生きているお金

我慢して会社で働いていて、辞めたいなーと
ずっと思っていて、ようやく辞める時、
多くの人は「ボーナスを貰ってから辞めよう」
と思ったりするし、言ったりします。
「当然の権利だから」と思う人もいると思う。

でも、そのお金は「我慢の対価」であり、
喜びで得るお金ではないので、
喜びでないことで出ていくか、
何に使ったかわからないまま、
あっという間になくなったりする。
我慢して稼いだお金は、
潜在的に気持ち悪いので無意識に使うし
無駄に、あるいは不本意なことで使うよう、
あえてそのような事象を引き寄せます。
頭ではどんなに「大切に使おう」と
思っていてもです。

ボーナス貰うまで待つ事は、
全くお得にならないと、私は思う。
そのために嫌な会社にい続ける、
その時間がもったいないなと思う。

生きていないお金の経験は、これまで
嫌という程してきたのでよくわかります。
自分のあり方がなってなくて、
せっかく頑張って得たお金がすぐなくなる、
大切な人からもらったお金がすぐ出ていく、
不本意なことで出ていくことを繰り返し、
もう二度とそんな事をするのはやめようと
ある時「これからは1円たりとも、
喜びでないお金を手にするのはやめよう」
と決めました。
稼ぐだけでなく、貰う時も。
自分がお金にフォーカスしている時は、
絶対にもらわない。
欲しいんだけど、それ貰っても意味ない。
どんなに困っても、その純度だけは絶対に
守ろうと誓いました。

「喜びで得る」と書いたけれど、それは
ワクワクして稼ぐ、というのとは
実はちょっと違うと私は思っています。
ワクワクする瞬間もあるにはあるけれど、
「私、幸せな仕事してる!」のような、
そういう事を感じている時は実は
瞬間的に起こる刺激のようなもので、
それが幸せなお金になるわけではなく、
ほとんどの時間はただただ目の前にある、
自分にできる事を丁寧にしているという
それだけだったりするのですが、
そうしていると、その先に、
人に喜んでもらえたり(自己有用感)
感謝として返ってきたりして、
じんわりと体の奥が静かに震えるような
自分だけの喜びが生まれる。
その喜びに対するお金、が、
「生きているお金」だと思っています。

だから、自分の好きな事を仕事にする、
については、自分の好きな事を先に
探そうとするし、喜びがわからないと、
好きな事が始められない気がするけれど、
実は人間、自分の好きなものなんて
案外わからないし、ぶっちゃけ
どうでも良かったりします。

もしも私が「数秘が大好き」だとしても
今ここにミサイルが飛んできたら
数秘なんてどうでもよくなります。
大きな病気をしたら、その瞬間に
それどころじゃなくなる。
「好き」ってとても流動的でもあって
主体的でいるようで、
環境に影響されることはままあるし、
めっちゃ好きな事でも飽きたりするしね。

でも人との関係性を通して得る「喜び」は
どんな状況でも変わらないと思う。
だから、好きなことがないという人も、
喜びがないということはないわけで。

その喜びを得るには、信頼を作ると良くて、
その信頼がお金になり、また幸せを作る。
そういうのが循環してるんですよね。
お金って、時給とか労働の対価とか、
そういうものでできているような気がして、
でも実は全くそうじゃなくて。

会社で働いているのなら、もらっている
お給料よりも会社に貢献している時、
(「やってやってる」じゃなくて、自然に
貢献していると自分で純粋に思える時)
その差額が「信頼」になります。
例えば、お給料には直結しないけれど、
次の人が仕事しやすいように、
ひと手間かけておくとすると、その事が
「信頼」として潜在的に貯まっていき、
(その時に誰からも何の反応もなくても)
それが後々、換金できる。
例えばその会社を辞めて独立する、
というような事があるとしたら、
今までいた会社の人が自分の事業の応援を
してくれたり、お金を落としてくれたり。

ポンと仕事を始めるのって、誰だって
不安だし、ゼロから集客するのも
とても難易度が高い。けれども、信頼が
ちゃんとある人はそこも大丈夫。

換金するにはいろんな方法があるから、
一人一人違うけれど。
だからこそ、そこもそれぞれが
デザインできるおもしろい所でもあって。
ビジネスのデザインって、そういう事を
するわけです、要は。
具体的に金額ややり方や、どう動くかも
もちろん考えるんですが、その前に、
どういう風に人と繋がっていくのか、
それを考えます。
それはとても楽しくて、心地良いと思う。

先日ふらっと入った中華料理のお店。
一口食べた瞬間、とても不思議な事ですが
生まれてから一度も行ったことのない
上海に、意識が完全に飛んで、
私はほんの少しの時間でしたが、
確かに上海の屋台にいました。
私の好みの味ドンピシャでもなく、
どこかわかったような「本場の味だね〜」
のようなものでもなく
彼が言うには「大陸から日本に渡ってきた
我々のDNAが呼び起こされたのかも
しれないですね」と。
ほんとうにそんな感じがしました。
世界をなんとなく理解した気になっていた、
自分のフィルターが剥がれて、
色濃いカオスの世界を垣間見ました。
そしてそれがこれからの自分の現実となり、
自分の具現化に繋がるのかもしれないと
思いました。


■ 無料オンラインサロン
「グループ6歩」については こちら

■ お問い合わせ、お申し込みは
こちら からお願いします。

[PR]
Commented by くどう ちはる at 2018-05-21 14:10 x
お金の事を記事にして下さってありがとうございます。
最低保障の賃金みたいなのは、上がっているのに私の職種の賃金は40年前から上がるどころか下がっています。
子供の頃に憧れて、好きでなった職種でやりがいも感じていますが、どんどん人が辞めて行き、職業意識の低い人が増えてきています。だから、世間の時給も上がっていかないのかな~と思ったりしています。対価以上の仕事をするのを信念にしていますし、どんな物もお金に換算できないと思っているつもりではいますが、あまりの賃金の安さに疲れも倍増する時があります。
のりこさんの書かれるお金に関する内容は抵抗なく読めるので、また書いて下さい。
お金に執着しないようにしているつもりが、思いっきりこだわっている私が見えました。
Commented by 4cubes at 2018-05-21 16:46
> くどう ちはるさん

え、それは自己犠牲だから、物理的に動いた方が良いですよ。
信頼って、自己犠牲の上には成り立たないし、ちはるさんがなまじっか「その金額でやれてしまってる」から、変わらないという面もあると思う。

それは執着じゃないので、ちはるさんはちはるさんを大切にしてくださいね。
違いわかるかなあ?
調和、バランスが大切なんです。
身を削ったらあかんと思います。
Commented by くどう ちはる at 2018-05-23 14:34 x
そうなんですね! 自己犠牲なんですか。
物理的に動くというのは、例えば職場を変えるとかという意味ですか? もし、そうだとしたら上司と価値観が全く合わなくて、数度変わったことはあります。
目的意識があるとそれのために頑張りすぎてしまう性分であることは自覚しているつもりです。
例え賃金が安くても、良いメンバーに恵まれるとか、そこでしか得られない経験があるとかその他の付加価値に重きを置く傾向ではあります。
ただ、最近はその付加価値を換算すると見合っていない気はしておりました。
Commented by 4cubes at 2018-05-24 09:04
> くどう ちはるさん

ご自覚ないのですね。
まずはそこを「真面目には働いていても、気持ちよく働けていない」なら、自分に無理をさせている場合が多いと思います。
それは、その在り方は、他の人にも「あの人も頑張ってるんだから」と思わせて、思っていることの声をあげられないという状況を作ります。

賃金が安いのを、メンバーや経験にすりかえてしまう人も多いと思います。(自分の人生を否定しないように誤魔化してるだけ)
自分の純粋な体感覚で「安すぎる」と感じたら、それはもう、表面的にどんな良いことがあろうと、自分の体をいじめてる事になるんじゃないかなと、私なら思います。
同じことを感じてる方はまわりにいるはずですし(投影されてる)

職場を変えるだけだと、単にその問題を別の場所に移すだけになるので、自分の思いを伝えることが大切だと思う。事情がわかりませんが、例えば上の人に(わかってもらおうとするのではなく、調和がとれていない事について)丁寧に伝えること。不満や改善してくれという要望を伝えるのではなく、こうすると働きやすくなる、というちはるさんの思い。コントロールなしで。もしそれで状況に変化がない場合は、その時に始めて他にどう動くか考える。

これが良いか、お話がわからないのでなんとも言えないけれど、目の前の、やれることから丁寧に動く、という感じでしょうか。


Commented by くどう ちはる at 2018-05-24 18:48 x
丁寧なコメントどうもありがとうございます。
おっしゃっていただいた内容は、言葉としては理解できます。でも、体感的、そういうことなんだ! というところまで感じられない程度の理解力の段階です。
少し、考えて、気持ちのレベルで感じられるようになるまで待ってみます。その行動が自己犠牲になってしまったとしても、体感できないと何を基準に動いて良いのかわからないので。間の抜けた返答でしたら、済みません。間が抜けてる返答をしてしまうレベルの理解力の段階だとご理解下さい。ありがとうございました。
Commented by 4cubes at 2018-05-25 10:46
> くどう ちはるさん

おはようございます!
もちろん体感が大事で、それでないと具体的に動けない、仰るとおりです。素晴らしいです。

人は無意識に、顕在意識が賢く、その体感をしないように物事を解釈してしまいやすいです。
波風立てたくない、迷惑かけたくない、幸せになるための行動でも、動くのは怖いから、動かないで済むように自分で自分をコントロールします。
だからなかなか自分では気がつかず、明らかにブラック企業で働いていても「仕事があるだけでありがたい」という解釈をしてしまう。

もちろんそれを選んでも良いんだけど、それはほんとうに自分の幸福に繋がっているのか、もしそう思えなければ、他者の幸福にもそれは繋がってないから

何かを考えるきっかけになれば、ですね。
by 4cubes | 2018-05-19 00:57 | 潜在意識 | Comments(6)

数秘と心の仕組みで、ほんとうの自分を生きるお手伝いをしています。


by のりこ