく本質を捉えるために
抽象度を上げてみるのはどうだろう。

これ能動的に考えるとどうなる?って。

私の場合は、SNS見て「いいね♩」って
思ってる時は能動的だったんだけど、
「私も何かやれば…」って思った瞬間、
受動的に切り替わって、そこから自分の
「ない」に目を向け始めた。
何かやりたいのであれば、
その瞬間からでも何かできたはずなのに、
「やりそびれた。もうしょうがない」って
受動的にそれを受け入れてた。

では、これを能動的にするには?

今からでも家に誰か誘う事もできるし、
神社に出かける事だってできる。
これからお年賀作って、明日誰かに
会いに行くとか、お正月料理を作る事も
できる。いくらだって楽しいお正月を
クリエイトする事ができる。

↑やりたいかどうかはともかく能動的に
考え始めると

ああそっかー。できないと思い込んで、
できる選択をしなかったね。
できないと思い込むことを選択して、
自分を被害者にして楽をしていたね。

↑能動的じゃない自分が明らかになり

で、そう気づいて、メッセンジャーで
この事についてやりとりしてた友達の、

「それに向き合える1人の時間て、
誰にでもあるもんじゃないんだよね」
という言葉で、あのあまりある程の
何もする必要がなく誰にも邪魔されない
たっぷりの、あの自分だけの時間が、

ギフトだったという事に気がついた。

↑能動的な答えが出る。

誰かと過ごすリア充の時間は、
実は必要がなかったことに気がついた。

うまくいかない時に「能動的」に考えると
なぜうまくいくかというと、
「能動的である時」は「うまくいかない」
という概念がないから、もあるけど、
それとは別に言えることは「能動的」って
抽象的な概念だから、ズバリの答えではなく
答えを探すためにさらなる旅をする時の
フィルターになるんだよね。
フィルターを最初から能動的にしておけば、
それを通して出た答えは、全て能動的であり
自然に望ましい方向に繋がるものになる、
という、仕組みみたいなもんです。

自分にとって良い結果をもたらしたいなら、
能動的な答えが出るようなフィルターで、
能動的な答えが出るような投げかけ方を
しておけば良いというわけですな。
質問力といっても良いかもしれない。

このことを明確に言語化するために、
この数日の葛藤とモヤモヤがあったならば、
むしろ、素晴らしく、得難い年末年始だと
思ったのでした。
ありがたやありがたや。

↑結果的に、最初に考えた、能動的だけど
好みではないアイデア(誰かを誘うとか)
を超えた、自分にとって最高の着地点が
生まれるのです。

そろそろ初夢の時間です。
おやすみなさい。


■ お問い合わせ、お申し込みは、こちら からお願いします。

Commented by m at 2018-01-02 03:53 x
>↑やりたいかどうかはともかく能動的に
考え始めると

ああそっかー。できないと思い込んで、
できる選択をしなかったね。
できないと思い込むことを選択して、
自分を被害者にして楽をしていたね。


この下り、とても参考になります。
時々こういう状態に陥ること、あります。
ちょっとこれは、いつでも読めるところに置いておきたいな。
新年早々、ありがとうございます。
今年もよろしくお願いします。
Commented by 4cubes at 2018-01-02 09:42
> mさん

あけましておめでとうございます!

ここに反応してくださりありがとうございます。
大事なポイントだと私も思う!

すきあらば受動的になるような教育で育っている私どもですが、いつでも戻ってこられるから恐れることはなし、ですね〜

今年もよろしくお願いします。
by 4cubes | 2018-01-02 00:04 | 潜在意識 | Comments(2)

一元視点で物を見つめ、物理化学の視点での引き寄せ、人の性質の分析解析を得意としています。、現在個別対応のみ承っています。


by のりこ
画像一覧
更新通知を受け取る